2019 年 9 月 8 日

第8回 「高校生イラストコンテスト」 作品募集

omote2

<募集要項>

 日 本 の マ ン ガ や ア ニ メ ー シ ョ ン は 、 今 や 日 本 を 代 表 す る 文 化 の 一 つ と な り ま し た 。 こ う し た 状 況 を 踏 ま え 、吉 備 国 際 大 学 ア ニ メ ー シ ョ ン 文 化 学 部 は 、 才 能 あ ふ れ る 多 く の 高 校 生 に 身 近 な 発 表 の 場 を 提 供 す る こ と を 目的 に 、 第 8 回 「 高 校 生 イ ラ ス ト コ ン テ ス ト 」 を 開 催 い た し ま す 。

1 . 募 集 内 容 : 次 の 二 つ の 部 門 の ど ち ら か を 選 ん で く だ さ い 。 テ ー マ は 自 由 で す 。
   ① 手 描 き 部 門 ( 1 枚 も の で 一 人 2 点 以 内 )
   ② CG 部 門 ( 1 枚 も の で 一 人 2 点 以 内 )

2 . 応 募 資 格 : 高 校 生 ( 高 等 学 校 ま た は そ れ に 準 ず る 学 校 に 在 籍 し て い る 方 )

3 . 応 募 作 品 の 形 式 : 手 書 き ; 用 紙 サ イ ズ A4 、 紙 質 は 自 由 ( イ ラ ス ト ボ ー ド 可 )
   CG: 画 像 フ ァ イ ル 、 JPEG な ど

4 . 募 集 期 間 : 令和元年 9 月 1 日 ( 日 ) ~ 11 月 30 日 ( 土 ) ( 消 印 有 効 )

5 . 応 募 方 法 : 各 学 校 で 取 り ま と め て 、 応 募 用 紙 に 必 要 事 項 を 記 入 の 上 、 下 記 の 応 募 先 ま で作 品 を 同 封 し て 郵 送 、 も し く は デ ー タ を 下 記 メ ー ル ア ド レ ス ま で 送 っ て く だ さ い 。

6 . 表 彰
   学 校 法 人 順 正 学 園 総 長 賞 1 点 ( 副 賞 図 書 券 3 万 円 分 )
   吉 備 国 際 大 学 学 長 賞 2 点 ( 副 賞 図 書 券 1 万 円 分 : 各 部 門 1 点 )
   奨 励 賞 3 点 ( 副 賞 図 書 券 3 千 円 分 )

7 . 審 査 と 発 表
 応 募 作 品 に つ い て は 、 吉 備 国 際 大 学 ア ニ メ ー シ ョ ン 文 化 学 部 で 審 査 を 行 い 、 受 賞 者 を 選 定 し ま す 。令和元年 1 2 月 上 旬 に 結 果 発 表 を 行 い ま す 。

8 . 注 意 事 項
  ① 作 品 は 未 発 表 で 、 必 ず 応 募 者 オ リ ジ ナ ル の も の で あ る こ と 。
  ② 他 人 の 著 作 権 、 肖 像 、 名 誉 、 プ ラ イ バ シ ー そ の 他 の 権 利 を 侵 害 し な い こ と 。
  ③ 応 募 作 品 は 手 描 き 部 門 の み 返 却 し ま す 。 な お 、 応 募 作 品 は 大 学 ・ 学 科 の HP や パ ン フ レ ッ ト 等 に て

 公 開 さ せ て い た だ く 場 合 が あ り ま す が 、 そ の 際 応 募 作 品 に 関 し 使 用 す る 権 利 は 大 学 に 帰 属 す る こ とと し 、 公 開 に つ い て の 事 前 の 連 絡 も 行 い ま せ ん 。

9 . 応 募 先 ・ 問 合 せ 先
 吉 備 国 際 大 学 ア ニ メ ー シ ョ ン 文 化 学 部 「 イ ラ ス ト コ ン テ ス ト 係 」
  〒 716 – 8508 岡 山 県 高 梁 市 伊 賀 町 8
  TEL: ( 0866 ) 22 – 9454 FAX: 0866 – 22 – 9 468
  E – mail: suzuki @kiui.ac.jp ( 担 当 : 鈴 木 )

