2018 年 10 月 5 日

学生がラジオ番組に登場しました

このたび、コープこうべの機関紙「きょうどう」の10月号・11月号・12月号の3回にわたって、農学部の学生による、コープこうべの商品を使った学生視点の新しいレシピを開発するという企画ページが掲載されます。これに関連して、レシピを考案した学生たちが、ラジオ関西の取材を受けました。

この模様は、10月2日(火)の午前8時45分から、ラジオ関西にて放送されました。
学生たちのインタビュー内容を要約したものをここに掲載させていただきます。
インタビューに登場してくれたのは、地域創成農学科2年Tさんと醸造学科1年Sさんです。

【インタビュー内容】
「Tさん」
今回、コープこうべの「うらごしかぼちゃ」を使ったレシピ開発しました。ハロウィーンパーティーで使える、親子で簡単に作れるレシピを考えました。
僕が開発したのは、カボチャのニョッキです。薄力粉とカボチャの分量で風味を消さない工夫をしました。将来は農家になりたいです。淡路島にある大学キャンパスの周辺には、玉ねぎ農家さんがたくさんあります。そこでアルバイトして、農業に関する勉強もしています。
大学では、狩猟サークルに入っています。サークルでは、獣害を抑えるために、農家さんから土地を借りて、農地に入ったイノシシやシカを捕獲しています。機関紙「きょうどう」をいろんな人に読んでもらって、このレシピを作って欲しいです。

「Sさん」
僕は、チーズケーキを考えました。生のカボチャは、調理に手間がかかりますが、この「うらごしかぼちゃ」は、加熱してうらごしされている製品なので、調理の手間が省けていいです。チーズケーキは、砂糖、薄力粉の分量を工夫しました。また、冷蔵庫で一晩寝かすと、さらにおいしくなります。このレシピは材料を入れて混ぜるだけなので、お子さんでもできる簡単なものです。
ポイントは、うらごしかぼちゃと生地を混ぜる時です。薄力粉のダマができやすいので、うらごしカボチャをしっかりほぐしておきましょう。

 

この時のインタビューの様子は下記アドレスの記事をご覧ください

http://kiui.jp/pc/gakka/nougaku/jouzou/blog/?p=313

カテゴリー: 学科活動