2010 年 3 月 28 日

連載:高校生のための大学日記 その6「大学の時間割」

連載:散歩歩先生による高校生のための大学日記 その6「大学の時間割」 

 大学では,卒業するまでに取得しなければいけない単位数が決まっていますが,高校のように時間割は決まっていません。どの授業を受けたいのかを自分で決めて,自分の時間割を作る事になります。つまり,勉強しようと思えばどこまででも勉強できます。また,自分を高めようとすれば,いくらでもできます。

 文系の大学だと,卒業に必要な単位数は124単位が標準です。1科目2単位(1単位の科目もあります)ですから,62科目の単位を取得すれば卒業できます。多くの学生が3年間でほぼ単位を取得するので,単純に計算すると1年で21科目程度,半年で11科目程度受講することになります。1週間は5日ですから,1日平均2科目を受講すれば,3年で卒業単位を満たすことになります。なお,理系は実習や実験が多く,医療系や資格系は必修科目が多く,取得が必要な単位数も多いので,もっと授業は多くなります。

 もうおわかりだと思いますが,大学では授業以外の時間が沢山あります。その時間を何に使うかで,大学生活の質が変わってきます。もしかすると,人生まで変わってしまうかもしれません。

 充実した大学生活を自分で作り上げて下さい。

カテゴリー: 連載