クライエントの作業と環境に焦点を当てる作業療法特有のアプローチは地域や施設で暮らす高齢者の生活を健康的で明るく活力あるものにします

当研究室では,作業療法の実践モデルである人間作業モデルやカナダ作業遂行モデル,作業的存在としての人間を研究する作業科学などの考えを用いた高齢者へのアプローチを探求しています.現在は,在宅高齢者が満足した生活を送るために必要な環境を評価できる包括的環境要因調査票CEQを用いた研究や,要介護高齢者と家族介護者の共作業がQOLに及ぼす影響を明らかにする研究などに取り組んでいます(→研究室の取り組み).

作業とは,人が自分の環境の中で意味をもって行う全ての活動を指し,ADL・仕事・遊び(レジャー)・休息に分類されるものです.



ニュース・トピックスバックナンバー

2017/07/31 作業療法教育研究に籔脇教授が執筆した巻頭言「2018年問題とブランディング」が掲載されました!
2017/05/26 籔脇教授が砂川市地域交流センターゆうにて8月26日に開催される日本臨床作業療法学会講師派遣プログラム研修「作業に焦点を当てた実践家のための臨床研究セミナー」の講師を担当します!
2017/04/19 研究室メンバーにゼミ生4名が新たに加わりました!
2017/04/04 リンクMedical Finder株式会社シービーアールを追加しました!
2017/04/01 研究室メンバーに通信M1生1名が新たに加わりました!
2017/04/01 籔脇教授が分担執筆と動画撮影に協力した「作業療法を観る(DVD付)」がシービーアールより発刊されました!
2017/03/31 東京国際フォーラムにて9月22日より開催される第51回日本作業療法学会で籔脇教授と佐野さん(H28修士修了),共同研究者の伊藤竜司さんが発表(全てスペシャルセッション)します!
2017/03/01 CEQとはにCEQ-SFと指示文を統一した第2.2版の見本を掲載しました!
2017/03/01 M2佐野さんの修士論文要旨を掲載しました!
2017/02/15 籔脇教授の原著論文「高齢者に適用する包括的環境支援地域連携クリニカルパスの開発-内容的妥当性の検討」が作業療法36巻1号に掲載されました!
2016/12/25 作業療法教育研究に籔脇教授が共同執筆した「教育方法論ワークショップ-コンピテンシー」が掲載されました!
2016/10/02 籔脇教授が日本作業療法教育研究会の理事に就任しました!
2016/09/15 M2鈴木さんの修士論文要旨を掲載しました!
2016/09/15 籔脇教授が分担執筆を担当した「作業で結ぶマネジメント-作業療法士のための自分づくり・仲間づくり・組織づくり」が医学書院より発刊されました!
2016/06/03 平成25年度に修士課程を修了した鹿田さんの原著論文が作業療法ジャーナル50巻6号に掲載されました!
2016/05/09 平成24年度に修士課程を修了した田中(横山)さんの原著論文が作業行動研究19巻4号に掲載されました!
2016/04/15 CEQとはに第2版と簡易版の見本を掲載しました!
2016/04/15 リンクCenter for Innovative OT SolutionsOTDBASEKAKEN科学研究費助成事業データベースを追加しました!
2016/04/01 当研究室の籔脇教授が吉備国際大学保健医療福祉学部の作業療法学科長に就任しました!
2016/03/19 東京工科大学蒲田キャンパスにて3月18・19日に開催された第3回日本臨床作業療法学会学術大会でM2中原さんが最優秀演題賞を受賞しました!
2016/03/13 岡山国際交流センターにて3月13日に開催された第28回岡山県作業療法学会で共同研究者の藤岡晃さんが学会長賞を受賞しました!
2016/03/09 生活環境のスクリーニング評価や調査研究に使用可能な包括的環境要因調査票簡易版CEQ-SFが発行されました!
2016/02/08 担当講義・演習(学部・大学院修士・博士課程・通信制大学院関係)を平成28年度の情報に更新しました!
2015/10/15 籔脇教授の原著論文「60歳代の高齢者が描く人生の見通し-ナラティブスロープによる分析」が日本臨床作業療法研究2巻1号に掲載されました!
2015/04/01 籔脇教授が平成27年度科学研究費助成事業の基盤研究Cに採択されました(研究課題名:地域在住統合失調症者の再発リスクを軽減する包括的環境支援評価システムの開発)!

アクセス

吉備国際大学へのアクセス

  • 岡山駅より備中高梁駅へ「特急やくも」で約30分
  • 備中高梁駅から徒歩約20分
  • 高梁バスセンターから市内循環バスに乗り,吉備国際大学前で下車
    所要時間約7分



    →大学の場所を確認
吉備国際大学へのアクセス

研究室の場所

キャンパスマップ

このページの最上部へ