2009 年 12 月 18 日

看護学科ブログ開設のお知らせ!

このたび、看護学科のブログを開設しました。
ホームページとは別に、学科での日々の出来事などをできるだけ頻繁にお伝えするとともに、学生・卒業生・教員間の情報の交換・共有の場としても活用できるようにしたいと思っています。
卒業生の皆さんにお願いです。このブログを見たら、ご意見・ご感想・近況報告等、何でも結構ですから、学科教員あてにメールをお送りください。原則として匿名扱いとし、個人が特定できないよう配慮します。
教員のメールアドレスがわからない場合は、tomiko@kiui.ac.jpまでお願いします。

看護学科長  田中 富子

2019 年 5 月 5 日

卒業生が遊びにきてくれました

卒業生が大学に遊びに来てくれました。

京都と岡山から、はるばる大学に来てくれました。

IMG_8864

ちょうど3年生の授業があったので、

実習を控えた3年生に激励の言葉をかけてくれました。

今、3年生は、

実習前の課題がたくさんあって大変ですね。

気持ちもよくわかってくれている先輩たちです。

大変だけど、頑張ったことは無駄にはならないと、

力強い言葉をかけてくれました。

就職したいま、実習を振り返ってみると、

対象者の方1人1人とじっくりかかわることができた実習を、

楽しかったと語ってくれました。
在校生からの質問で
「実習と就職してから、どちらが大変と感じますか?」

の答えは、

2人とも「就職してからです」

これには、全体からどよめきが!

(今よりもっと?!)と心の声が聞こえました!

「でも、そのぶん、楽しいこともたくさんあります!ぜひ頑張って下さい。待ってます!」

と、励ましてくれました。

また、元気な顔を見せてくださいね。

(O)

2019 年 5 月 1 日

高齢者疑似体験をしました

5月1日

ついに平成が終わりから令和へと変わりました。

令和はどのような時代となるのでしょうか。

令和の時代が終わるころは

どんな自分なのでしょう。

高齢者の気持ちを理解するため

そして、未来の自分を想像するため、

特殊なスーツを身にまとい、

タイムスリップしてみましょう。

さて、先日、老年看護学の授業の中で、

3年生が高齢者疑似体験を行いました。

80歳代になった世界を体験できるスーツや、

片麻痺を体験できるスーツを身につけ、

大学内で階段、エレベーター、買い物などを実際にしてみました。

58602910_2204525722990033_7114170738034081792_n

「この姿勢だけでもつらい…」

58883115_2204525806323358_2539871198737596416_n

↑右半身の麻痺の体験スーツに、

更に白内障や視野狭窄が体験できる眼鏡をしています。

58763398_2204525749656697_6887491417942261760_n

59064505_2204526056323333_7153715919267561472_n

ドアを開けるのもやっと…

荷物を持っているとなおさら大変です。

58761478_2204525992990006_4103564848707665920_n

道路の横断も

危険がいっぱいです。

59267288_2204526089656663_7814273990947504128_n

階段も大変です。杖も荷物も持たないといけません。

見守りの人も、

どの位置に立つと

高齢者の方が安全に

そして安心して歩行できるかを考えながら、

援助します。

58608394_2204526116323327_3455251015824048128_n

59394661_2204526182989987_1125077274576551936_n

買い物も大変です。

特に、棚の下のほうにある商品は、

確認するのも、手に取るのも

一苦労です。

58643475_2204526156323323_870510336694812672_n

お会計も、お財布からお金をだそうと思うと、

指が思うように動かず出しにくい、

やっととり出せても硬貨の色がわかりにくい…

(後ろで人が待っているから早くしないと…)

と思うと余計に焦ります。

59069646_2204525896323349_4483799308444893184_n

ペットボトルも、思うように空きません。

介助の人は開けて差し上げることも大切な援助です。

しかし、

「できない」

と判断するまえに、

「何ができないか」

をまず考えて、

そして、

「どの部分に援助が必要か」

「どんな援助をすればできるようになるのか」

という視点が大切です。

今回の体験で、様々な視点から考えることができましたね。

これからの看護や、日々の生活にぜひこの体験を活かしていきましょう。

最後になりましたが、体験にご協力くださいました皆様有難うございました。

(O)

