2019 年 6 月 19 日

酒類製造施設の蔵開きを行いました(6/18)

2019年6月18日、
吉備国際大学・農学部・南あわじ志知キャンパスにて、
酒類製造施設の蔵開きに関する神事を行いました。

この行事は、
先日、弊学が酒類製造免許を交付された(*)ことにより、
弊学の酒造施設「自凝島蔵(おのころぐら)」での研究用酒類の製造が法律的に可能となったことを受けて行われたもので、
酒づくりの成功と研究の進展への願いが込められています。

 (*酒類製造免許交付式(5/23):2019 年 5 月 27 日)

自凝島神社(おのころ島神社、おのころじまじんじゃ)より宮司さまをお招きした他、
南あわじ市市長、淡路島島内の醸造関係者、報道各社等、
吉備国際大学の理事長、副理事長、学長、農学部長、醸造学科長、
醸造学科の教員・職員・大学生の約60名が参席しました。

当機関は大学であります。
発酵・醸造は科学の叡智の結晶であり、微生物学・酵素工学の神髄です。
したがって、私たちは学術的立場から酒類を製造し、研究します。

日本の酒づくりにおいて神事は重要ですが、
大学は宗教・政治とは切り離した位置にあり、
学術的見地から、社会へ貢献する立場にあることを強調いたします。

今後とも、
吉備国際大学・農学部・醸造学科を
何卒よろしくお願いいたします。

文責 M.H.

2019 年 6 月 18 日

6月13日 フィールド実習

今回のフィールド実習は、淡路島牧場さんの見学です。
淡路島牧場ホームページ <http://www.awajishima.or.jp/>

まずは、飼料に関して説明を受けました。
ウシの体調や搾乳量に合わせて、飼料の種類や配合を変えていくそうです。

見て、触って、

匂いをかいで…

食べて!?

続いて、乳搾り体験をしました。
お相手してくれたのは、つぶらな瞳のコスモスちゃんです。

みんなうまく搾れたかな?


IMG_2346

最後に、淡路島における酪農の歴史や現在の状況を教えていただきました。
ご協力いただき、ありがとうございました。

しめは、やっぱりこれだね。

”ばえる”といいね。

JM

2019 年 6 月 14 日

にくしやうにつき 弐之巻 水無月十四日

T君は待っています。
肉醤ができる日を。

バックナンバー:「にくしやうにつき 壱之巻 皐月二十日

1〜2週間に一回の頻度で確認し、仕込みからまもなく2ヶ月。
製造所のように、前回使った余りを使わず、一から始めているので、非常に時間がかかります。

酵素によるアミノカルボニル反応が起こり、褐変化(メイラード)が起こってきています。
上の方から反応が進んでいるようなので、酸素が関係しているものと思われます。

彼が参考にした資料では、4ヶ月でできるはずなので、あと1ヶ月半〜2ヶ月で最初の仕込みが完成予定です。
大学4年間で形にして、偉業となることを願いつつ、肉醤を寝かしつけます。
中間試食の感想は、、、まだ秘密です…!

今後は、反応の進行を加速させるために、以下に示すような方法を用いて、
プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)を添加する必要があるかもしれません。
・市販の麹菌を入手して追加する
・市販の酵素を入手して追加する
・新鮮な酵素を含む新鮮な畜肉を入手して追加する

新しい仕込みも、今週末から試みるようです!

さてさて、
この週末も、
前向きで建設的な議論が行われながら、
研究室は夕焼けに包まれていくのでした(梅雨)。

文責 M.H.

2019 年 6 月 14 日

パンづくり —メロンパン—

農学部の地域創成農学科・醸造学科の学生は、
メロンパンの試作を行いました。

前回米粉の食パンを作ったので、今回はメロンパンの試作に挑戦しました。
(バックナンバー:「パンづくり —米粉パン—」)

『パン作りに関してはプロ級の腕を持つ醸造学科2年・Hくんの指導のもと、
みんなで楽しく作ってみました』
と、指導にあたった醸造学科教員のS.F.先生は振り返ります。

一番の難関は、メロンパンの上部を覆う甘めの生地でした。
適切な固さにまで練り上げるのが大変だったそうです。

『焼き上がりの色もよく、今回も大成功でした!』

私もぜひ食べてみたかったです!(^ ^)

次回もどんなグルメに出会えるのでしょうか?
楽しみです!

文責 M.H.

2019 年 6 月 14 日

パンづくり —米粉パン—

農学部の地域創成農学科・醸造学科の学生は、
米粉パンの試作を行いました。

『「食の安全学」の講義の中で日本の食料自給率が38%と極めて低いこと、
みんなが一日にご飯をもう一口(17 g)食べてくれれば自給率を1%上げることができること、
そこで米の消費向上のため米粉パンの試作をしていることを紹介したところ、
地域創成農学科、醸造学科の1年生が米粉パンを作ってみたいと言ってきました』
と、指導に携わった醸造学科教員S.F.先生は話します。

『製パン調理器を使っての米粉パンですが、
小麦パンにはないもっちりとした食感で結構おいしくいただけました』

『すこしでもお米の消費が上がればと期待しています』
とのことです。

私もいただきました。
食べる前は餅をイメージしていましたが、
実際は割いた生地のパラパラ感と香ばしさとが絶妙でした。

風味は3つあり、プレーン味にはジャムのほか、なめらかな鶏レバーテリーヌ(醸造学科1年の手づくり!)とよく合いました。
個人的には、チョコ味と比べてもレーズン味がダントツで好みでした。

次もどんなグルメのご相伴に与ることができるのか、
いまからワクワクが止まりません!

