現在閲覧中のページホーム学部・学科地域創成農学部 地域創成農学科 > 植物クリニックセンター

 
 
資料請求入試案内
 

地域創成農学部 地域創成農学科

植物クリニックセンター

吉備国際大学地域創成農学部では、社会に有為な人材の養成を図るばかりでなく、地域農業の振興にも積極的に努めたく思っております、その一つとして、植物の病虫害などの防除技術の開発と実践を目的とする植物クリニックセンターを設置しております。

病害、虫害、草害、鳥獣害などを防除し安定した農業生産

作物、野菜、花卉、果樹などの農作物は、病害、虫害、草害、鳥獣害などによる被害にさらされており、これらの被害を防げずして安定した農業生産は保障されません。
本センターには、専任教員および非常勤講師として病害、虫害、雑草害および鳥獣害による被害の専門家、また農薬、土壌肥料ならびに耐病性育種のスペシャリストを配しており植物の総合防除体制を整えています。

レタスビッグベイン病による被害葉脈が
肥大・硬化し結球しない

ニジュウヤホシテントウによる被害
薄く階段状にかじられる

ポストハーベスト病による被害も大きい
病・虫・草害などの防除なくして安定した食料生産は得られない

植物保護産業の必要性

協力協定の提携について

植物クリニックセンターは、兵庫県および南あわじ市との間で地域の農業振興などでの協力協定を提携しており、兵庫県立農林水産技術総合センター、淡路農業技術センターおよび淡路県民局南淡路農業改良普及センターやあわじ島農業協同組合などと連携しながら植物保護技術の研究開発を目指しています。
今後関連学会及び大学との連携を通じた全国レベルでの活動を目指しています。
もちろん、日常の農業の営みの中で病虫害などの診断等が必要な時にはいつでもお気軽にご連絡ください。

リンク