2015 年 2 月 5 日

自然豊かな大学の証拠 “その2-高梁の降雪”

高梁の自然を紹介するものをもうひとつ・・・・

      ・・・・・・・・・・・・・次は,高梁の降雪・・・・・・・・・・・・・
本学では,毎冬,2-3回は降雪があります。今年は最低気温の零下を記録する日数が昨冬ではないように思います。積雪はお目にかかれないかと思う12月入りでした。しかし,この2月立春を迎える前,1月30日は2回目の降雪になりました。
通勤で降りた8時過ぎの高梁駅は,道路にびちゃびちゃの雪が溜まり,市内循環バスはいつもより遅れて到着。きっと,高梁市内の降雪の多い地区を回ってきたせいでしょうか。
毎年,14号館6階の窓から,雪景色の高梁市内,キャンパス風景を撮影していますが,いつみても,雪景色は自然豊かで良いものに思えます。吉備国際大学ならではの,自然豊かな空気を味わうことができます。
都会の便利さも良いのでしょうが,大学生という時間のある時期に,地域色豊かな土地で落ち着いた4年間の暮らしを味わってみては如何でしょう・・・・・・・(記:ODA)

 img_1591 img_1592
  6階から見える高梁市内。すっかり雪景色になりました!(クリックして拡大)

   img_1593
    向かいの7号館から弓道場駐車場への上り坂
 img_1583
  吉備国際大学の看板と建物の壁が銀雪に生えて美しい!

          img_1588
 6号館前の駐車場。警備員の方が早朝から,しっかり除雪して,汗をかいたとか・・・・
 

カテゴリー: 話題 雑感