科学的な論拠をもって行動する

高度専門家への新たな一歩を!

髙橋 睦子変化の激しい現代において、人が人として安心して生活するためには、家族、地域社会、専門職ら多方面とのつながりが不可欠です。専門職は、適切な支援を行い自立を可能にする生活環境を整えるために、福祉、保健、医療、教育など個別の専門領域の壁をこえて連携・調整の技能が求められるようになりました。

通信制の本研究科は、現場実践での問題意識を原動力にさらに専門技能の研鑽をめざそうとする方々への高度専門職教育の機会を提供し、これまでに多くの修了生を輩出してきました。福祉や近接領域(保健、看護、助産、教育など)での現場経験を活かしながら、本研究科で理論、研究法、専門的知見を修得することで、経験則のみならず科学的な論拠をもって課題解決・改革提言ができる人材となれるよう新たな飛躍を目指されることを期待します。

社会福祉学研究科長 髙橋 睦子

 

教育目標

地域における高齢者,障害者および児童に対する福祉的対応は,ますます複雑多様化しつつあり,ソーシャルワーカーの養成もますますその重要性を増している。本研究科修士課程の目的は,こうした状況に対処すべく,通信制の利点を生かして地域的,時間的制約を排除し,福祉従事者のリカレント教育,高度専門職業人の育成,さらには博士後期課程への進学をも視野に入れて教育を行うことにある。
社会福祉学の特徴は,一口で言うと応用実践科学と言える。具体的な実践には理論的裏付けがなければならない。そのために,理論と実践の相互関係に視座をおいて,自らの興味・関心のあるテーマについて研究を進める。修士課程における研究は,例えば,福祉現場における現実的な問題を明らかにし,その解決を図ろうとする現実課題解決型アプローチが主であるが,その他にも,最新の理論や方法論を駆使して新規な課題を掘り起こし解明する新規課題発掘型アプローチや,既存の枠組みにとらわれずに他の研究分野との協同・融合を図り新しい学際的研究に挑戦するパイオニア型アプローチがある。
こうした多様な研究テーマやアプローチに応えるべく,本研究科では伝統的な社会福祉分野(福祉臨床系)の授業科目に加えて,国際福祉や福祉政策系の授業科目も設け,それらを担当する専門性の高い教師陣を揃えている。

 

研究科の特色

専門職教育の機会を提供し、これまでに多くの修了生を輩出

福祉や近接領域での現場経験を活かしながら、本研究科で理論、研究法、専門的知見を修得することで、経験則のみならず科学的な論拠をもって課題解決・改革提言ができるリーダーとなれるよう新たな飛躍を目指されることを期待します。

本研究科は、系列大学・九州保健福祉大学と合同による(通信制)連合社会福祉学研究科博士(後期)課程を設置しています。
 

スクーリングは、岡山市内にあるキャンパスで毎年6 日間(春期、夏期、冬期各2 日)2 年間で合計12 日対面指導等を実施
必要に応じて個別の出張指導も実施し、修士号取得に向けてきめ細やかに学修をサポート
系列大学・九州保健福祉大学と合同による(通信制)連合社会福祉学研究科博士(後期)課程を設置

 

3つのポリシー

学位授与方針(ディプロマポリシー) 社会福祉学の最新の研究知見に習熟し,多様化する生活問題やケアの課題を的確に精査するための分析力と高度な専門性,問題解決や状況改善に向けての提言力と実践力を修得した人に対して修士(社会福祉学)の学位を授与します。
教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー) 本研究科のカリキュラムは,理論と実践のバランスを重視しています。理論編は,社会福祉原論,ソーシャルワーク理論および社会福祉政策論から成り,実践編は各種の専門領域(子ども,高齢者,障がい児者,コミュニティ福祉など)をカバーします。オリエンテーションでの導入レクチャーやスクーリングでの研究法サポートレクチャーによって,社会福祉以外の近接領域からの入学者も社会福祉の基礎を確実に修得できるよう配慮しています。
学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー) 福祉・保健・看護・教育など各自の専門分野の境界を越えて,人が人らしく暮らせるための支援やケアのありかたについて,社会福祉学の視座からさらなる理解を深め,高度な実践力を修得しようとする人です。

 

教員一覧

職名 教員氏名 専門・研究分野
研究科長/教授 髙橋 睦子(たかはし むつこ) 福祉政策論、社会的公正、暴力の複合要因の分析
教授 石田 敦(いしだ あつし) ソーシャルワーク論(特にソーシャルワーク面接、ソーシャルワーク論理)
ソーシャルワーク・スーパービジョン
教授 佐藤 匡(さとう ただし) 情報学、情報セキュリティ、情報保障
教授 橋本 由紀子(はしもと ゆきこ) 国際社会福祉・人間開発と生活の質・途上国のNGOと住民参加・社会起業・インドのソーシャルワーク・インドの企業の社会貢献(CSR)研究
教授 横山 奈緒枝(よこやま なおえ) 成年後見制度と権利擁護、老いの捉え方と高齢者ソーシャルワーク、社会福祉専門職の連携力、社会福祉援助技術、ソーシャルワーク専門教育過程と実習教育
准教授 岡崎 幸友(おかざき ゆきとも) 倫理学
准教授 黒宮 亜希子(くろみや あきこ) 福祉社会学(社会学的なアプローチによる地域コミュニティの研究)
非常勤講師 中山 哲哉(なかやま てつや) 子ども家庭福祉(特に母子(青年期を含む)の心理・発達臨床)

