2月3日(土) 第2回 特別講演会を開催します。(知的財産学研究科主催)

知的財産学研究科では、知財についての特別講演会をスクーリング会場である岡山会場と東京会場をTV会議システムでつないで開催いたします。知的財産に関する特別講演会をスクーリング会場である岡山会場と東京会場をTV会議システムでつないで開催いたします。講演会終了後、研究科長が研究科概要を説明いたします。

特別講座聴講をご希望の方は、1月24日(水)19時までに電子メール(tsushin@kiui.ac.jp)又は電話(℡0866-22-3654)にて お申込みください。

日  時: 平成30年2月3日(土)13:30~16:30
場  所: 岡山会場 吉備国際大学岡山駅前キャンパス(岡山市北区岩田町2-5
東京会場 キャンパス・イノベーションセンター(港区芝浦3-3-6
*岡山会場と東京会場をTV会議システムを利用して配信
内     容: (13:30~15:25)講演会・質疑応答
   ・演題 「作成者の個性が発揮されているか否かを検討すべきであるとした知財高裁判決」
                 ―(平27 年「幼児用椅子事件」)後の応用美術の著作物性の判断基準―
           生駒 正文 教授 (岡山会場から配信)
   ・演題 「AI社会と知的財産」
         谷口 由記 教授 (岡山会場から配信)
(15:35~16:30)研究科概要説明・質疑応答
申込方法: 氏名(フリガナ)・当日の連絡先・参加会場(岡山・東京)
メールの件名は「2月3日特別講演会開催」としてください。
備  考: 会場スペースの都合上、お申し込みは先着順とさせていただきます。