2014 年 7 月 12 日

ゼミ紹介

現在、生活習慣病に関心が集まっています。高血圧症、糖尿病、脂質異常症などです。これら疾患に対して食事療法、運動療法、薬物療法などが行われています。しかし、理学療法士がこれら疾患の治療にかかわれないかと考え、下肢温熱療法による病態の変動を検討しました。これら疾患に酸化ストレスの亢進が関与し、酸化ストレスは下肢温熱により軽減されることを確認しています。そこで、ゼミの学生たちは「下肢温熱療法により高血圧症、糖尿病、脂質異常症が軽快するかどうか」をテーマに掲げ研究をしています。

140710_川浦ゼミ温熱1_川浦先生