2019 年 6 月 20 日

6月19日カナダ協定校研修団の学生・教職員との交流会をしました。

6月19日水曜日4時限、大講義室にてカナダの教育交流協定校ニューカレドニア大学とオカナガンカレッジからの研修団のかたと交流会をしました。

両校とも教育交流協定に基づき交換留学生を派遣、派遣予定となっています。ニューカレドニア大学からは2回目の研修団、オカナガンカレッジからは初めての研修団となります。
6月17日から7月1日まで吉備国際大学各キャンパスを訪問し、日本語をはじめとする日本文化を学んだり、周辺の神社仏閣にて体験を行うことになっています。
この日は、岡山キャンパスの学生と交流会を通じて、学生同士で互いに認識を深め合う会となりました。

両校の大学や大学が位置する地域の特色をプレゼンし、その後、日本人学生による昔話桃太郎の劇、けん玉レース、日本人学生と共同で作成する折り紙、そして、全員で踊るうらじゃ踊りなどを行いました。

外国学科の学生たちは、この会の準備だけでなく、ホームステイのホストファミリー、市内での観光や生活のための買い物・食事などのサポートを行っています。

今後、両校のほかに途中、アメリカのフィンドリー大学からの研修団も加わる予定です。

けん玉の動画はこちら

2019 年 6 月 13 日

6月13日禅と和室にてお茶席でのあいさつについて学びました。

6月13日木曜日3時限、山﨑仙狹先生の日本の芸術の授業にて、禅とお茶の頂き方について学びました。

はじめに、講義室にて、日本に禅が伝わる少し前の中国での禅について学びました。
その後、詩にある言葉をグループごとに考え、先生と話し合いをしました。

その後、和室に移動し、お茶をいただくときのあいさつについて学びました。
グループごとに輪になり、隣の人にお茶碗を渡すとき、お茶碗をいただいてとき、そしてお茶をいただくときのあいさつを学びました。

2019 年 6 月 10 日

6月9日キャンパス見学会を開催しました。

6月9日日曜日、13時30分からキャンパス見学会を開催しました。

はじめに、自修道場で、入試説明を行い、その後、畝先生による挨拶と英語力や学科三本柱などについて説明がありました。
英語力の指標としてTOEICスコアを用いていることや、スコアUPのための学習態度などについても補足説明されました。
まずは、スタディアブロード(留学・海外インターンシップ)がスコアUPの目標として在学生が頑張っていることなど在学生の様子も紹介もされました。

その後、CALL教室に移動して、フォーセット先生によるミニ講義でした。
参加の生徒さん同士でグループワークをしました。在学生もフォローに入って頂きました。

ミニ講義のあとは、在学生と生徒さんのフリートークの予定でしたが、保護者のかたがたにも加わって頂きました。
在学生が司会進行となっていましたが、大学生活、学修、国際交流、留学のことなど色々と保護者のかたからも質問が出ましたが、適切な回答をしていました。

生徒さんと保護者のかたには参加いただきありがとうございました。
また、参加していただいた在学生のかた、ご協力ありがとうございました。

7月・8月・9月にはオープンキャンパスを開催します。
詳細は、以下のOPEN CAMPUS 2019のリンクをクリックしてください。
OPEN CAMPUS 2019

2019 年 6 月 6 日

6月6日庭について学びました。

6月6日木曜日3時限、山﨑仙狹先生の日本の芸術の授業にて、庭について学びました。

庭のルーツは、中国の林泉からはじまり、庭には、人々は自由に入り、お金を払って飲食できるようなところでした。
作庭にあたり、小石を置いて、指示したことが始まりとされる『盆石』があります。ゆかりの深い栂ノ尾高山寺の明恵上人と栄西禅師の関係などについても学びました。

盆石は、自分の心の支えとするものでもあるので、5個以上の奇数個石をとり、一人ひとり、シンボルとなるものをイメージをしながら盆石をしました。
その後、グループごとに一人ずつ、山﨑先生とグループのメンバーに説明をしました。

また、『露地』についても学びました。茶室に入るときの飛石は、次の石を踏むまでに色々と考える必要があります。

2019 年 5 月 30 日

5月30日お香について学びました。

5月30日木曜日3時限、山﨑仙狹先生の日本の芸術の授業にて、お香について学びました。

まず、「清める」ということについて、神社仏閣に参拝するときの手水があることを学生さんに回答してもらいました。

水が無い場合に「体を清める」方法として塗香があることを学びました。
そして、山﨑先生が普段使用されているお香で清め方を学びました。
学生さん一人一人にこの所作を実践してもらいました。

