平成29年度 私立大学研究ブランディング事業

ホーム>私立大学研究ブランディング事業>間伐竹材を用いた有機肥料の開発

平成29年度 私立大学研究ブランディング事業 エコ農業ブランディングによる発展的地域創成モデルの形成

課題⑨ 間伐竹材を用いた有機肥料の開発

担当者:吉川 貴徳谷坂 隆俊

平成29年度

実施計画

間伐竹材を用いた有機肥料の作成

計画の進捗・年次目標達成状況を示す指標

植繊機を導入し、大学周辺の間伐竹材をパウダー化して堆肥作りに着手

研究成果報告書

平成30年度

実施計画

竹材由来の有機肥料を堆肥化、堆肥主成分量の経時的変化の調査

計画の進捗・年次目標達成状況を示す指標

有機肥料の成分分析の完了

平成31年度

実施計画

有機肥料を用いた試験栽培(1年目)

計画の進捗・年次目標達成状況を示す指標

最適化された有機肥料を用いて野菜やナルトオレンジの栽培実施と病気の発生率や収穫物の品質に関する慣行法との比較

平成32年度

実施計画

有機肥料を用いた試験栽培(2年目)

計画の進捗・年次目標達成状況を示す指標

連作障害の調査を目的とした前年度と同一圃場での作物栽培

平成33年度

実施計画

有機肥料を用いた試験栽培(3年目)

計画の進捗・年次目標達成状況を示す指標

3年間の連作の結果に基づく連作障害に対する効果の検証と普及

研究課題一覧

ページの先頭へ