2017 年 6 月 7 日

森林学習のための事前講義をしました

経営社会学科の科目である「消費環境論」では,大量消費する社会の仕組みと課題に関する4テーマについて学んでいます。その一環で,地域の森林資源と生態系保護の観点から,里山保全についての講演と学外学習を取り入れています。
6月6日(火)には,学外講師を招いて講演を開催しました。これは,6月10日(土)に実施する「森林体験学習」の事前講義でもあります。

当日は,NPO法人・フォレストフォーピープル岡山の理事・小見山節夫氏を招いて,地域の生態系,里山の役割,森林等管理の重要性と方法などを学びました。
今年の受講生は全員留学生で,出身は中国とインドネシアです。日本の里山の自然に触れることは全くないだけでなく,都会出身者が多く,森林に触れた機会はないとのことでした。
今回の体験学習では,生態系の素晴らしさと管理の大切さを知って欲しいと思います。(講義担当:小田)

img_5052_mini1

img_5062_mini
****************************************************