文責M.H.

2019 年 6 月 10 日

キャンパス見学会(6/9)を開催しました

2019/06/09(日)
吉備国際大学で、キャンパス見学会が開催されました。
(参考:キャンパス見学会(5/19)を開催しました)

=====================

淡路島の南あわじ志知キャンパスでは、
農学部の地域創成農学科・醸造学科で以下のイベントが行われました。

・学部・学科の説明
・見学(生化学実験室・食品加工施設・醸造施設・植物工場)
・AO面談

=====================

吉備国際大学南あわじ志知キャンパスでは、
今後もキャンパス見学会・オープンキャンパスを開催予定です!

キャンパス見学会
・2019/11/16(土)(※「南あわじ志知キャンパス」のみ)
・2019/12/15(日)
・2020/02/09(日)

オープンキャンパス
・2019/07/14(日)
・2019/08/24(土)
・2019/09/22(日)

=====================

また、ご見学の希望がございましたら、以下までご連絡ください。
吉備国際大学 農学部 醸造学科
南あわじ志知キャンパス事務局
TEL: 0799-42-4700(代表)

=====================

あなたが望む学生生活を送り、将来の就職希望を叶えるため、
今後も、広く深く調べ、様々なイベントに参加してくださいね☆

あなたも、「吉備国際大学・南あわじ志知キャンパス」で青春の一ページを刻みませんか??

あなたのご訪問をお待ちいたしております。

文責M.H.

2019 年 6 月 9 日

見学:プラム食品株式会社

2019/05/13(月)、
吉備国際大学・農学部・醸造学科の大学生・教員は、
プラム食品株式会社
を見学しました。

●プラム食品株式会社
・和歌山県
・1969年(昭和44年)10月設立
・取扱商品:梅飲料、梅果実加工品、リキュール、果実酒
・委託加工

プラム食品株式会社は、新規事業として、蒸留酒「ジン」の生産をはじめるとのことです。
ジンづくりに関して、吉備国際大学が参加させていただける可能性があります。
そこで今回は、製造上重要な「蒸留装置」を中心として、施設・設備の見学を行いました。

蒸留装置は海外製で、ウイスキーの蒸留にも使用できるものです。
その特徴は、装置内部に銅製の板状パーツが使用されていることです。
銅は熱伝導がよく、また、ウイスキーの風味からトゲトゲしさを取り除くことができます。

以下は、プラム食品株式会社を実際に見学した大学生の声です。

ー 梅を保管するための冷蔵庫の大きさや、梅の加工に特化した設備の数々に驚きました。
ー また、今回の見学の中心であった「蒸留装置」の機能性や、
  それに関連したウイスキー・ジンについて教えていただいたことがとても面白く、
  蒸留酒の製造に興味を持つことができました。
ー もし、ジンの製造に参加させていただける際は、
  大学・大学生だからこそできることを精一杯させていただきたいと思います!

素晴らしい体験ができたそうで、
キラキラとした笑顔で嬉しそうに教えてくれました。

今後とも、がんばってくださいね☆

文責M.H.

2019 年 6 月 5 日

5月30日フィールド実習

今日もいい天気~~

先週皆さんが播種したイネの苗箱をプールに移しました。

これで毎日の水遣りする必要がなし。

そしてやっとピーマンとナスの苗が移植できる大きさになって、移植しました~~

皆さんはもう作業の説明要らず、移植のプロになりました(拍手)。

かぼちゃとスイカのつるが伸びていて、整枝を行いました。

盛野先生が説明して、子づるを3本まで残りました。

皆さん真剣に親づると子づるを区別しました~~

いい天気にまじめに知識を学んで、作業をしている子たちの顔が一番美しい~~

XC

2019 年 6 月 1 日

全国ハーブサミットin淡路島

6月1日、第26回全国ハーブサミットin淡路島で発表するために、淡路市のウェスティンホテルに行ってきました。

地元淡路島で「香」に関係する活動をされている企業や農家、学校が参加しています。

本学は、香り豊かなナルトオレンジの研究をしていると言うことで、ポスター発表に行ってきました。

会場のポスター風景です。

ナルトオレンジのポスターはこちら

本当はアイスクリームを持って行きたかったのですが、この暑さではすぐに溶けてしまうので断念

サミットでは、カレンデュラ(キンセンカ)や線香など様々な淡路島の特産品を作られている方とお話ができて非常に勉強になりました。

文責K.K.

2019 年 6 月 1 日

ナルトオレンジの種集め

5月31日

 生産農家にお邪魔して、落下した果実を集めに行ってきました。

何故、落ちた果実を集めているかと言うと、、

加工用ではなくて、研究で使用する種を集めるためです。

これから、種を取り出して発芽させる計画になっています。

ちゃんと、芽が出てくれると良いのですが、

文責K.K.