現在閲覧中のページホーム学部・学科国際環境経営学部 > 環境経営学科

 
 
資料請求入試案内
 

国際環境経営学部 環境経営学科

学科からのお知らせ

2013年4月から環境経営学科は新設の社会科学部経営社会学科へ統合(2012年5月17日掲載)

教育目標

環境の基礎的知識に加え、現代社会の基盤となる経済学、法律、知的財産、IT、国際関係等の専門知識を幅広く学び、さらに、充実したキャリア開発科目により、人間関係の重要性を学び、問題解決能力と社会人としての良識と教養を備え、持続可能な社会の現実に向けて、我が国が取り組んでいる政策及び企業における環境経営に寄与できる人材を養成します。

学びのKEY WORD

  1. 4つのコース制によるわかりやすいカリキュラムと学びの広がり
    基礎科目を学んだ後、2年次からコース科目を選択して学びます。各コースには定員がなく、自分の好きなコースに進むことが可能です。また、コースを超えての履修も可能であり、個人の興味に合わせていろいろな科目を履修することができます。
  2. 充実したキャリア教育で高い就職率
    大学生活を有意義に過ごすための方法を学ぶ「エンカレッジ」教育に始まり、就職や大学院進学、さらにはキャリアアップの重要性などを認識するための「キャリア開発」、企業を実体験する「インターンシップ」、社会的能力を身につけるための「討論」、「プレゼンテーション」、「先輩に学ぶ」、「コミュニケーション能力」、「自己管理能力」、「問題解決能力」など、充実したキャリア教育を行います。また、学科とキャリアサポートセンターが一体となった就職支援体制が充実しています。
  3. きめ細やかな指導
    1年次から基礎演習を開講します。そこでは、ゼミ形式での演習が行われ、少人数によるきめ細やかな指導を行います。また、基礎演習担当教員は、勉学や生活などについてゼミ生の相談に乗っており、きめ細やかな指導体制ができているので安心です。
  4. 就職先は全企業
    環境や知財の知識は全企業が求めています。実践IT経営コースでは自己管理能力,問題解決能力,コミュニケーション能力,実践経営学など企業で行われる社員研修の内容を大学時代に学びます。コースを越えて履修が可能なので,企業人として必要な様々な能力を学ぶことができます。
  5. 経営人材を養成します
    本学科は理系ではありません。経営学系の学科です。理系の知識(科学技術)を効果的に使うのが経営学の仕事です。例えば,環境に関する技術があっても,その技術を社会の中で有効に使えなければ意味がありません。本学科では環境の知識,特許の知識などが使え,企業の中の企画・総務・営業などの部署で活躍できる人材を養成します。

リンク