2017 年 6 月 3 日

6月1日 フィールド実習

1日は2年生と1年生の実習を行いました。

1限目は予定通り2年生の実習で、今週は作物の誘引や

畝の草引きを中心に管理を行いました。

 

2限目は1年生の実習を行いました。

本当だったら先週やるはずだった作業が色々と滞って

いるので、ちょっと慌ただしい実習となりました。

まずはスイカとカボチャの摘芯作業です。

スイカもカボチャも今年は子づる3本で仕立てる予定

なので、親づるを摘芯します。ところが、作業が遅れて

しまったので予想以上に子づるが伸びてしまい、どれが

親づるか分かりにくくなってしまいました・・・。

 

摘芯が終わったら夏野菜の移植を行います。

まだ移植できていなかったトマト、ナス、ピーマン、

ミニトマトの苗がすっかり大きくなってしまいました。

苗を等間隔で置いていき、後ろの人が移植を行うことで

作業分担したので、とても効率良く作業が進みました。

 

移植した後はしっかりと潅水しておきます。

圃場がカラカラなので特に念入りに水を与えておいて

くださいね。

 

そんなこんなで本日の実習も終了!

今日は特に慌ただしい実習でした。

 

いよいよ来週は待ちに待った(?)玉ねぎの収穫です!

岡山の本校から他学部も参加の予定なのでお楽しみに!

 

吉川貴徳

カテゴリー: 実習