2019 年 11 月 4 日

ゲームジャム高梁2019、大団円です!!

10月26日(土)、27日(日)の2日間にわたって、ゲームジャム高梁2019が本学国際交流会館多目的ホールで開催されました。

ゲームジャムは、ジャズのジャムセッションのように、即席のチームで、2日間(30時間)などの短期間で、ゲームのプロトタイプを開発するイベントです。ゲームの企画から制作・開発、ローンチとマーケティング(宣伝)まで、すべてを体験できることから、海外・国内でもデジタルゲームをはじめとするコンテンツビジネスを学ぶ絶好のトレーニングであると考えられるようになっています。

ゲームジャム高梁は、今年で5回目。一般社団法人クリエイティブシティ高梁推進協議会と、岡山Unity勉強会が主催して、高梁市や吉備国際大学などが支援するスタイルが固まりつつあります。

今回ゲームジャム高梁2019の参加者(開発者)は41名、ボランティアスタッフ18名で、26日の午前9時40分から開会式、午前10時半から開始しました。

Pic1_GJT2019
開会式での近藤市長の来賓挨拶。司会の山根信二IGDA日本理事の撮影。

開会式は、山根信二国際ゲーム開発者協会日本理事が司会し、近藤隆則高梁市長、小林重樹高梁市議会議長からご祝辞をいただいたほか、本学アニメーション文化学部学部長清水光二も会場提供挨拶を行いました。

Pic2_GJT2019
清水学部長の会場提供側挨拶。

実行委員長の本学アニメーション文化学部教授井上博明が挨拶し、世話人のクリエイティブシティ高梁推進協議会石井聡美理事(高梁市議会議員)から、ゲームジャムのレギュレーション説明とテーマの発表がありました。

ゲームジャムは毎年テーマを設定し、テーマに沿ったゲームを開発します。今年のテーマは、昨年の西日本豪雨災害を踏まえて、「乗り越えていけ!」というテーマを設定しました。今年は過去最大7チーム編成。多目的ホールいっぱいが開発空間となりました。

Pic3_GJT2019
今年のゲームジャム高梁2019のテーマは「乗り越えていけ!」。昨年の西日本豪雨災害を乗り越えて、さらに地域が発展してほしいとの願いがこもっています。

今年は、本学部の学生も参加しました。また、岡山市内の専門学校を中心に、10代の参加が今までで一番多いゲームジャムとなりました。本学の学生は、絵師さんとして、はじめて会った仲間たちのチームに溶け込んで活躍していました。

チーム分けを発表したうえで、10時30分からゲームジャム高梁2019が開始しました。今年は、OHKさんからイメージキャラクターの「OH!くん」をご提供いただき、「OH!くん」を使ったゲームを作成できることとなりました。結局、2チームが「OH!くん」を使ったゲームに取り組みました。

ゲームジャム高梁の特徴は、充実した食べ物の提供。今年も、2日間のお昼と、2日目の朝食が無料提供されました。これは主催者の一般社団法人クリエイティシティ高梁推進協議会からの提供です。

Pic4_GJT2019
Pic4-2_GJT2019
会場にはお菓子やドリンクなどの提供も。でも、飲食はホール内では厳禁。ロビーや食堂などを使ってくださいね。

Pic5_GJT2019
1日目の昼ごはん。バターチキンカレーとサモサ、サラダ。本学の卒業生や学生もごはんづくりでは大活躍しました。国際交流会館食堂で、手の空いた人から食事をとりました。

1日目夕方、どのようなゲームを制作するか企画発表を行ったうえで、会場が施錠された深夜まで開発作業は続いたようです。机に座って黙々と絵を描く人、コーディングする人、さらには床に座って休みながら作業する人、思い思いの様子で開発は進みます。

Pic6mini
2日目の昼ご飯。おにぎり100個!とからあげ、玉子焼き、玉子サンド、トン汁、フルーツサラダなどなど。

2日目は追い込み。写真は、締切り1時間半前の様子。修羅場ー!です。

Pic7_GJT2019
制作終了まであと1時間!