<応募用紙>は、こちらからダウンロードしてください。
   イラストコンテスト募集要項

2019 年 9 月 5 日

ケイの3D化、着々と進む

文科省のブランディング事業で作られたキャラクターを、今度は3D化する計画が現在進行中です。

kei

左側が高梁キャンパスを象徴する「ケイ」ですが、今度は少し大人になって、しかも3Dのキャラクターになるのです。
噂では、なんと今度はアニメーション文化学科の「先生」という設定らしい・・・。

その実体は、9月22日のオープンキャンパスでお披露目予定とのこと。

hutari

今日は、オープンキャンパスで公開されるケイの3D動画で使用する各種の素材を撮影するため、外部の方が来てくれました。

sutabi

撮影機材は、今はどんどん小型で軽量化されていますね。

動画だってスマホにスタビライザーを着装すれば、それなりに質の高い、ブレない映像が撮れるのですから。

stand

360度の画像だって、こんな簡単なスタンドでOKなのです。

kakurero

ただし360度撮影だから、撮影中はこのようにみんな隠れる必要があります。
あ、すみません。私は突っ立ったままでした。

実は今日、3Dケイのサンプル動画をちょっと見せてもらったですが、これはなかなかに「萌え」ますぞ。本当に!
ぜひぜひ、乞うご期待! 

みなさん、9月22日のオープンキャンパスに参加して、3Dケイのちょっと大人の「萌え姿」をぜひ見てみよう!

2019 年 8 月 21 日

アニメーション制作の完全デジタル化に備えて

今日は東京から業者の方に来ていただいて、Toon Boom社の「Storyboard Pro」と「Harmony」というソフトの説明および実演指導をしてもらいました。

こうした取り組みの背景にあるのは、やはりアニメ業界全般の避けがたいデジタル化の流れです。日本伝統の手描きのやり方は、アート作品は別としても、あまりにも非効率だろうと誰もが考えるようになってきているのです。

でも、日本にはデジタル対応が出来る人があまりに少ない。

さらに厄介な問題は、デジタル化の道は間違いないとしても、例えば基本OSのWindowsのような、業界における世界標準というようなものがまだ出来上がっていないということ。

だから、それぞれが手探り状態でのデジタル化対応なのです。

ekonnte

これは、Storyboard Proを使って絵コンテを作っているところ。

kamera

これは、絵コンテにカメラワークの指示をどう記入するかを、学科教員が熱心に尋ねているところです。

実は今日の研修会には、地元の城南高校デザイン科の先生方も参加していました。

高校の先生がアニメーションに関心を持ってくださるだけでもありがたいのですが、こうして勉強会にも一緒に参加してくださるとは本当に頭が下がる思いです。

2019 年 8 月 18 日

『 高畑勲展 』を訪ねて

『PIXARのひみつ展』を見た後、続けて東京国立近代美術館に移動して、今度は『高畑勲展─ 日本のアニメーションに遺したもの 』を見てきました。

kannbann

こちらは館内での写真撮影は原則禁止なので画像として紹介できるものは少ないのですが、ハイジとアルムおんじが住んだ家がジオラマ風に再現されていて、これは撮影可能でした。

スマホや携帯をロッカーに預けた人たちが、悔しがることといったらありません。

gio1

写真の右下には、ペーターの姿も見えます。

きっと子ヤギのユキちゃんだっているはずなんだが、う~ん、どれだ???

gio2

精緻に作られた牛たちの姿は、なかなかリアルです。まるでアニメの一コマ。

situnai

これは、ハイジになりきって写真を撮るための山小屋の室内です。
寝ているのはセントバーナードのヨーゼフなのだろうが、あまり可愛くない。

今回の展示会の意図は「演出家」としての高畑勲に焦点を当てることなのですが、アニメーションの新しい表現方法をどこまでも追及していった彼の軌跡がとても丁寧に紹介されています。

ですからアニメーションの展示会でありながら、企画書や、思考の痕跡が生々しい走り書きや、シナリオ案など、「描いたもの」よりもむしろ「書いたもの」に見るべきものが多いというのが大きな特徴でしょうか。
その点では、宮崎駿展とはかなり異なります。

「PIXAR展」では、高度なコンピューター技術に依拠したアニメーションの質と量の充実ぶりに正直圧倒されましたが、高畑勲と仲間たちによる日本の緻密な手描きのアニメを見ていると、どこかで劣勢を感じながらも頑張ってほしいと願わずにはいられませんでした。

なお、巡回予定によれば、来年の4月10日~5月24日までの間、岡山県立美術館でも同展が開催されるとのこと。

アニメーションを作ることの根本をずっと問い続けた高畑勲の思考の軌跡を辿ってみることは、学生らが制作する際の自らの足元を見つめ直す、きっといい機会になるだろうと思いました。

