2011 年 10 月 10 日

高梁の自然,『天神山』

抜けるような秋晴れの9日,高梁の秋を探しに,「天神山」に出かけてきました。

高梁市備中町で成羽町と境を接するところに,「天神山」があります。
天神山は鳥獣特別保護地区に指定され、野鳥の森整備等が行われているため,野鳥や、貴重な植物などが数多く見受けられるところです。
標高は778mで,中国自然歩道が整備されています。そこで今回,沢山の動物,植物に出会ったので,紹介します。山頂には,天満神社がまつられており,見事な大木(イヌシデとか)が迎えてくれました。
ここには,毎年,秋に訪れていますが,今年は例年になく沢山の種類のキノコ(名前の分かったものだけで9種類)に出会い,そして何と岡山県の鳥に指定されているキジの家族が道路沿いを歩いていく様子を撮ることができました。
吉備国際大学が位置する高梁市は本当に自然豊かな地域であることを再認識した一日でした。地域全体でこの豊かな自然を保護していることが大きいのではないかと思います。(記:J.O.)

dsc06278鳥獣保護地区の指定看板

dsc06279天満神社の境内。

dsc06263木々の間の自然遊歩道。

dsc06297キジが道路を歩いていた!

dsc06267dsc06274
クロカワ                   ドクベニタケ

dsc06288
dsc06287
オオワライタケ (毒)                ガマズミ

dsc06249dsc06240
ドングリ(左:熟したもの)

dsc06237dsc06252
アキノキリンソウ

dsc06244dsc06303
体長5cmくらいのカマドウマ       側溝から出てきたキジの雄

dsc06268dsc06256
コウモリタケ             アミタケ(食用,沢山収穫しました)

カテゴリー: 雑感