無事30時間を迎えて、フィニッシュ。各チームともになんとかゲームを完成させることが出来たようです。各チームが完成させたゲームは、海外ゲーム販売サイト href=https://itch.io/jam/game-jam-takahashi-2019>itch.ioからダウンロードして体験できます。

pc10mini
完成したゲームは、会場に設置した最先端のゲーミングPC(TSUKUMOさん提供)で遊ぶことができました。開発が終わった参加者や、ボランティアスタッフが思い思いに遊んでいました。

Pic10_GJT2019jpeg
今回完成したゲーム一覧。個性豊かなゲーム。それぞれどんな「乗り越えていけ!」なのか遊んでみてくださいね。

今回も高梁市や高梁市議会から賞品が提供されたほか、OHKグッズやユニティテクノロジーズのノベルティーなども賞品・参加賞として提供されました。

Pic10-2_GJT2019
Unity賞の賞品「ユニティーちゃんバッテリー」。Unity賞は「パニックサバイバー」に授与。

Pic8_GJT2019
pic9
賞品として提供されたOHKグッズと、賞品・参加賞として提供されたユニティテクノロジーズのノベルティ。写真はラジアンさん提供

Pic11jpeg
OH!くんをキャラクターとして使った「OH!くんのスーパージャンプ」。画面もとても綺麗ですね。ご当地特産品なども登場して、楽しい雰囲気満載。OHK岡山放送賞受賞。

来年に向けてさらに飛躍が期待されるゲームジャム高梁。今後の飛躍のためにも、寄附や支援を募集中です!

2019 年 10 月 30 日

朝霧けい先生の初授業!

9月のオープンキャンパスでお披露目した「朝霧けい」先生の、初めての授業が本日行われました。

houdou zentai

驚いたことに、NHK、RSK、吉備ケーブルテレビ、それから、山陽新聞と毎日新聞の方が、取材に来てくださいました。

けい先生の注目度は、なかなか大したものです。

kei hyousi

けい先生の授業は、2Dの存在がどのようにして3Dになるのかを、自らの経験を通して説明するものでした。

というわけで、けい先生は、3D入門に関してもってこいの先生であると同時に、また自らがいい教材でもあったというわけです。

keizenngo

背後の2Dの「ケイちゃん」は、実は学科のキム先生が広報用に作ったキャラクターでした。

でも、このままでは先生になれないので、大人になったキャラクター「朝霧けい」を新たに作り、それをしっかりと3D化していったのです。

modekao

3D化の作業をモデリングと言いますが、まずは顔から始まります。

modekarada

顔が出来たら、次は体に移っていきます。

demoshuuryou

このようにして(ほとんど省略していますが)、モデリングが終了します。

atuta

この授業は「アニメーション実践」と言うのですが、3D制作過程をけい先生と共に指導して下さるのは、こちらの熱田先生です。

今日は、突然のメディアの来襲に驚かれたことと思います。来週からはずっと静かな授業が続きますので、どうぞご安心を。

gakuseishuzai

けい先生の講義が終わっても、メディアの方たちは学生の作業の様子をそのまま取材して下さっていました。

アニメーション文化学科の教室には、報道の方が喜びそうな「絵になる」ものがきっとたくさんありますよ。

次回もまた、どうぞよろしくお願い致します。

2019 年 10 月 27 日

今年もゲームジャム高梁が盛大に始まる!

Print

昨日(26日)から、ゲームジャム高梁が吉備国際大学国際交流会館2Fにて始まりました。
午前中の段階で、50名ぐらいの参加者が来て下さったでしょうか。

チラシ内のキャラクターは、アニメーション文化学科4年の西岡君が制作したものです。

さて、今年のお題(ゲーム制作のテーマ)は?

odai

昨年は西日本豪雨災害の後だったこともあり、「つながる」がテーマでした。

今年は、復興の道未だ半ばということで、今度は「乗り越えていけ!」となりました。
来賓の近藤市長も、それをお聞きになって、ウンウンとうなずいていらっしゃいました。

ところで、気がついてくださったでしょうか。
ゲームジャムのチラシには、「がんばろう高梁!」の文字が見えます。

現在、高梁関連のイベントチラシには、いずれもこの文字が入っているのです。

Hiann_jpeg

これは、11月2日に開催予定で、地元出身の清水比庵をめぐるシンポジウムのチラシですが、これにもやはり「がんばろう高梁!」の文字が入っています。

なお、この美しいチラシは本学科の佐々木先生が作ってくださったものです。
背景美術やイラストがご専門の先生らしい仕上がりとなっています。

gannbarou

お題が決まると、各チームは早速企画会議に突入です。
その間スクリーンに映されているのは、今度は「がんばろう岡山」の文字。

昨年の豪雨災害の被害がどれほど甚大なものだったかが、これからもよくわかりますよね。

それでも、各チーム、今は乗り越えていけ! いい作品を期待しています!