2019 年 8 月 18 日

『 PIXARのひみつ展 』を訪ねて

toy1

今回、岡山で「トイ・ストーリー4」を見て、その感動のままに出かけたのが、東京・六本木ヒルズ展望台 東京シティ・ビューで開催中の『PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス』でした。

toy koutei

この展示会の特徴は、ピクサー・アニメーションの主要製作工程を順に紹介し、訪れた人自身もそれが体験できるようになっていることです。
だから夏休み中は、もうたくさんの子供たちで一杯。

toy story
toy model
toy rig
tor sur
toy set
toy ani
toy simu
toy ligh
toy rend

このように写真を並べるといかにも学習のための展示という感じがしますが、実際はそうではありません。

toy chara1
toy chara2
toy chara3

触れることのできるキャラクターや、一緒に写真を撮るためのキャラクター、さらには巨大なイメージボードなども、たくさん用意されているのです。

実際、楽しみながらピクサー・アニメーションの制作工程を体験できるようになっていました。

今回の展示を見て改めて思ったのは、「ピクサー」というはあのアップル創業者のスティーブ・ジョブズが買収して作った会社で、元々はCG制作用のコンピューターを専ら作っていた会社だったということ。

普通のただのアニメーション制作の会社だったら、きっとこのような発展の仕方はしなかっただろうなあ、と強く感じさせられたのでした。

2019 年 8 月 2 日

秋卒業の卒業研究発表会

昨日、9月卒業予定者の卒業研究発表会がありました。

秋に入学して秋に卒業するというのは、普通留学生だけになります。
そういうわけで、今回も全員が中国からの留学生でした。

卒業研究としては、作品でも論文でもどちらでもいいのですが、今回は全員が作品発表でした。

s1
s2
s3
s4
s5

実は、8月1日付けでアニメーション文化学科に、新たに佐々木洋先生という方をお迎えすることになりました。

佐々木先生の最初の仕事が、この卒業研究発表会での個々の作品に対しての講評ということになります。

sasaki

アニメ制作の現場でこれまでずっと活躍なさっていた佐々木先生の目に、学生作品がどのように映ったかとても気になるところです。

「どの作品にも作る必要性があって制作しているのか、ちょっと物足らなさを感じる」というのが、佐々木先生の最初の印象だったようです。
きっと、何か大事なものが欠けているということでしょうね…。

でも、学生らは今回初めて作品すべてを自分一人で作ってみて、自分の至らなさに本当に気が付いたのではないかと思うのです。
そういう意味では、卒業に際してやっとアニメーション制作の出発点に立てたということでしょうか。

2019 年 7 月 14 日

声優さんのトーク&アフレコ実演会を開催

今日は、夏のオープンキャンパスの第1回目でした。

たくさんの方にお出でいただき、本当にありがとうございました。

esuka

エスカレーターも何だかお祭りっぽくなっていますが、何より今日の目玉は、「声優トーク&アフレコ実演会」です。

声優の河原木志穂さんと槙野旦さんに、わざわざ東京から来ていただきました。

zennkei

会場はいつもの教室なのですが、今日は賑わいと色合いが普段とは全然違います!

最初は、河原木志穂さんと槙野旦さんに、本学科の井上教授が様々な質問を投げかけるという形で始まりました。

talk3mei

河原木さんはある程度ベテランの方なので、自分がこれまで体験されたことを優しく丁寧にご紹介くださいました。

kawaragi1

それに対して槙野さんは、どちらかというと現在修行中、売り出し中の方なので、その立場でのお話を正直にしてくださいました。

makino1

実は、槙野さんは総社市のご出身で、最初は自分一人の力では食べていけず、時々ご両親に援助を求める電話をしていたとか・・・。

「東京に実家があったから、私は恵まれていたの」 とおっしゃっていた河原木さんとは、ちょっと違ったキビシイ都会の生活があったみたいですね。
そうしたお話も、若い人たちにはとても勉強になります!

