News

ホーム>お知らせ>学内で外国人対応訓練を実施

2018/11/30

  • お知らせ

学内で外国人対応訓練を実施

11月27日(水)高梁キャンパスで、高梁警察署による「外国人対応訓練」が行われました。
これは、近年の来日外国人の増加に伴い、外国人の関連する事件事故も増加していることから、その対応能力を向上させることを目的に、高梁警察署から本学の外国人留学生へ協力依頼があったものです。

訓練は、交番への外国人の来訪を想定した対応訓練と外国人被害の事件発生を想定した初動捜査訓練の二つが行われ、5ヶ国(中国、韓国、インドネシア、ベトナム、タイ)5名の留学生が参加しました。
交番への外国人の来訪を想定した対応訓練では、外国人への地理案内や盗難被害の届出等の目的で交番に来訪したという想定で、外国人留学生が各母国語によって来訪者役を務めました。また初動捜査訓練では、110番通報により駆けつけた警察官が被害者役の外国人留学生から被害状況を聴取するなどの訓練が行われました。

これらの訓練は、今年4月、警察官が携帯する通信端末「PIT(ピット)(警察統合情報システム スマホ端末)」に新たに追加された外国語翻訳機能を使用して行われ、訓練終了後、各留学生が、それぞれの言語の独特な言い回しや分かりにくいところ等について感想を述べ、警察官による今後の外国人対応能力の向上に向けて参考にしていただくことが出来ました。

resize0344 resize0343 resize0345 resize0346

 

 

ページの先頭へ