「地域研究特論Ⅰ・Ⅱ」スクーリングを実施しました。(7/7)

連合国際協力研究科は、7月7日(日)にスクーリング(午前は「地域研究特論Ⅱ」、午後は「地域研究特論Ⅰ」)を実施しました。

午前は岡山駅前キャンパス、午後は岡山駅前キャンパスと東京田町のサテライトキャンパスをビデオ会議システムで接続して繋いで実施しました。これらの科目はいずれも実習科目です。

「地域研究特論Ⅱ」のスクーリングは院生2名が参加しました。両名はこの日までにインターンシップ受入れ先と打合せをし、活動計画をまとめてきました。その活動計画をPPTスライドで発表してもらいました。その後、この活動計画と修士論文に向けた研究計画との有機的関係構築につき議論をしました。インターンシップの成果が何らかの形で修士論文に反映されることを期待したい。

「地域研究特論Ⅰ」のスクーリングには院生2名が参加しました。岡山県新見市の公設国際貢献大学校でのインターンシップ事前指導、国際協力,地域貢献においてその現場で活動する際に起こりうる問題について各院生が発表し、討議しました。

(注)地域研究特論Ⅱは本年度入学生より、実習中心の内容から、テキスト科目として、地域開発課題を研究する内容に変更しました。

921992209221