現在閲覧中のページホーム学部・学科地域創成農学部 地域創成農学科 > 地域連携センター

 
 
資料請求入試案内
 

地域創成農学部 地域創成農学科

地域連携センター

地域連携センター大学が保有する知識や技術を、農山村地域社会の問題の解決に積極的に活用し、地域社会に貢献することを目的として、南あわじ志知キャンパスの学内に地域連携センターを設置する。
地域連携センターは、地域と地域創成農学部を結ぶ拠点となり、地域と知を共有し、地域の問題解決に貢献することにより、ともに発展することを目指す。

地域連携センターの活動地域連携センターの活動としては、地域からの多様なニーズを共同研究プロジェクトに繋げるなど、地域創成農学部と地域を結ぶ中間支援機関としての役割を担う。また、センターが中心となって共同研究、セミナー、ワークショップ、意見交換会などの地域交流を実施し、社会貢献を進める。

主な事業内容

主要な事業内容として、以下の事業を計画している。

1)地域共同研究事業
地域のニーズや地域創成農学部のシーズに基づき共同で調査研究を推進する。

2)地域交流活動事業
地域と地域創成農学部で知を共有し、実践活動を推進する。
①現地教育・研究活動の支援
②地域講座・地域課題講演会

3)相談・情報発信事業
地域と地域創成農学部を繋ぐ窓口として、情報の受発信を行い各種相談に答える。
①地域住民に対するオフィスアワーの実施
②タウンミーティングの開催

この他、教育面においても、本学部の教育方法の特色として、食農コープ教育を取り入れる計画であるが、この食農コープ教育は大学と地域産業界との強い連携のもとで成立するものである。
地域連携センターは農業生産、食品加工、食品流通、外食・中食等の食農コープ実習の受入企業をはじめとする地域社会との連携を中心となって推進し、その成果として大学にとっては教育効果の向上、地域産業界にとっては地域の要請に応え得る人材の育成に繋げることが大きな役割となる。

南あわじ市との大学連携研究会の取り組みについて

南あわじ市との大学連携研究会の取り組みについて

大学の役割

1)地域創成人材の養成の教育機関
街を活性化させる若年者の集うところ。
地域の活性化に寄与する最大の要因は人が増えることである。
したがって、大学への学生確保が第一義的に重要である。     
地域の「産」「官」「学」「民」は協働して、
学生が健やかに学業ができることに配慮し、南あわじ市に定着する学習環境を整えることが大切と思う。交通状況、アルバイトなど

2)生涯学習教室や市民公開講座の開催
高・大連携の一環として出前授業

3)農・食産業の振興への協働

  1. 協働には、「産」「官」「学」「民」の皆さんのChallenge for change意識改革が必要。
    地域の協働なくしてものづくりはできない。
  2. 農・食産業の振興への協働企業などの企画によるものづくりへの協働
  3. 行政 の企画によるものづくりへの協働
  4. 大学の企画による企業など他機関との協働

4)文化芸術活動
生涯学習教室の開設、大学の収穫祭など

5)観光事業
大学の協賛、学生の参加など

 

リンク