 

カリキュラム・担当教員

授業科目名 講義内容 授業

形態

配当

年次

単位数 必修選択 職名 担当者氏名
社会福祉学特論Ⅰ 社会福祉学原論 T 1・2 教授 髙橋 睦子
社会福祉学特論Ⅱ ソーシャルワーク論 T 1・2 教授 石田 敦
社会福祉学特論Ⅲ 児童福祉論 T 1・2 非常勤講師 中山 哲哉
社会福祉学特論Ⅳ 高齢者福祉論 T 1・2 教授 横山 奈緒枝
社会福祉学特論Ⅴ 障害者福祉論 T 1・2 准教授 岡崎 幸友
社会福祉学特論Ⅵ コミュニティ福祉論 T 1・2 准教授 黒宮 亜希子
社会福祉学特論Ⅶ 国際福祉論 T 1・2 教授 橋本 由紀子
社会福祉学特論Ⅷ 精神保健福祉論 T 1・2 不開講
社会福祉学特論Ⅸ 社会福祉研究法 T 1・2 非常勤講師 中山 哲哉
社会福祉学特論Ⅹ 社会福祉政策論 T 1・2 教授 髙橋 睦子
社会福祉学特論Ⅺ 統計基礎 T 1・2 教授 佐藤 匡
社会福祉学演習 演習 TS 1~2 教授
教授
教授
教授
教授
准教授
准教授
石田 敦※
髙橋 睦子※
橋本 由紀子※
横山 奈緒枝※
佐藤 匡
岡崎 幸友
黒宮 亜希子※

T=印刷授業科目  TS=印刷授業と面接授業の複合科目

◎=必修授業科目  ○=選択授業科目  ※=論文指導教員

修了要件

必修1科目6単位,選択6科目24単位以上を修得し,かつ必要な研究指導を受けた上,修士論文の審査に合格すること。

 

行事予定表

日付 行事
1年次生 2年次生
3月26日(日) オリエンテーション・履修指導
3月31日(金) 履修登録受付締切
4月3日(日) 入学式
4月3日(月) 履修登録受付締切
5月13日(土)~14日(日) 春期スクーリング「社会福祉学演習」(岡山駅前キャンパス)
研究テーマ討論(13日) 修士論文1次中間発表(14日)
6月30日(金) 第1回課題レポート受付締切(当日必着)
9月2日(土)~3日(日) 夏期スクーリング「社会福祉学演習」(岡山駅前キャンパス)
研究構想発表(2日) 修士論文2次中間発表(3日)
9月30日(土) 第2回課題レポート受付締切(当日必着)
12月10日(日) 第3回課題レポート受付締切(当日必着)
1月5日(金) 修士論文提出締切(当日必着)
1月20日(土)~21日(日) 冬期スクーリング「社会福祉学演習」(岡山駅前キャンパス)
科目修了試験(20日)
研究計画発表(21日)
科目修了試験(20日)
修士論文最終発表・口頭試問(21日)
3月13日(火) 成績表送付
3月22日(木) 学位記授与式

※締切日についてはすべて教務部通信教育事務課必着

 

スクーリング日程・会場

「社会福祉学演習」を毎年6日間(春期2日・夏期2日・冬期2日)、2年間で合計12日のスクーリングを吉備国際大学 岡山駅前キャンパスで実施しています。

日付 科目名 会場
5月13日(土)
5月14日(日)
社会福祉学演習 吉備国際大学 岡山駅前キャンパス
9月2日(土)
9月3日(日)
社会福祉学演習 吉備国際大学 岡山駅前キャンパス
1月20日(土)
1月21日(日)
社会福祉学演習/科目修了試験 吉備国際大学 岡山駅前キャンパス

 

入試案内

 

出願に際して

出願前に研究指導を志願する教員と連絡を取り、研究内容について相談してください。
志望する教員が不明の場合も事前にご連絡ください。
また、出願資格に疑義のある方も早めにご相談ください。

連絡先 吉備国際大学 入試広報室

〒700-0022 岡山県岡山市北区岩田町2-5
TEL 086-231-3600  
E-mail:koho@kiui.ac.jp

 

WEB入学相談

社会福祉学研究科(通信制、通学制どちらでも可)では、受験資格、研究テーマ・指導教員、学修のすすめ方、スクーリングなど、通信教育を始めるにあたってのご質問に本研究科の教員が直接お答えいたします。

※相談内容とそれに関わるすべての情報については守秘いたします。安心してご相談ください。

 

社会福祉学研究科公式Facebook

 

学生募集要項