大学院(通学制)

ホーム>大学院>社会福祉学研究科

通学制 社会福祉学研究科 修士課程(昼夜開講制)

教育目標

社会福祉学に関する広い視点からの精深な学識を習得し、わが国の福祉サービスにおいて専門的且つ指導的な役割を担い得る高度専門職業人を養成することを目的とする。

本研究科は、主として理論・政策分野と方法論分野からなり、学生は各自のテーマに応じて研究していきますが、学内での学習のみならず各種学会での発表を積極的に行うことで自己研鑽を深めていきます。社会福祉学は、人間に対する営みや生きざま、存在に対する関心を通して、人間の本質を究めていくハートフルな学問です。研究・実践を通して共に豊かな人間性を育んで行きたいと考えています。


教員・研究分野一覧

職名教員氏名/ふりがな専門・研究分野
研究科長・教授 髙橋 睦子/たかはし むつこ 家族・子ども福祉政策、暴力の複合要因分析
教授 石田 敦/いしだ あつし ソーシャルワーク・スーパービジョン、ソーシャルワーク倫理
教授 佐藤 匡/さとう ただし 情報保障:IT分野における利用者満足度の向上
教授 孫 基然/そん きぜん 東洋医学と福祉:健康法の応用
教授 保積 功一/ほづみ こういち 障がいのある人の自立と地域生活支援のありかた
教授 横山 奈緒枝/よこやま なおえ 高齢者への生活支援と権利擁護
准教授 岡崎 幸友/おかざき ゆきとも 福祉哲学、対人支援関係の対等性
准教授 山口 英峰/やまぐち ひでたか 健康科学と福祉、生活習慣と心身の健康
講師 黒宮 亜希子/くろみや あきこ 地域コミュニティにおける生活問題への福祉社会学的研究

カリキュラム

授業科目名 講義内容 配当年次 単位数 備考
必 修社会福祉学特論 Ⅰ 社会福祉の理論 1・2 2  
必 修社会福祉学特論 Ⅱ ソーシャルワークの理論 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 Ⅲ 社会福祉政策論 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 Ⅳ ソーシャルワークとスーパービジョン 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 Ⅴ 高齢者福祉 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 Ⅵ 障害者福祉 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 Ⅶ 子ども福祉 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 Ⅷ 家族福祉 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 Ⅸ コミュニティ福祉 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 Ⅹ 援助技術論 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 ⅩⅠ ソーシャルワークとケアワーク 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 ⅩⅡ グローバル福祉Ⅰ(OECD諸国) 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 ⅩⅢ グローバル福祉Ⅱ(開発途上国) 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 ⅩⅣ 社会的包摂と福祉 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 ⅩⅤ 健康と福祉 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 ⅩⅥ 東洋医学と福祉 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 ⅩⅦ 福祉倫理 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 ⅩⅧ 専門職と福祉 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 ⅩⅨ 市民参画と福祉 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 ⅩⅩ 情報保障と福祉 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 ⅩⅩⅠ 外書講読 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 ⅩⅩⅡ 社会福祉学研究法Ⅰ 1・2 2  
選 択社会福祉学特論 ⅩⅩⅢ 社会福祉学研究法Ⅱ 1・2 2  
必 修社会福祉学研究演習Ⅰ   1年前期 2  
必 修社会福祉学研究演習II   1年後期 2  
必 修社会福祉学研究演習III   2年前期 2  
必 修社会福祉学研究演習IV   2年後期 2  
  1. セメスター制として、各科目を前期または後期に開講する。
  2. 修了要件 必修科目12単位を含め32単位以上修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査及び最終試験に合格しなければならない。
  3. 選択科目のうちの6単位までは、所定の手続きを経た上で、本学大学院他研究科で修得できるものとする。

履修・研究指導

履修単位は必修科目12単位を含め32単位以上です。ただし、選択科目のうち6単位までは、所定の手続きを経た上で、本学大学院他研究科で修得できます。修了のためには修士論文の審査及び最終試験に合格することが必要です。


研究指導等

指導教員

授業科目の履修から修士論文作成まで一貫した懇切丁寧な研究指導を行います。そのため、入学後は速やかに研究指導体制を整え、院生をバックアップします。

副指導・アドバイザー教員

院生が取り組む研究をきめ細かくサポートするために、主指導に加え副指導・アドバイザー、計3名の教員から成るチーム指導を実施しています。

オフィスアワー

大学院担当の専任教員は、院生一人ひとりの能力と資質をひきだすためにオフィスアワーを設定しています。

院生自習室

情報機器(ノートパソコンや分析ソフト等)をはじめとして、院生が快適に効率よく研究に取り組めるよう、学習環境を整備しています。


社会福祉学系学部以外からの入学生について

社会福祉学系以外の学部出身者等は、社会福祉学の基礎知識を確実に修得するために、本研究科に入学した年度において、科目は、2科目で指定する学部科目を履修する必要があります。該当科目は、「現代社会と福祉」と「相談支援の基盤と 理論 I-II」(それぞれ通年開講・4単位ずつ)です。


本研究科では、履修指導・研究指導を次のように実施しています。なお、秋学期入学生についても下記のスケジュールに準じて対応しています。

1年次
  時期 事項
春学期 4月 オリエンテーション
履修届け提出
5月 上旬 個別の研究指導チームを編成。
中旬 2年次生の第1次中間発表会に参加。
7月 春学期の学修の進捗状況について主指導教員と確認。
夏季休業中の計画的な学修について指導チームから助言。
秋学期 9月 下旬 2年次生の第2次中間発表会に参加。
秋学期の科目履修と研究構想についての助言と指導。
12月 上旬 研究構想発表・討論会:修士論文の研究計画の確定に向けての発表会です。
2月 上旬 2年次生の修士論文最終発表会に参加。
今年度を通じての学修の進捗状況についての助言と指導。
修士論文計画書の作成についての指導。
2年次
  時期 事項
春学期 4月 オリエンテーション
履修届け提出
下旬 修士論文計画書の提出。
5月 第1次中間発表会
秋学期 9月 第2次中間発表会
1月 修士論文提出
2月 修士論文の審査(最終発表・口頭試問)

大学院入試

大学院の入試情報については、こちらをご覧下さい。


資料請求

大学院の資料は、こちらからご請求ください。


OPEN CAMPUS 2015 1日“吉備大生”を体験!キビコクの魅力を体感しに来て下さい!

ページの先頭へ