2019 年 10 月 23 日

インターンシップ報告会を開く

月曜日、夏休み期間中にインターンシップに出かけた学生たちの報告会がありました。

今回は、一般の会社としては「紀伊國屋書店」が、アニメに近い業種としては「Loop」と「山佐」が、学生たちの受け入れに協力して下さいさいました。

kino

紀伊國屋書店クレド岡山店では、学生は接客業の店頭業務の面白さと難しさを知ることができたそうです。

loop

Loopでは、モーションキャプチャーを使って3Dキャラクターに動きを付けるなど、普段ではなかなか体験出来ないことをさせていただききました。

yamasa

山佐では、スロットマシーンで使われるロゴの作成をやらせてもらったとか。留学生にとっては、忘れなれない日本での貴重な体験となったはずです。

3年生の夏に実施されるインターンシップは、前を見れば将来の職業の選択に、後ろを見ればこれまでの学生生活の振り返りに、必ず役に立つものです。
やったことのある人には、これはみんなすぐにわかること。

参加した学生の皆さん、ご苦労様でした。

先輩の話を聞いていた下級生の皆さん、インターンシップは「就職」ではないので、安心して気軽に参加してみてください。

2019 年 10 月 16 日

ブラジルからだって、やっぱりアニメだ!

今日は、珍しいお客さんが学科を訪ねて来てくれました。
ブラジルからいらっしゃった、ウェスクリー・アゼベードさんです。

香川県は毎年、国際交流協会の事業の一環として、海外から技術研修員を受け入れているのですが、ウェスクリー・アゼベードさんもその一人なのです。

up

現在は、KBS瀬戸内海放送で映像制作に関するさまざまな仕事を学んでいるところです。

実際、瀬戸内国際芸術祭が開かれている香川県多度津町の高見島を取材して、テレビ用の映像作品を手掛けたこともすでにあるそうです。

sasaki

KSBを通じ、ご本人からの希望で今日から3日間アニメーション文化学科の授業等を見学していただくことになったのですが、日本らしいアニメーションの制作にしっかり触れる機会になればと願っています。

北伯(北部ブラジル)香川県人会からの推薦があったらしく、確かにウェスクリー・アゼベードさん、日本語がお上手です。それに、物腰が何だかとても日本人っぽい!

2019 年 10 月 15 日

岡山にアニメスタジオが誕生!?

実は来春、岡山市にアニメスタジオが出来るかもしれません。

先日その会社のENGIさんが、アニメーション文化学科の学生を対象に会社説明会をしてくれたのです。

学生たちも興味深々の様子で話を聞いていました。

DSC06796_R

これまでの日本のアニメスタジオの労働環境についても、赤裸々に語ってくれました。

今でもまだそうなのかとため息の出るような思いで聞いていましたが、他方、今現在業界が変わりつつあるという話に正直救われた思いがしました。

ENGIさんは角川系列の会社だそうですから、安定した会社経営と報酬制度、それに人材育成が期待できそうです。

来春がとても楽しみです。

2019 年 10 月 12 日

本日、VTuberハッカソンが始まる。

ついに始まりましたよ。

高梁 クリエイティブ フェスティバルの第一弾、VTuberハッカソン!

会場は、吉備国際大学 国際交流会館 多目的ホールです。

omote

今回は台風19号の動きが心配でしたが、ありがたいことに大会開催には大きな問題はなさそうです。

それでも用心して、「夜は外に出ないでね」、とは大会運営者からのコメントです。

sannkasha

いつのも顔もあれば、新しい顔も見られます。今回は、グループでの参加も目立ちました。

とにかく、全体としては昨年度を超える参加者数です。皆さん頑張ってください。

kei

アニメーション文化学科のバーチャル教員「朝霧けい」も、会場にいる人たちに改めて紹介されました。
暖かい拍手で迎えられて、けい先生も嬉しそうでした。

これからもますます色々なところで、学科代表として皆さんの前に出てくるだろうと思います。

「朝霧けい」先生を、どうぞよろしくお願い致します。

yamasa

協賛の山佐さんにも、「虹河ラキ」というPRキャラクターがいます。

「朝霧けい」も、先輩格の「虹河ラキ」に負けないような立派なバーチャルYouTuberになりますよ!

いやいやその前に、「朝霧けい」はアニメーション文化学科の専任講師なのでした。まずは学生指導をよろしくお願い致します。

ところで、けい先生の初授業は10月30日(水)だと聞きましたよ。どうぞお楽しみに!

2019 年 10 月 7 日

VTuberハッカソン、10月12日(土)13日(日)開催!

Cre_Fes_Takahashi

VTuberハッカソン全国ツアー岡山大会、今年も吉備国際大学国際交流会館多目的ホールで開催します!

