2012 年 4 月 20 日

毎年恒例の春の耕耘

大学近くの畑。後期は授業で使っていますが、前期は、圃場管理も兼ねて、学生サークル「青たんぼ」が使っています。気候も良くなり、今年も畑作業が始まりました。私が参加するのは、これで3回目です。

ie58588e7949f e7959de381a5e3818fe3828a                               菜の花畑を背景にI先生自ら耕運機で耕されます。苦土石灰を散布した後に畝づくり。なかなかの鍬使いです。

e882a5e69699e695a3e5b883 e3839ee383abe38381                    畝を作ったら、肥料まいて、ビニールを張って畝が完成です。

efbd8ee5909b e99b86e59088e58699e79c9f                                             さわやかに鍬を担ぐN君。  休憩中の集合写真。

e6b0b4e8b7afe68e83e999a4 e79fb3e59ea3e381a8e5b1b1                              もともと田んぼなので、排水のための水路の整備は欠かせません。右は、棚田の石垣と山々。山も5月になれば、新緑に彩られるでしょう。

me5909b se5909be38080efbd89e5909b                                            みなさんお疲れさん。             いつも仲良しのS君とI君。

さて、今年から、この圃場に、新兵器「ビニールハウス」が登場しました。少し前の写真ですが、桜を背景に一枚。その中では、4月初めに植えた苗が着々と育っています。

dsc_0842 e383ace382bfe382b9e88b97

これから、種まき、苗の定植と続いていきます。今年も「青たんぼ」は、色々と面白い取組みをしてくれそうです。また、追ってUPします。    (は)