2011 年 1 月 14 日

リサイクル

 1月14日に高梁市の廃棄物処理関連施設の視察に行ってきました。廃棄物処理は多くの自治体が課題をもっており苦労しています。最近,リサイクルが大切だといわれていますが,リサイクルだけでは問題は解決しません。今回の視察ではいろいろな課題を知ることができました。
 明日と明後日はセンター試験です。天候が心配ですがなんとか無事に終わることを願っています。受験生の皆さん,自分を信じて最善を尽くしてください。(H.I.)

cimg3429 cimg3428
高梁市ではプラスチックを分別してリサイクルに回していますが,汚れたプラスチックやプラスチック以外のゴミが混ざっているとリサイクルに回すことができません。そこで,手作業で分別した後リサイクルに回すことになります。この作業が非常に大変な作業となります。市民がきちんと分別していればこの作業はいらないのですが,正しい分別ができていないのが現状です。ゴミを出す人にはこの作業の大変さを知ってもらいたいものです。

cimg3425 cimg3431
空き缶は磁気選別でスチールとアルミに分けて圧縮します。金属類は比較的高く売れるのですが,売れるからといってリサイクルすれば良いというものではありません。やはり,空き缶がなくなるのが一番環境に良いことです。

cimg3426 cimg3432
ペットボトルはキャップを外して圧縮します。キャップを外すのは手作業です。これも大変な作業です。ところで,ペットボトルのラベルをはがさなくても良いということを知っていますか? 最近はリサイクル工場で自動ではがすことができるので,ラベルがついたままでも良いそうです

cimg3433 cimg3423
不燃ゴミも手作業で分別します。リサイクルできる金属などを取り除いた後,可燃部分は焼却炉で焼却します。それ以外は破砕して埋め立て処分をします。高梁市の埋め立て処分場も視察に行ってきました。

カテゴリー: レポート