学部・学科

ホーム>学部・学科>外国語学部 外国学科>あなたらしい一歩を踏み出すために。

外国語学部 外国学科 School of Foreign Language Studies

あなたらしい一歩を踏み出すために。

片山 倫さん

ひとりでは不安でも誰かと一緒なら一歩が踏み出せる

ここでは興味、経験、感じることすべてが成長のきっかけ。
“私らしい可能性”…それは、先生や仲間と一緒だから見つけられたもの。

椎名 奈々さん

教科書に載っていない大切なことを、教えてくれる先生がいる

外国語学部の先生と学生の関係は、まるで家族に接しているかのよう。
学ぶ楽しさや遊ぶ喜び、時には悩みも相談できる、頼もしい人生の先輩です。

小林 瑞季さん・丹正 麻紗子さん

個性を認め合い、支え合いながら一緒に成長できる仲間がいる

夢や目標は、人それぞれ違うもの。
仲間同士が自由に意見を交わし、一緒に成長できる。
私の未来も楽しみになってきた。

吉備国際大学 外国語学部ならではの魅力は?

高橋ゼミ(基礎ゼミ)

吉備国際大学の魅力を率直に。

[椎名]
学生と先生の関係性。ゼミに所属して、いろんな経験を積む中で自分を見つめる機会が増えたし、人間性も変わったと感じる。どんな時でも相談に乗ってくれるし、先生の影響って大きいと思うよ。
[片山]
ほんと、みんなひっくるめて家族みたいだよね。私は、日本の歴史や芸術を学ぶ授業がよかった。お茶の点て方や生け花を先生から教わることで、日本人として大事なことを知ることができたと思う。
[椎名]
海外の人は関心をもって日本のことを聞いてくれるから、留学に行くまでにいっぱい覚えて準備しなきゃね。
[丹正]
私は語学が好きだから、日本語のルーツや日本人の価値観・生き方を知る授業が面白いな。日本人をきちんと理解することで、海外の人との関わり方も変わってくると感じているよ。
[小林]
学生同士、学年に関わらずこうして接する機会が多いのも魅力だよね。いろんな価値観にふれることで成長できる環境だと思う。
[高橋]
成長のきっかけは”何かに興味を持つこと”なんだ。一つでもいいし、たくさんあってもいい。その興味と成長が人生を豊かにしていくよ。

外国語学部に入学した一番の決め手は?

[片山]
カリキュラムに全員必須で留学が組み込まれていることかな。海外に行ってみたかったし、将来は英語を使って仕事がしたいから。
[小林]
留学が必須って、ポイント高いよね。
[椎名]
私も同じ理由。英語の授業が少人数で行われるから、ネイティブの先生とたくさんお話できるかなって。英語は得意な方だったから、実際にコミュニケーションを取ってみたかったんだよね。
[丹正]
私は逆に、高校に入学するまでは英語が苦手だったなあ…でも海外ドラマにハマって、ロケ地に行ってみたくなって勉強するようになったよ(笑)この学部の英語の授業は、書くことや覚えることよりも”話すこと”を重視していて、いいなって思った。
[椎名]
字幕見なくても意味が分かった時とか嬉しいよね。ここの英語の先生は、授業中の説明も英語だし、質疑応答も英語だからすごく鍛えられる。どうやったら伝わるかっていうのを常に考えて、実践することでどんどん話せるようになるから。最近は日本語じゃなくて、英語で考える癖がついちゃった。

留学を経験してみて変化したことは?

[小林]
まず視野が広がった。自分がもっと成長するためには、何をしたらいいかを真剣に考えるようになったよ。みんなはどこに留学するの?
[片山]
アメリカ。英語を学ぶなら、やっぱりアメリカがいいかなって。
[椎名]
イギリスに行きたいけど、もっと英語のスコアを上げるために頑張ってるところ。目標をクリアできたら、すごい自信がつくと思う。
[丹正]
私はカナダ。外国人が第二言語としての英語を学ぶためのカリキュラムが組まれているところに惹かれて。
[小林]
自分の英語力や目的に合わせて留学先を選べるのも魅力だよね。

海外協定校の学生研修団との交流会を開催

国際交流の一環として、アメリカなど海外協定校の学生が吉備国際大学を定期的に訪問しています。外国語学部の学生たちは、おりがみなどの日本文化を伝えたり、ウェルカムパーティーでおもてなし。英語のコミュニケーションを実践する、貴重な機会がたくさんあります。

おりがみの折り方を教えるのは外国語学部の学生たち。
初めての体験にドキドキ!