2019 年 4 月 27 日

大学見学

昨日4月26日(金)

高校生12名・引率教員2名の方々が

看護学科の説明を受けに来てくださいました。

とても熱心で質問も多くしっかりした生徒さん達でした。

写真は母子看護実習室での説明です。

DSC_0134

DSC_0135

わざわざ高梁まで、ありがとうございます。

また、来て下さい。

【担当教員】

2019 年 4 月 20 日

卒業生が遊びに来てくれました

IMG_8808

新学期になり、授業もはじまり、

あっという間にゴールデンウイークに突入ですね。

新しい環境に慣れてきたと同時に、

疲れも出ているかもしれません。

ホッとひといきですね。

さて、先日、卒業生が遊びにきてくれました。

急に吉備の学食が恋しくなったとのことで(鶏めしを食べたそうです!)

大学に来てくれて、研究室に顔を出してくれました。

ちょうど、1年生に話をする機会があったので、

急遽ですが、お話をしてもらいました。

IMG_8806

大学にやっと慣れ始めた1年生に、

大学での勉強がどのように臨床で役立っているかを、

体験を交えてお話してくれました。

1年生からの、「テスト勉強の仕方はどのようにしたらよいですか?」

などの質問にも答えてくれました。

看護師3年目で、リーダーなどの役割も担ったり、

看護学生に指導もしているそうです。

元気に頑張って活躍していました。

卒業後も学校に遊びに来てくれて、元気な姿が見えるのは、

私達もうれしいです。

また、顔をだしてくださいね♪

(O)

2019 年 4 月 20 日

統合看護演習Ⅰ

統合看護演習Ⅰ

2019年4月19日

看護学科4年生55人が高梁市医師会長 仲田永造医師から「高梁市における在宅医療の実際 その必要性と課題」について講義を受けました。先生の高梁市の在宅医療にかける熱意と看護職への期待を実感した授業でした。

2019 年 4 月 20 日

授業(統合看護演習)

4年生の授業 統合看護演習Ⅱ 4月19日は

岡山大学病院副看護部長 安藤弥生先生から

「急性期病院における退院調整」について講義をしていただきました。

DSC_0131

DSC_0132

3年次の病院・施設での実習を終えて

4年では在宅、統合実習があります。

今までの学びを統合していくことが大切ですね。

【教員】

2019 年 4 月 13 日

備中松山城

本日4月13日、看護学科の新入生は

1年生チューターとともに備中松山城に上りました。

DSC00806

城内の広場から景色を見る1年生

DSC00797

天守閣の鯱瓦

DSC00804

現城主、猫のさんじゅーろー とたわむれる1年生

DSC00805

全員で記念写真も撮りました。

(全員の承諾が得られなかったので少し加工しています)

800補正後

これから4年間、一緒に学びましょう!!!

筋肉痛にはきをつけて・・・

【1年生チューター】

2019 年 4 月 12 日

演習中です。

4月12日(金)

2年生は筋肉注射の演習です。

モデル人形に筋肉注射を実施しました。

DSC_0129

腕の筋肉(三角筋)に注射しました。

DSC_0130

初めて注射器を持ったので震えている学生もいました。

1年で習った滅菌操作や医療廃棄物の取り扱いの知識に加え

注射の知識が必要です。

これからも演習は続きます・・・

【基礎看護学担当教員】

2019 年 4 月 11 日

授業開始前

4月10日は雨でした。

学内の桜が散っています。

DSC_0125

駐車場の桜も散っています。

DSC_0127

雨の中、1年生は授業を受けています。(当然ですが・・・)

授業直前に激写?しました。

DSC_0126

早く高梁での生活に慣れて、自分のペースで学習できるとよいですね。

我々も一緒に学んでいきます!!

【1年生チューター】

2019 年 3 月 28 日

待っています。

本日、高梁は暖かく気温17度です。

大学内の桜の木も開花しました。

DSC_0122

DSC_0123

来週は、入学式!!

新入生の方々を迎えるべく、絶賛 準備中です。

4月2日は新入生オリエンテーション

4月4日は在校生オリエンテーション

入学式は4月3日です。

皆さんとあえる日を楽しみにしています。

【基礎看護学担当教員】