2010 年 2 月 19 日

連載:高校生のための大学日記その4「学問の分野」

連載:散歩歩先生による高校生のための大学日記 その4「学問の分野」

 学問にはいろいろな分野がありますが,大きく分けると自然科学,社会科学と人文科学の3つに分けることができます。

 自然科学は,一定の方法により一般的な法則を導き出すことで,自然の成り立ちやあり方を理解し,説明・記述しようとする学問で,物理学,化学,生物学,天文学,数学などがあります。数学が自然科学にはいるかどうかは難しいところですが。

 杜会科学は,法や国家,政治,経済などの杜会的諸事象を科学的方法による観察・分析・考察を基にして,客観的法則性を把握し,各分野ごとの系統的認識を作り上げた学間で,経済学,法学,政治学,杜会学,経営学などがあります。

 人文科学は,人間・人為の所産を研究対象とする学問であり,またそれを可能にする人間の本性を研究する学問で,哲学,芸術,美学,心理学,教育学,言語学,文学などがあります。

 以前の大学の学部構成はこれらの学問分野で分かれており,学部名を見ただけで何を学ぶのかが分かりましたが,最近は,いろいろな学問分野が融合した学部も設置されるようになってきて,学部名を見ただけでは何を学ぶのか分からないときもあります。学部名だけで進学先を選ぶのではなく,開講されている授業の科目名や内容などを調べてみて(学部の名前が同じでも,開講されている科目は違うので,良く健闘した方が良いと思います),自分が本当に勉強したい分野を選ぶと良いと思います。

カテゴリー: 連載