可能性だらけのあなたに、一歩踏み出す学びを。失敗と成功の繰り返しが成長につながる

可能性のタネは、あなたの中に。「何をしたらいいのかわからない」?それは、あなたの可能性にあなた自身が気づいていないだけ。”興味”を見つけた瞬間に、可能性の芽は育ち始め、やがて美しい花を咲かせることでしょう。不可能なんて決めつけないで、たくさん失敗して、たくさん笑って。あなたの未来を、あなた自身の手で拓きましょう。

ステップアップモデルケース

[ 英語はもちろん、日本を知り、人としての資質や人格を磨きましょう ]

一人ひとりの英語力に合わせた語学教育

英語の授業は、1クラス15人程度で丁寧に行われます。授業中は、質問や質問に対する回答もすべて英語。たくさん失敗することが大切です。積極的に考え、話そうとする姿勢が何よりも大切です。また、クリスマスやハロウィンなど、英語によるコミュニケーション力が、楽しく自然に身につくイベントを外国人教員の主催で開催しています。

ネイティブの先生と気軽に、じっくりと会話できるから会話力が伸びる

留学(スタディ・アブロード)は、成長を加速させる

岡山中学校・高等学校 生駒 真由さん EEUROPE
岡山中学校・高等学校出身 生駒 真由さん 留学先:リトアニア・シャウレイ大学
留学したのは冬。
一面雪景色で極寒!でした
様々な国の友人ができたことで、国際問題も身近に感じられるように

前のめりに”関心をもつ”ことが、人と関わる第一歩

留学先では、イタリアやスペインなどのヨーロッパをはじめトルコ、韓国まで、たくさんの国の留学生と出会いました。リトアニアの公用語はリトアニア語なので、現地の人も留学生も英語は”第二言語”。それぞれの国の訛りに慣れるのが少し大変でしたが、解らないと思ったことはその場で聞くことを心がけました。そうすると、難しい言い回しも、理解し易い言葉に置き換えてくれる。言葉を完璧に話すことよりも、コミュニケーションの重要性を感じました。留学で学んだことは”無関心にならないこと”ですね。外国の人に敬意を払う第一歩は、その人自身や国のことに関心をもって、”知りたい”という積極的な姿勢を見せることだと思います。

明誠学院高等学校出身 斉藤 千夏さん 留学先:韓国・釜山外国語大学校 ASIA
明誠学院高等学校出身 斉藤 千夏さん 留学先:韓国・釜山外国語大学校
憧れのチマチョゴリ!どれも可愛くてテンション上がりました 韓国は美味しい食べ物がいっぱい!ドラマでよく見る”おでん”も!

日本と韓国を繋ぐ架け橋になりたいと思うようになりました

語学への興味のきっかけはK-POP。歌の意味を知りたい、雰囲気を掴みたいと思って独学で韓国語を学び始めました。外国語学部の一番の魅力は、学生全員が留学できること。留学先も自分の行きたいところに行けるから、迷いなく韓国を選びました。現地では、学校の授業では英語で話しますが、それ以外は全て韓国語。英語と韓国語、両方を実践できるので毎日がとても充実していました。留学を通して、今まで見えなかった日本のいいところが見えるようになり、視野が広がったことも大きな収穫でした。

岡山県立玉野光南高等学校 青路 涼美さん AMERICA
岡山県立玉野光南高等学校出身 青路 涼美さん 留学先:アメリカ・フィンドリー大学
留学先のクラスでの記念写真。友達もたくさんできました クリスマスパーティーでは、遊びを通じて近隣の子どもとふれあいました

留学を経験して、積極的になれました

留学は第一言語が英語の国へ、と考えていました。大学でアメリカ英語を主に学んでいたこともあり、アメリカへの留学を決意。留学先では、おりがみの折り方を披露したり、現地で日本語を学んでいる学生に対して文化や芸術など、私が知っている日本の知識を伝えたりと、様々な人と交流することができました。帰国後は、周りの人から”前よりもずっと積極的になったね”と言われます。自分ではあまり自覚がありませんが、そういった反応があると嬉しいような、なんだかこそばゆい気持ちになりますね。


留学で学んでほしいのは”セルフマネジメントできる力”です

留学先では語学力を磨くことも大切ですが、それ以上に”積極性”と”自己管理力”を身につけてほしいと考えています。セルフマネジメントとは、自分で考えて計画を立て、自分の能力や時間をコントロールすること。目的意識を持ち、計画を実行するためにチャレンジする勇気を育てることも大切です。これらの力は、生きるための力。帰国後も必ず役立つと思いますよ。

乾 伊智朗 教授
国際協力機関JICAで35年間勤務。インフラ整備や災害復旧の後方支援など豊富な海外経験から、留学を控えた学生に事前の準備やリスクマネジメントの大切さを伝えています。

留学(スタディ・アブロード)留学先は18ヵ国23校。目的やスキルに合わせて学べます

留学先

充実した留学生活を送るために

留学期間は6週間~半年。長いようで、あっという間に過ぎてしまいます。外国語学部では留学の事前準備に半年もの時間をかけ、学生一人ひとりが自身の計画をじっくり吟味します。「何を目的とした留学なのか」を明確にし、留学先の情報収集をはじめ、事件・事故を未然に防ぐためのリスクマネジメントまで学びます。

インターンシップやボランティアも単位の対象に

充実した留学生活を送るために

海外で英語を使って活動することも単位として認められます。学園が安全と効果を確認したアメリカ、ドイツ、中国などの海外企業や団体から希望先を選び、インターンシップやボランティア、フィールドワークを経験し、コミュニケーション力と行動力を磨きましょう。

ページの先頭へ