現在閲覧中のページホーム学部・学科国際環境経営学部 > 環境経営コース

 
 
資料請求入試案内
 

国際環境経営学部 環境経営学科 環境経営コース

 

韓国では国立公園指定地域に住んでいたため自然と環境に興味を持つようになった金さん。韓国の大学では日本語を勉強し、環境リスクマネジメント学科(現環境経営学科)の2年生に編入学しました。韓国の環境政策は日本をお手本にしているため、日本ですすんだ環境政策を学ぼうと思ったからです。しかし、実際に留学してみると、環境に関する基本的な知識もなく、大学で学んだ日本語では専門用語をカバーできず、来日当初は本当に大変だったそうです。授業についていけず、生活に慣れず、日本語で書くレポートや発表の機会が多かったため、心の負担がかなり大きかったと当時を振り返りながら話してくれました。しかし、優しい先生や友達たちの支えで、何とか日本語にも生活にも慣れ、自らもがんばった結果、2008年3月には無事卒業式を迎えることができました。

卒業後は、岡山市内の家電及び金属・非金属リサイクル事業を展開している会社に就職が決まっています。勉強してみると予想に反してリサイクルに関しては日本より韓国の方が優れている面が多かったそうですが、日本の会社に就職してもっと日本のことを知りたい、日本で学んだことを活かしたいと、日本での就職を決めました。日本の会社で経験を積んだ後は、韓国に帰国してリサイクル業界で働きたいと考えています。

 

言葉も分からず、必死でがんばった大学での3年間は、これからの金さんの人生のいろいろな場面でも彼女を支えてくれるでしょう。「ボランティア活動や、映画サークル、青たんぼの活動などがとても楽しかった」と笑顔で話す金さん。就職しても頑張ってくださいね。

前のページに戻る

リンク