ホーム>トピックス>平成30年度入学宣誓式を挙行しました

Topics

2018Apr03

  • イベント

平成30年度入学宣誓式を挙行しました

今年は例年になく早咲きの桜が、新入生を歓迎するかのように満開に咲き誇った高梁キャンパスの順正学園第2体育館を会場に、4月3日(火)、平成30年度入学宣誓式を挙行しました。

順正高等看護福祉専門学校との合同で行われた入学宣誓式の会場では、新入生および保護者や来賓、そして教職員などおよそ1,100名が見守る中、順正学園 加計美也子 理事長によって、新設された「農学部醸造学科」の開設宣言が行われました。そして、眞山滋志(まやましげゆき)学長により、新入生512名の入学が許可されました。
その後、新入生代表による入学宣誓が、声高らかに体育館に響き渡ると、会場内からは盛大な拍手が沸き起こりました。

加計理事長は新入生に向かい、「良き師、良き友と巡り会い、素晴らしい青春の1ページを開いてください」と語りました。
こうして本年も多くの学生がここに集まり、それぞれの夢へと向かって第一歩をスタートしました。

なお、会場となった順正学園第2体育館のステージ両脇には、聴覚に障害がある方のための情報保障として、学生ボランティアと一般の要約筆記者の支援を得て、パソコンによる文字通訳(要約筆記)の全体投影が、スクリーンを用いて行われました。例年行われているこうした情報保障の取り組みも、聴覚に障害のある学生でも不自由なく本学で学べるようにと、外国語学部 佐藤教授の指導の下で、学生らがノートテイクの取り組みを実施している本学ならではの光景となっています。

resize0007

resize0008

resize0009

resize0010

resize0011

resize0012

ページの先頭へ