平成29年度 私立大学研究ブランディング事業

ホーム>私立大学研究ブランディング事業>淡路島産の天然酵母を利用した発酵食品の開発

平成29年度 私立大学研究ブランディング事業 エコ農業ブランディングによる発展的地域創成モデルの形成

課題⑫ 淡路島産の天然酵母を利用した発酵食品の開発

担当者:眞山 滋志村上 二朗

平成29年度

実施計画

地域特産品(スイセンやビワなど)由来の天然酵母菌の探索

計画の進捗・年次目標達成状況を示す指標

安全性の高い酵母菌の採集・分離

研究成果報告書

平成30年度

実施計画

高発酵力など有用機能を持つ酵母菌の選抜

計画の進捗・年次目標達成状況を示す指標

アルコール生産能力の高い酵母菌を選抜・分離

平成31年度

実施計画

分離酵母菌を用いた発酵食品の試作

計画の進捗・年次目標達成状況を示す指標

分離酵母菌を用いたパン・酒類などの試作品の制作・開発

平成32年度

実施計画

製品化に向けた地域企業との共同開発

計画の進捗・年次目標達成状況を示す指標

企業の選定、分離酵母菌を用いたパン・酒類などの制作・開発

平成33年度

実施計画

地域企業への製品化依頼

計画の進捗・年次目標達成状況を示す指標

大学・地域ブランド商品としての販売

研究課題一覧

ページの先頭へ