2018 年 3 月 2 日

実験動物の慰霊祭を行いました(研究施設の動物に感謝して)

吉備国際大学では保健福祉研究所という本格的な研究所があります。

この研究所は理学療法学科の学部生が卒業研究(ゼミ活動)や大学院生の研究(特別・特殊研究)などで自由に施設利用が可能です。その中にある細胞培養施設では、ヒトや動物の生きた細胞を用いて最先端の遺伝子関連の基礎的な研究などができます。

また、本格的な実験動物施設もあり、その施設は年間を通して温度と湿度は常に一定で、実験動物にとって快適な環境に保たれ、汚染のないクリーンな環境で飼育されています。そのため、この施設で得られて実験データーは信頼性が高く、一流の研究雑誌にも投稿出来る施設になっています。

毎年、大学では実習や研究でヒトに代わって実験を助けてくれた実験動物の慰霊祭を行います。命の尊さを踏まえて実験動物に感謝と畏敬(いけい)の念をもって、学長と動物実験に関わった学生や教員の全員が参列し、献花を行って合掌しています。

カテゴリー: お知らせ