2012 年 4 月 27 日

Myぶどう

明日からのゴールデンウィークを控え、「らしい」気候になってきました。今日は、高梁市宇治町にあるブドウ農園に学生らとお邪魔してきました。同農園には、大学の授業・実習等でも大変お世話になっています。ビニールハウスでは、ちょうど、房から不要な粒を除去する「粒間引き」の作業中でした。この「粒間引き」によって、収穫時のブドウの形・大きさが決まります。形・大きさは、出荷時の等級・価格に直接影響するので、間引きはとても重要な作業です。品種はピオーネです。

dsc_0836 dsc_0840                                         粒の付き方を見極めながら鋏を入れます。真剣です。学生ら(右二人)も指導を受けながら、体験させてもらいました。

dsc_0834 dsc_0839                                                まだ青いブドウ畑です。6月末から出荷だそうです。右は、私が間引いたブドウ。ご厚意で私の「Myぶどう」にして頂きました。今から成長が楽しみです。

(は)

カテゴリー: レポート