学科長挨拶

竹内 研スポーツ社会学科では、スポーツに関連した専門的な分野を幅広く学ぶことができます。

今やスポーツは、現代社会で生活する多くの人々にとって、人生を豊かに健康にするために非常に重要な役割を担うものとなっています。

スポーツが寄与する場としては、学校教育現場はもとより、競技スポーツの世界、地域スポーツの領域、さらには健康づくりにおいても欠かせないものです。

本学科では、保健体育教職免許を取得することができ、また健康づくりのための運動指導者資格である健康運動実践指導者および健康運動指導士の認定資格を取得できます。

その上で、各個人の志望により、サッカーの指導者としての専門性を深める、地域スポーツクラブなどのスポーツ組織の運営・マネジメントの専門性を高める、生活習慣病や介護予防等を目的とした運動指導の専門的能力を養う、などのコースを選択し、各々の専門性を生かした分野で活躍することを目指しています。

このページのTOPへ