News

ホーム>お知らせ>交通事故防止のための二輪運転実技指導を実施

2019/06/13

  • イベント

交通事故防止のための二輪運転実技指導を実施

最近、高齢者ドライバーによる重大な交通事故や若年者による自転車などの死亡事故といった社会的背景がある中、本学学生も少なからず事故に遭遇しており、こうしたことを少しでも減らせるよう、学生を対象に交通事故防止のための二輪の運転実技指導を、6月12日、高梁キャンパス内の駐車場を会場に、実施しました。

この日は、通学に原付やオートバイを使っている学生およそ40名が参加し、岡山県警高梁警察署交通課の白バイ隊員の実技指導を受けました。

隊員から、姿勢を正しく乗ることや肩掛バッグの危険性、路面状況が悪い際にはしっかり速度を落とす、といった注意点が説明されました。

なお、このたびの様子は山陽新聞にも動画付きニュースで掲載されていますので、ご覧ください。

山陽新聞(6月13日掲載)
「吉備国際大でバイク安全運転講習 学生が事故防止への意識高める」
https://www.sanyonews.jp/article/908483?rct=area_takahashi_nimi
resize0543

resize0544

resize0545

resize0542

ページの先頭へ