現在閲覧中のページホーム学部・学科国際環境経営学部 > 環境経営コース

 
 
資料請求入試案内
 

国際環境経営学部 環境経営学科 環境経営コース

 

中学・高校時代から社会科が好きで環境にも興味があったため、環境リスクマネジメント学科を選んだ山崎さん。入学当初は初めての一人暮らしに加えて、なかなか友達ができず、寂しくてよく泣いていたそうです。その頃の自分を振り返って「嫌な子でしたね、今から思うと。自分の悪いところが認められるようになってから少し変われたと思います。先生にもいろいろご心配をかけました。あの頃には戻りたくないですね(笑)」。と笑いながら話してくれました。先生方が親身になって相談にのってくださったり、講演会や勉強会への参加を勧めてくれたりしたおかげで、次第に周りともコミュニケーションがとれるようになり、イベントや勉強会で知り合った社会人や他大学の学生から直接学んだことは自分の大切な財産になっているそうです。

在学中は茶道部に在籍し、大学近くの「頼久寺」で遠州流の作法をご住職から直接習いました。頼久寺は小堀遠州作庭のお庭が有名な由緒正しいお寺です。「高梁市の大学に進学しなかったら、遠州流を習うこともなかったと思います。頼久寺のような歴史あるお寺でご住職から直接ご指導いただけたなんて贅沢ですよ~」。
卒業後は地元に帰って仕事をする予定。「車を買って、自宅から会社まで通うんです。不安も少しありますが、今までと違った生活が始まるのがとても楽しみです。最初は仕事を覚えるだけで精一杯だと思いますが、将来は大学で学んだ環境の知識が少しでも会社の役立てばと考えています。小売業が環境にかける負荷は大きいですからね」。と語る山崎さんはどこまでも明るく前向きで、これからどんな出会いや経験が彼女を待っているのか本当に楽しみです。

 
前のページに戻る

リンク