クライエントの作業と環境に焦点を当てる作業療法特有のアプローチは地域や施設で暮らす高齢者の生活を健康的で明るく活力あるものにします

当研究室では,作業療法の実践モデルである人間作業モデルや作業遂行と結び付きのカナダモデル,作業的存在としての人間を研究する作業科学などの考えを用いた高齢者へのアプローチを探求しています.現在は,在宅高齢者が満足した生活を送るために必要な環境を評価できる包括的環境要因調査票CEQを用いた介入効果や,軽度認知障害から正常状態への回復(リバート)を促進する作業療法アプローチに関する研究などに取り組んでいます(→研究室の取り組み).

作業とは,人が自分の環境の中で意味をもって行う全ての活動を指し,ADL・仕事・遊び(レジャー)・休息に分類されるものです.

ニュース・トピックスバックナンバー

2017/11/25 籔脇教授が愛知医療学院短期大学にて2月10日より開催される日本臨床作業療法学会主催「作業療法実践の質を高める研究法セミナー【アドバンスコース】」の企画と講師を担当します!
2017/11/16 籔脇教授と木田佳和さん(介護老人保健施設楢葉ときわ苑)が静岡医療科学専門大学校にて12月16日に開催される高齢期作業療法を考える会・作業療法臨床実践研究会特別企画の講師を担当します!
2017/10/15 籔脇教授が分担執筆を担当した「基礎作業学第3版(標準作業療法学専門分野)」が医学書院より発刊されました!
2017/10/04 籔脇教授が共著者となっている中村裕美さん(埼玉県立大学)の原著論文がBritish Journal of Occupational Therapyに採択されました!
2017/07/31 作業療法教育研究に籔脇教授が執筆した巻頭言「2018年問題とブランディング」が掲載されました!
2017/04/19 研究室メンバーにゼミ生4名が新たに加わりました!
2017/04/04 リンクMedical Finder株式会社シービーアールを追加しました!
2017/04/01 籔脇教授が分担執筆と動画撮影に協力した「作業療法を観る(DVD付)」がシービーアールより発刊されました!
2017/03/01 CEQとはにCEQ-SFと指示文を統一した第2.2版の見本を掲載しました!
2017/03/01 M2佐野さんの修士論文要旨を掲載しました!
2017/02/15 籔脇教授の原著論文「高齢者に適用する包括的環境支援地域連携クリニカルパスの開発-内容的妥当性の検討」が作業療法36巻1号に掲載されました!
2016/12/25 作業療法教育研究に籔脇教授が共同執筆した「教育方法論ワークショップ-コンピテンシー」が掲載されました!
2016/10/02 籔脇教授が日本作業療法教育研究会の理事に就任しました!
2016/09/15 籔脇教授が分担執筆を担当した「作業で結ぶマネジメント-作業療法士のための自分づくり・仲間づくり・組織づくり」が医学書院より発刊されました!
2016/04/15 CEQとはに第2版と簡易版の見本を掲載しました!
2016/04/01 当研究室の籔脇教授が吉備国際大学保健医療福祉学部の作業療法学科長に就任しました!
2016/03/19 東京工科大学蒲田キャンパスにて3月18・19日に開催された第3回日本臨床作業療法学会学術大会でM2中原さんが最優秀演題賞を受賞しました!
2016/03/13 岡山国際交流センターにて3月13日に開催された第28回岡山県作業療法学会で共同研究者の藤岡晃さんが学会長賞を受賞しました!
2016/03/09 生活環境のスクリーニング評価や調査研究に使用可能な包括的環境要因調査票簡易版CEQ-SFが発行されました!
2016/02/08 担当講義・演習(学部・大学院修士・博士課程・通信制大学院関係)を平成28年度の情報に更新しました!
2015/04/01 籔脇教授が平成27年度科学研究費助成事業の基盤研究Cに採択されました(研究課題名:地域在住統合失調症者の再発リスクを軽減する包括的環境支援評価システムの開発)!

アクセス

吉備国際大学へのアクセス

  • 岡山駅より備中高梁駅へ「特急やくも」で約30分
  • 備中高梁駅から徒歩約20分
  • 高梁バスセンターから市内循環バスに乗り,吉備国際大学前で下車
    所要時間約7分



    →大学の場所を確認
吉備国際大学へのアクセス

研究室の場所

キャンパスマップ

このページの最上部へ