2017 年 12 月 17 日

認知症サポーター養成講座

先週の金曜日は3年生さんが認知症サポーター養成講座をうけました。
2年生の座学で認知症の作業療法について学び
3年生の演習科目で、事例検討などしながら認知症者への対応を学習します。
P1020232

認知症者をサポートするとは、どういうことか学習し
P1020237P1020248P1020235

認知症者が生活場面で困っていらっしゃる事例をもとに、
認知症者への対応の知識・技術を検討していきました。
P1020253P1020249P1020258
国内の認知症者の人数の多さに驚き、生きていくとはどういうことか、家とは何かを考え
認知症者や家族の心理を確認し、認知症による生活障害への対応を検討していくと
「実際に経験した時に、うまく対応できるか少し不安」といった本音もありましたが、
「迷っても、自信なくても、対象者の自尊心を傷つけない対応が一番だ」と
最も大切なことを再確認していた学生さんや
「その人らしく生きていくことの支援は作業療法そのもの」と
対象者がその人らしく生きていくことを支援することが大切なのだと、より実感した
学生さんもいました。

受講後は、認知症サポーターの講義の受講終了証の代わりのサポーターがつける
オレンジリングをもらいまいました。
P1020262P1020263P1020264
P1020269

学生さんは、有意義な学習時間を過ごしてくれたようです。
まだ20歳を超えたばかりで、老いを実感することは難しいのかもしれませんが
金曜日の経験を心に留め置き、日常風景を改めて見てみてください。

週末の講義、お疲れ様でした!

2017 年 12 月 1 日

こんにちは、卒業生さん

先日は臨床1年目の卒業生さんの来校がありましたが
今日は、臨床4年目の卒業生さんが来てくださいました。
P1020192
臨床1年目は、自分のことに集中できる環境だったけど
臨床って、私的なこと落ち着いていないと集中できない
なって、思いました。と。
P1020191
経験を積んで、様々な役を経験し始める時期でしょうか?

今日は遠路はるばる、顔を見せに来て下さってありがとう。
元気な姿にホッとしました。
また、来てくださいね。

2017 年 12 月 1 日

昨日は評価学実習の実技試験でした

毎年この時期、2年生さんの実技試験があります。
今年は、昨日!評価学実習の実技試験がありました。
P1020187
授業担当の岩田先生を囲んで試験会場の設営準備の確認から始まります。
朝早くから教室に明かりがつき、緊張の面持ち多数!
個々人がまとめたノートや教科書を何度も確認しながら本番に臨みました。
P1020186
P1020185

随分早い時期から実技の自主練習を始めていたクラスです。
土曜日曜祝日も、学校が開いていると、声掛け合って練習をしていたクラスです。
皆さんの頑張り、気づいていましたよ。

合否発表はまた、ドキドキ緊張しますね。
良い結果だと良いですね。
次の実技試験も頑張りましょうね!

2017 年 11 月 27 日

臨床1年目

11月最終週に入りました。
皆さん、「元気」保ててますか?

先週の勤労感謝の日には、後輩の頑張りにエールを送りに?
今年卒業した19期生さんの来校がありました!
P1020166
優しい!!差し入れ持参です。
P1020168
男子もいます!
P1020169
去年の今頃は、国試勉強のドコソコをやっていた
もう直ぐ初ボーナス!何買おうかな
△△疾患って、教科書ではわかりづらいけど、臨床出たらすごくわかる
在学中は分からんかったけど、働き始めてみて、先生が頑張って働いていたことがわかった
〇〇、最近ヒマしてるらしいよ~(本当?じゃあ、今度声かけてみよう~)

                          などなど

楽しい話の合間に、臨床1年目ならではの素直な感想が聞かれました。
貴重な休日に、後輩のために来校ありがとう。
また、元気な顔を見せてくださいね。

2017 年 11 月 22 日

卒業アルバム撮影

今日は、卒業アルバムの作成の日です。
4年間のクラストの思い出を振り返りながら?
少し緊張しながら写真を撮りました!
クラス写真の撮影時には、その年の卒業生のカラーが
はっきり感じ取れます。
今年も新田写真館さんにお世話になっています。
P1020104
P1020112
ゼミ写真も撮影しました!
今年は、いつもお世話になっている新田さんとも記念写真を撮りました!
P1020135P1020141P1020082P1020140P1020156P1020148P1020152P1020162P1020164
この時は、毎年束の間の休息の時間です。
残りの学生生活も楽しんで&頑張ってくださいね。

2017 年 11 月 20 日

頑張っています4年生さん

金土日と大学院生さんの情熱に触れましたが、
今日月曜は4年生さんの頑張りに触発されています。
P1020019P1020024P1020025
P1020022P1020026P1020027
相棒化しつつある

 教科書
 好みの筆記用具
 ホワイトボード
 骨格標本
 電気ポット

卒業生さんは、懐かしい光景ではないでしょうか?
仲間と一緒に頑張りましょうね!

2017 年 11 月 20 日

大学院スクーリング2017秋

先週金曜日から3日間秋スクーリングがありました。
1日目は修士1年生の院生さんの研究計画発表でした。
P1010973P1010975P1010976
自身の研究疑問から研究課題を見出し、
研究課題を解決するためにどのような方法を選択するのか
「未知なる世界への挑戦」に立ち向かっていらっしゃいます。
2日目土曜日は修士2年生の院生さんの研究報告でした。
研究課題の解決に向け挑戦された結果の報告を受けました。
3日目は、聖隷クリストファー大学より田島明子教授をお招きし
ご講義いただきました。田島先生の研究のお話を伺いながら、
質的研究法について学びました。
P1020006P1020011P1020010
ご講義いただいた後は、院生さんからの質疑応答に列ができます。
P1020015
田島先生ご講義ありがとうございました。
P1020008
(撮影技術が低くてすみません。田島先生にご講義いただいたことのある卒業生さん!
田島先生、お元気でいらっしゃいましたよ!)

