2017 年 7 月 3 日

高梁川の歌集め

高梁川流域連盟、岡山県立大学COC+事業。「高梁川の歌プロジェクト」。高梁川の歌を作るために学生が歌詞集めのワークショップに参加しました。吉備国際大グループは井勝が引率して、経営社会学科3名、心理学科1名、作業療法学科1名の計5名が参加しました。、午前中は方谷園と高梁川・成羽川合流地点で耳と五感で自然を感じるサウンドウォークのワークショップをしました。ファシリテーターは大原美術館の大原理事長にしていただきました。午後は岡山県立大学に作陽大学、岡山県立大学、吉備国際大の学生が集まって言葉出しのワークショップ。ファシリテーターはだっぴの森分さんでした。

p1170784
吉備国大グループは高梁市中井町の方谷園でサウンドウォークをしました

p1170796 p1170814
各自がいろいろな音を感じ、五感で自然を体感し、言葉に表していきます

p1170807 p1170793
高梁市が生んだ偉人、山田方谷先生の墓所です

p1170820
2箇所目は高梁川と成羽川の合流地点でサウンドウォーク

p1170823 p1170853
広々とした河原でいろいろな音を感じました

p1170862 p1170871
午後は、岡山県立大学に移動して言葉出しのワークショップ。まずは、サウンドウォークの感想の共有です

p1170876 p1170884
だっぴの森分さんのファシリテーションでワークショップ。まずは、伝言ゲームでアイスブレイク

p1170891 p1170895
言葉出しのワークショップはうまくプログラムされていました

p1170901 p1170906

みなさん、次々とイメージが湧いてきます

p1170909 p1170919
沢山のイメージが出てきましたが、最後に気に入ったフレーズをグループで発表しました

p1170921 p1170926
他大学の学生との交流はとても良い経験になりました