香の歴史的な作成方法を学びました。
そして、香を聴く所作についても学びました。

2019 年 5 月 30 日

5月30日英語専攻4年生卒業研究第1次発表を行いました。

5月30日(木)1限目、外国語学科の英語専攻4年生5名が、卒業研究に向けた研究計画の第1次発表をしました。90分間、日本語は禁止で、各学生は、研究テーマ、問題意識、目的、研究方法などを英語で5分から10分間発表しました。その後、発表に対する質疑応答が同じく英語でされました。

日本のキャッシュレス社会が遅れている理由は?NBA文化変容の要因は?倉敷ガラスの現状と発展に向けて何をすべきか?森林保全の課題と対策は?日本人の無意識の人種差別とは?など、興味深い問題意識が披露され、今後どのような方向で研究を進めるべきか、どのような視点で分析するとおもしろいのか、など、指導教員並びに英語の先生2名より、指導がありました。

学生5名は質疑応答並びにもらったコメントをもとに、今後、研究計画を詰めていきます。同時に、論文執筆のためのデータ収集、文献調査に取り組みます。

2019 年 5 月 23 日

5月23日扇子・茶碗について学びました。

5月23日木曜日3時限、山﨑仙狹先生の日本の芸術の授業にて、扇子と茶碗について学びました。

はじめに、前回の茶の歴史に引き続き、日本の茶の歴史上の人物、村田珠光について学び、珠光が記した文書の意味を学びました。

そして、日本文化で多用する扇子のうち、十本骨の扇子と十界について学びました。
扇子の役割や作法などについても学びました。

その後、和室に移動し、和室における扇子の作法を学びました。また、前々回に学んだ、立居振舞の延長として茶話の持ち方、運び方、鑑賞の仕方などを学びました。

2019 年 5 月 20 日

5月19日キャンパス見学会を開催しました。

5月19日日曜日13時30分より、本年度第1回目となるキャンパス見学会を自修道場を中心に開催しました。

はじめに、畝 学部・学科長より、挨拶と本学科での英語のまなびと在学生の結果などについて紹介がありました。
三本柱である「ジャパンスタディ・スタディアブロード・生き方」を学びつつ、各柱の中で学科学生全員が英語を生かせるよう、学習する学生生活を送っていることなど説明があります。
つづいて、入試説明、学科説明ありました。

その後、ワーナー先生のミニ講義に生徒・保護者の皆さんが、ワーナー先生と在学生と一緒にCALL教室に移動しました。
ミニ講義では、普段の在学生の授業風景が実感でき、なおかつ、高校生の皆さんにも分かるように工夫されていました。
同席の保護者の皆さまにも、授業の様子を実感できたと思います。

ミニ講義のあとは、在学生とのフリートークです。高校生・大学生の日常生活の身近な話題から、大学生活や留学のことなども相談していました。
この間、保護者の皆さまにはキャンパス内を見学していただきました。
また、学科の教育内容についての個別相談も行いました。

キャンパス見学会に参加くださりありがとうございました。
また、協力していただいた在学生の皆さまありがとうございました。

次回のキャンパス見学会は、6月9日日曜日13時30分から行います。
また、7月・8月・9月にはオープンキャンパスを開催します。
詳細は、以下のOPEN CAMPUS 2019のリンクをクリックしてください。
OPEN CAMPUS 2019

2019 年 5 月 16 日

5月16日茶の歴史とお箸について学びました。

5月16日木曜日3時限、山﨑仙狹先生の日本の芸術の授業にて、茶の歴史とお箸について学びました。

配布資料に沿って、茶の歴史の前半部分であるお茶は、どのようにして飲まれるようになったか、茶の起源について主に中国大陸での歴史を学びました。
現在飲まれている様々なお茶の起源と体への効能を結びついていることが分かりました。

授業後半は、前回の和室での作法に引き続きお箸のマナーを理由を交えて説明いただきました。箸袋の意味やハレの日の箸の使い方などもよく理解できました。
その後、学生ひとりひとりが、先生に教わりながら箸袋や箸置きを作りました。箸置きの意味を考えながら、持参した箸を実際において、箸使いも学びました。

2019 年 5 月 10 日

5月9日和室にて作法を学びました。

5月9日木曜日3時限、山﨑仙狹先生の日本の芸術の授業で、和室にて座り方や歩き方などを学びました。

講義室にて、栄西踊りの振り返りを行いました。
その後、和室に移動し、和室での作法について、歴史的な背景を学びました。
畳の間での歩き方とその意味について、実演を交えながら学びました。
そして、9つの座り方についてそれらの意味についても学び、学生ひとりひとり実演しました。

初回に学んだ、起立での三段階の礼を座った状態で三段階の礼の仕方を学びました。