アニメーションなどのキャラクターがユーチューバーとして活躍するバーチャルユーチューバー(VTuber)は社会現象にもなりました。VTuberハッカソンは、このVTuberを2日間という短期間で開発し、新たなキャラクターやコンテンツを創造することを目指すイベントです。

VTuberハッカソン全国ツアー2019は、全国各地で予選大会が開催され、各予選大会の最優秀受賞者が12月のプレミアム大会(東京で開催)を目指します。全国ツアーの主催は、VR関連情報を報道するネットメディアの「PANORA」と、VR開発者のコミュニティー「SVVR Japan」。岡山大会岡山Unity勉強会が主催で、吉備国際大学や高梁市、高梁商工会議所、備中県民局などが後援します。

岡山Unity勉強会は3Dアニメーション・ゲーム開発環境Unityを学ぶエンジニアやクリエイターの団体で、毎月勉強会を開催するなど切磋琢磨すると同時に、エンジニアとクリエイターの広い人的ネットワークをつくりあげてきています。

全国ツアーは今年2回目。昨年岡山大会で最優秀賞を受賞したVTuber「あけびちゃん」は、全国大会でも「オーディエンス賞」(YouTubeでの最多再生数を得たVTuberに与えられる賞)を獲得しました(受賞作品はこちら)。

今年も多くのVTuber開発者が参加し、盛り上がるものと思います。

……ただ心配なのは、台風19号。天候に恵まれることを願っています!

2019 年 9 月 30 日

3D CG担当面田高章先生がUnityアンバサダーに就任!

アニメーション文化学部の専門科目「アニメーション実践A・B」でUnityを教える面田高章先生が、全国で4人めのUnityアンバサダーに就任しました。

Omoda-sensei_Ambassador+(1)

面田高章先生. アニメーション文化学部では「アニメーション実践A・B」でUnityの操作・活用を教えています。

Unityアンバサダーは、3Dゲーム・アニメ開発エンジンUnityのコミュニティの発展や普及啓発に貢献した人を称え、任命する制度です。昨年3名の方が初めて任命され、今年面田先生が4人目のUnityアンバサダーとして就任しました。

Omoda-sensei_Ambassador+(2)

Unite Tokyo 2019の懇親会パーティーUnite Partyで4人勢ぞろいしたUnityアンバサダー.

任命は、先日開催の国内最大のUnityに関するカンファレンスイベントUnite Tokyo 2019の懇親会パーティーUnite Partyで行われました。

Omoda-sensei_Ambassador+(3)

Unite Partyで任命の挨拶をする面田先生.

任命理由は、約5年前から活動を続けてきた岡山Unity勉強会の活動や、吉備国際大学での活動(ゲームジャム高梁やVtuberハッカソン、非常勤講師就任)など高く評価して頂いたとのことでした。

Omoda-sensei_Ambassador+(4)

岡山Unity勉強会の活動を紹介する面田先生.

Omoda-sensei_Ambassador+(5)

「これからも地方コミュニティを盛り上げていきたい」と決意表明.

Omoda-sensei_Ambassador+(6)

今後のコミュニティの発展と活躍を期して、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの宮田さんとがっちり握手。宮田さんは岡山Unity勉強会の活動もサポートしてくださっています。

アニメーション文化学部にとっても、地域にとっても名誉な受賞だと思います。

面田先生の今後のますますの活躍を期待しています!

※面田先生自身が書かれたFB投稿はより臨場感ありますよ!

※また、近日中にUnity公式ブログにも記事が上がる予定です。

2019 年 9 月 23 日

「朝霧けい」 先生の登場!

昨日のオープンキャンパスでは、大きなサプライズイベントがありました。

アニメーション文化学部にVチューバー教員が誕生し、その辞令交付式がオープンキャンパスの参加者の方々の前で行われたのです。

0922_03

会場には、200名を超える高校生と保護者の方がいらっしゃいました、これから一体何が起こるのかと固唾を呑んでいる様子でした。

kei toujyou

   「朝霧けい」がスクリーンの横からゆっくり現れ、正面を向いて静止します。

0922_02

すると加計理事長が登壇されて、辞令を読み上げるのです。

「朝霧けい」を、アニメーション文化学部の講師に任命すると・・・。

uketori

スクリーン上の「けい」は、理場長の動きに合わせてしっかりと辞令書を受け取ります。

houhu

そして「けい」は、今後の抱負について自らの口で語ってくれるのでした。

「吉備国際大学アニメーション文化学部の教員として、学生一人ひとりの持つ能力を最大限に引き出し、引き伸ばし、社会に有意な人材を養成していきます」

ここまで堂々と決意表明されると、VRに対して心密かに脅威を抱く教員もいたとか、いないとか・・・。

0922_04

最後は、「朝霧けい」の等身大パネルが紹介されました。

学科のオープンキャンパス会場前の廊下にも設置されたのだけど、記念撮影をして下さった生徒さんたちはいたのだろうか。

きっとこれからの「キャンパス見学会」でもお出迎えをするはずですから、「朝霧けい」先生をどうぞよろしくお願い致します。