ホーム>トピックス>「学生便利手帳・留学生生活支援物品」贈呈式が行われました

Topics

2018Apr27

  • イベント

「学生便利手帳・留学生生活支援物品」贈呈式が行われました

学生たちの高梁市での新生活を少しでも応援できればと、高梁商工会議所を中心とした市民の皆様で構成されている「高梁学生応援協力会」による「学生便利手帳」と「留学生生活支援物品」の贈呈式が、4月27日、高梁キャンパス国際交流会館を会場に、行われました。

今回で、便利手帳は11回目、留学生生活支援物品は21回目となる贈呈となりました。この日行われた贈呈式には、高梁商工会議所 藤岡会頭や高梁学生応援協力会 田中会長、順正学園 加計理事長や学生の代表など約30名が出席しました。

式の中で、藤岡会頭は、「便利手帳や生活支援物品をご活用いただき、1日でも早く新生活に慣れて、大学生活を有意義に送ってください」と挨拶。また順正学園を代表し加計理事長は「これら物品を有効に活用させていただきます。市民の皆様には大変お世話になっており、感謝を申し上げます。教育を通じて、地域と社会に協力していきます。」と応えました。

留学生を代表し挨拶した経営社会学科1年 王さんは「皆様の温かいお心遣いに応え、勉学に励みます。母国と高梁との懸け橋になりたいと思っています。」と述べました。

また贈呈式終了後は、市民と教職員、学生たちによる交流会が行われ、地元特産の備中牛によるバーベキューがふるまわれ、学生たちはそのおいしさに舌鼓を打っていました。

 

resize0022 resize0023 resize0024 resize0025

ページの先頭へ