現在閲覧中のページホーム通信教育 > 保健科学研究科(作業療法学専攻)

 
 
資料請求入試案内
 

大学院(通信制) 保健科学研究科

教育目標

 作業療法士が活躍する場は,医療ならびに保健福祉分野の各領域に渡る非常に広範なものとなり,且つ高度化・専門分化が進んできています。21世紀の保健科学領域において要求されているエビデンスに係わる諸問題の解決を促進させるために,臨床現場で抱える問題や疑問を研究に結びつける思考や技術を養う必要があると考えています。

 通信制大学院は,入学生の多くが医療や保健福祉分野で臨床に従事する作業療法士であり,研究デザインや研究手続きに関する確かな知識と技術を教授することにより,臨床に根ざした優れた研究成果を生み出していく事が期待されています。こうした観点により,大学院(通信制)保健科学研究科作業療法学専攻では,保健科学領域において作業療法学の学術的発展を担う教育研究者,ならびに様々な理論的背景を作業療法実践に還元する指導的役割を担う,高度専門職としての作業療法士の養成を目的としています。また,その基盤の上に,「理論に基づいた作業療法実践(Theory Based Occupational Therapy)」を基本的理念として掲げ,臨床現場で抱える諸問題を解決するための,様々な理論的背景の理解・発展・臨床応用の教授を目指した教育課程を編成しています。


保健科学研究科紹介チラシ(PDFファイル / 1.61MB)