平成29年度 私立大学研究ブランディング事業

ホーム>私立大学研究ブランディング事業>バイオスティミュラントの利用による土壌作りと水質浄化

平成29年度 私立大学研究ブランディング事業 エコ農業ブランディングによる発展的地域創成モデルの形成

課題② バイオスティミュラントの利用による土壌作りと水質浄化

担当者:谷坂 隆俊桧原 健一郎許 冲

平成29年度

実施計画

アミノ酸・ビタミン・糖・有機酸の混合液(バイオスティミュラント、以下BS)の作物の生長に及ぼす効果の解析(圃場)、BS処理前の溜池の水質検査

計画の進捗・年次目標達成状況を示す指標

BS処理の効果の確認

研究成果報告書

平成30年度

実施計画

圃場・溶液土耕栽培植物工場に「おけるBS処理効果の調査、BS処理後のため池の水質検査

計画の進捗・年次目標達成状況を示す指標

BS処理の効果(作物の生長、水質)の検証

研究成果報告書

平成31年度

実施計画

圃場・溶液土耕栽培植物工場におけるBS処理濃度の効果の解析、別の溜池へのBS処理

計画の進捗・年次目標達成状況を示す指標

作物の生長に及ぼすBS処理濃度効果及びBS処理後の溜池の水質確認

平成32年度

実施計画

バイオステュミラント(以下BSとする)をクルマエビ水槽に投入

計画の進捗・年次目標達成状況を示す指標

BSがクルマエビの成長(生体重や脱皮回数)に及ぼす効果の確認

平成33年度

実施計画

圃場・植物工場におけるBS処理の最終確認実験、淡路内BS処理溜池数の拡大

計画の進捗・年次目標達成状況を示す指標

作物生産普及と溜池浄化に及ぼすBS処理の効果に関するパンフレットの作成と普及活動、浄化溜池でエビなどの養殖の実践

研究課題一覧

ページの先頭へ