休憩を挟んで、後半がいよいよ声優さんたちによるアフレコの実演です。

実演をやっていただくための素材は、実はアニメーション文化学科の学生が作った短編作品です。
セリフも、学生らが協力して自分たちの声で吹き込んだものなのです。

こうした作品に、プロの声を提供していただけるなんて、何だか申し訳ないような・・・。

ahureko2mei

実際に映像を一度見ていただいてから、プロの方による即興のアフレコです。

スクリーンに映し出された映像を見ながら、まさにその場で瞬時に口を合わせる・・・。

makino2
kawaragi2

プロの声優さんが声をつけると、キャラクターたちの生命力が格段に増したように感じられました。
ああ、キャラクターが本当に生きている・・・。

驚いたのは、2回目、河原木さんと槙野さんがそれぞれの役柄を交換して声をつけた時のこと。

すると、セリフは同じなのに、キャラクターがまるで別人のようになっていました。
人格を表現する(変えてしまう)声の力を、今回ありありと感じさせてもらいました。

zenninn

最後は、会場にいらっしゃった方たちとの集合写真です。みんなとてもいい顔の素敵な写真になりました。

河原木さんと槙野さん、今日はプロの力を実感させていただく大変貴重な機会になりました。

今後もどうぞますますご活躍ください。高梁からも、みんな応援していますよ!!!

2019 年 7 月 12 日

ロシア研修団の受け入れ

7月5日と12日、今年もロシアから研修団がやってきてくれました。

研修団のメインの目的は、岡山外語学院で日本語を学ぶことですが、一部のアニメ好きの人たちはこうしてわざわざ本学まで足を延ばし、アニメの勉強をしてくれているのです。

inoue

井上先生が語る日本のアニメの歴史を、ロシアの若い女性たちはどのような思いで聞いているのだろう。

ロシアで何気なく知っていた個別の作品が、日本のアニメの歴史を学ぶことでつながりをなし、理解を深めてくれたであろうか。

kim

キム先生の授業では、今回は12枚で描く人の「歩き」が課題です。

キャラクター制作、「歩き」の原画と中割り、トレース、スキャン、動画編集、上映と、一人ひとりがすべての工程を体験るのです。

きっと、アニメを見るのと作るのとでは、大違いだったでしょうね。
これからは、アニメを見るときの感じ方が少し違ってくるかもしれませんね。

どうぞ来年も来てくださいね。お待ちしています。

2019 年 6 月 23 日

7/14(日) 声優イベントを開催 (入場無料)

アニメーション文化学科としてこれまでずっとやってみたかったことが、今回やっと実現可能となりました。

高梁キャンパスに本物の声優さんを招いて、声優トーク&アフレコ実演会 を開催致します。

なおこれは、7月14日(日)、高梁でのオープンキャンパスと同時開催となります。

声優イベント190607

これまでもオープンキャンパス等では、高校生の方から「声優になりたいのですが」とか、「声優の勉強はここでできますか」といった質問を何度も受けてきました。

でも残念ながら、本学科の今のカリキュラムでは声優養成は無理なのです。

そこでその代わりに、東京から二人の声優さん(河原木志穂さんと槙野旦さん)を招いて、
  ・声優の仕事とはどういうものか
  ・声優になるためにはどうすればいいのか
を中心に、話していただくことに致しました。

当日は、お二人のアフレコ実演もありますから、プロの実力を実際体感してみてください。
声優に関心のある方には、必見のイベントです。

なお、声優お二人の詳細については、こちらをご覧ください。
 <河原木志穂さん> <槙野旦さん

イベントチラシのDLは、こちらをご利用ください。

2019 年 6 月 20 日

勝間田高等学校で本学科アニメの紹介

6月19日(水)、県北の勝間田高等学校に「高校内ガイダンス」として本学科も参加させていただきました。

2年生の生徒さんを対象に、まんが・アニメ・声優についてお話をしてほしいとのご依頼があったのです。

勝間田

当日は、講義と併せて、動画「振り返り」の作画体験もしていただきました。

どうだったのでしょう。
おそらく初めての動画制作で、生徒さんたちはずいぶん緊張されたのではないでしょうか。

1枚1枚の絵が組み合わせれて実際どのような動きになるか、今はまだきっと出たとこ勝負ですよね。

でも、プロのアニメーターは理想的な動きをまずは頭で描きながら、それを1枚1枚の絵で再現しようと頑張っているのですよ。
これはまるで、NHK連ドラの「なつぞら」の世界ですよね。本当に。

ところで、県北出身の漫画家といえば、何といっても「NARUTO」の岸本斉史さんではありませんか。

私たちにとって、地方出身でもいつか本物になれることを実践して見せてくれた方ですよね(実は私も県北の出身!)。

高梁の学生たちよ。君たちも絶対に今の夢をあきらめるな!