院生の皆様と次にお会いするのは年明けの冬のスクーリングの時ですね。
これから一層寒くなりますが、身も心も研究情熱で温めて次も元気でお会いしましょう!
お疲れ様でした!!

2017 年 11 月 19 日

第7回ロボットリハビリテーション・ケア研究大会

こんにちは。准教授の竹林です。表記の学会において、「脳卒中後上肢麻痺に対するロボット療法における療法士の役割」という題名でランチョンセミナーでお話をして来ました。学生のみなさんも仕事をはじめ、学会に参加されると経験すると思うのですが、その時々の話題となる発表を学会から配布されるお弁当を食べながら勉強するといったスタイルがランチョンセミナーです。

こういった枠組みでは、通常、ランチのお供となるような、少しカジュアルなプレゼンテーションや話題をいつも選択するのですが、今回は僕が尊敬する研究者の一人である国立障害者リハビリテーションセンター研究所運動機能系障害研究部神経筋機能障害研究室長でらっしゃる河島則天さんが座長をしてくださるということで、僕が今できる最高のプレゼンテーションを過去に実施した大規模無作為化比較試験をはじめ、多くの知見を含んだものを携え、臨みました。

かなり、マニアックなお話をしましたが、会場では白髪の老医師が一人席を立たれただけで(ランチョンセミナーは弁当食べて、話を聞かずに出て行く人が多いのです)、多くの方にご興味をいただいたと感じました。また、河島さんから、これまでの成果については、「日本のロボットリハビリテーション創生においてお手本となる手続き」とお褒めをいただけ、ホッとしています。また、今後の研究についても、ご示唆とお力をお貸しいただける可能性もいただき、収穫の多い週末となりました。

2017 年 11 月 15 日

JICAの「草の根技術協力事業」に採択されました

この度JICA(独立行政法人 国際協力機構)の「草の根技術協力事業」に、
本学科の 服部俊夫教授と外国語学部 橋本由紀子教授らの関わる事業の
「インド国マハラシュトラ州のHIV感染多剤耐性結核(HIV/MDR-TB)の
治療成績の改善と感染拡大阻止を目的とする当事者参加型インターベンション」
が採択されました!

では、服部先生にお話を伺いたいと思います。
**************************************
東南アジア・インドのエイズ・結核問題を考えよう

インドの結核患者数は世界で最大です。結核患者の5%近くがエイズの原因ウイルス
HIVに感染しています。が効かない多剤耐性結核も増えています。このようなエイズ
・結核の広がりはインドではなく、アジア各国に共通にみられる公衆衛生上の大きな
問題です。吉備国際大学は岡山市の姉妹都市であるPune市の大学と長期間交流をし
ています。Pune市はインドでエイズ・結核の一番多い、マハラシュトラ州の州都所在
地で、そのPune市にインドの国立エイズ研究所(NARI)があります。NARIは、今ま
でに別々に診療していたエイズ患者と結核患者を統合して一緒に診療する体制をつく
りました。しかし患者数が多く、またエイズ・結核は通常の結核と異なり、診断も治療
も困難なことがあります。それらの難しい仕事をされているインドの診療に関わる専門
家と相談し、よりよい体制を作る作業に吉備国際大学が協力する事業をJICAとともに行
います。これらの努力はインドだけではなく広く東南アジア全体に必要なことになって
きています。

2017 年 11 月 11 日

新しい論文が採択されました

どうもこんにちは。准教授の竹林です。さて、この度、私たちが実施して研究が国際誌「Frontiers in Neurology」にアクセプトされたので、ご案内させていただきます。さて、国際雑誌の読む際に、その雑誌の学術的な価値を確認するために、その雑誌の被引用の程度を示すImpact Factor(IF)という値を確認することがよくあります。ちなみにこの雑誌は、IF=3.552という値です。

一般的に、作業療法(理学療法を含むリハビリテーション業界全般でも)において、IFが3点を超える雑誌は一流誌と呼ばれ、日本の作業療法士の中でもIF=3以上の雑誌に載せている作業療法士は数えるほどしかいません。ただ、実は吉備国際大学にはそのうちの数人がいらっしゃいます(京極先生、平尾先生、寺岡先生、他にもいらっしゃったらすいません)。

さて、大切な本研究の内容ですが、脳卒中後の麻痺手の治療であるCI療法の効力を高めるために経頭蓋直流電気刺激(transcrnial Direct Current Stimulation)という機器があります。また、先行研究ではその効果を延長するための手法として末梢電気刺激を併用することが提案されています。今回我々は、これら2つの機器をCI療法と併用し、通常のCI療法の約2倍の効果を無作為化比較試験を用いて、確認したというものです。

これは、世の中の片麻痺をていされた脳卒中の患者さんにおいて、「麻痺」を改善するための新たな手法であり、少しでも幸せになってもらえる方法かもしれません。私たち、研究者は「世の中を少しでもよくするために」研究をしています。そして、こういった新しい手法を学生さんに「教育」還元できるように、努力していきたいと思っています。ご興味があれば、以下から閲覧できますので、ぜひ。

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fneur.2017.00568/full