入試案内

ホーム>入試案内>社会人学生募集要項

社会人学生募集要項

募集要項(平成30年度)

社会人入学試験は、企業に在職されている方、離職された方、主婦の方等を対象として、本学において4年間勉学しようと考えておられる意欲のある方を募集いたします。
書類審査と小論文及び面接を通じて、適正・能力・目的意識等を多面的に評価する試験です。


【1】募集対象学部・学科及び募集定員

学部 学科 募集定員
社会科学部 経営社会学科
スポーツ社会学科
各学科2名 ※
保健医療福祉学部 ※ 社会福祉学科
心理学部 心理学科
子ども発達教育学科
アニメーション文化学部 アニメーション文化学科
農学部 ※(1) 地域創成農学科
醸造学科 ※(2)
外国語学部 外国学科

※(1) 平成30年4月、地域創成農学部から名称変更。
※(2) 平成30年4月より新設。
※ 募集定員は、関連校、帰国子女と合わせた人数です。
※ 保健医療福祉学部は、社会福祉学科のみの募集。


【2】出願資格

2018年4月1日現在で、満23歳に達し、社会人の経験を5年以上有する者で、次のいずれかに該当する者。

  1. 2013年3月31日以前に高等学校を卒業した者。
    ただし、定時制または通信制課程の高等学校については、卒業が2013年4月1日以降から2018年3月31日までに卒業見込みの者を含む。
  2. 高等学校卒業程度認定(大学入学資格検定)試験に合格(2018年3月までにこれに該当する見込みの者を含む)した者。

【3】選考方法

選考方法 時間 配点 備考
小論文 60分 100点 600字所定用紙
面接 10分程度   個人
書類審査     出願書類一式

【4】募集日程及び入試会場

出願期間(消印有効) 試験日 合格発表日 入学手続締切日
一次 二次
2017年10月12日(木)~11月 2日(木) 2017年11月11日(土) 2017年11月20日(月) 2017年12月15日(金) 2018年2月9日(金)

試験時間割
集合 9:30
注意事項伝達 9:30~9:40
小論文 9:45~10:45
面接 11:00~

試験会場
志望学部 試験会場 所在地
社会科学部
保健医療福祉学部
心理学部
アニメーション文化学部
高梁キャンパス 岡山県高梁市伊賀町8
農学部 南あわじ志知キャンパス 兵庫県南あわじ市志知佐礼尾370-1
外国語学部 岡山キャンパス 岡山県岡山市北区奥田西町5-5

※入試会場案内図はこちらをご参照下さい


【5】出願書類

1~2は本学所定用紙
  1. 入学願書
  2. 志望理由・経歴書
  3. 健康診断書(発行日から3ヶ月以内の診断書。診断書の様式は医療機関が発行するもので可。視力・聴力・エックス線検査・結核およびその他疾病、異常等について作成したもの。)
  4. 最終学校の卒業証明書または卒業見込証明書
  5. 返信用宛名シール(2枚1組)
  6. 入学検定料30,000円(銀行振込)

【6】合格発表・入学手続等

(1)合格発表

合否については、受験者全員に郵送で通知します。

(2)入学手続き及び期限

合格者には、合格通知とともに「入学手続の手引」を送付するので、熟読し指定の期日までに手続きを完了してください。
期日までに手続きを完了しない場合は、入学辞退として取り扱います。


  1. 入学金及び学費の納入
    一次手続 入学金を12月15日(金)までに納入
    二次手続 学費(春学期納入金額の合計額)を2月9日(金)までに納入
    ※学費の後期分は、入学後の10月末日に口座振替による引き落としの予定です。
  2. 提出書類
    手続き完了後、下記の書類を提出してください(「入学の案内」参照)
    • 誓約書(本学所定用紙)
    • 最終学校の卒業証明書 1通(卒業見込証明書を出願時に提出している方のみ)
    • 写真 1枚

  3. 学費(2018年度)はこちらのページをご参照下さい

【7】その他注意事項

(1)入学辞退について

入学を辞退する場合、学費納入などの入学手続きの有無に関係なく入試広報室に文書連絡または電話連絡をして下さい。


【8】個人情報の取り扱いについて

本学では、資料請求や出願書類などにより得た「個人情報」を入学試験の合格発表の資料として利用することは当然ですが、合格者への入学手続きに関連した案内発送などにも利用させていただきます。また、不合格者ならびに入学辞退の「個人情報」は、一定期間保管・管理した後に適切に削除いたします。

なお、本学を運営する順正学園では、各設置校が保有する「個人情報」の適正な収集、利用、管理、保護を目的とする「順正学園個人情報保護規程」を法律施行と同時に制定し、個人情報の保護に努めております。

ページの先頭へ