Loading...
KIBIMIRAIJUKU

日本文化の原点が吉備から生まれたことをご存知ですか。

吉備文化の繁栄になった三つの柱とは

  • 一.文化を支えるバックボーンの存在(吉備は見えないものを大切にしてきた)
  • 一.いかなる場合も人真似しない姿勢(独立独歩)
  • 一.グローカルな人物の支え

岡山には多くの領域の文化において日本一になっているものが多々あります。
焼物(備前焼)・刀(備前刀)・吹屋べんがら・建築(吉備津神社、閑谷学校)・人物(宮本武蔵、栄西、法然、緒方洪庵)等
なぜ、吉備の文化が日本一なのでしょうか。そこにこそ吉備文化誕生の真相・神髄が隠されています。吉備未来塾を通して、吉備文化の謎から日本の未来を考えてみませんか。

塾長挨拶

塾長 加計 美也子

塾長
加計 美也子

吉備文化を中心に、歴史を紐解きながら茶・禅・神仏等について、各分野のスペシャリストである講師陣が毎月2日間連続講義(1年間)を行います。座学と体験との併用型の幅広いカリキュラム構成により、日本文化をより深く楽しく学んで頂きたいと願っております。私自身も皆さまと共に学ばさせて頂くことを楽しみにしています。

講義内容について

吉備未来塾学びの趣旨

皆様方は青春時代の胸躍らせていた、人間だけが持っている未知への冒険心を今も覚えていますか。現代のネット社会は何でも瞬時に教えてくれます。未知はどんどん既知となり、人間は神にでもなったつもりになっていないでしょうか。人間は本当に賢くなってるでしょうか。しかし、こうした社会現象は、全て自ら足を運ばないで、非体験情報を不遜にもたぐり寄せ、何に対してもそれを判断基準とすることも次第に是としているのではないでしょうか。

どのような時代が来ようと、決して人間たるもの楽をして良いことは絶対に無いのです。何かを得たら何かを失ってきました。効率化、スピード化、実にそれは劣化の始まりです。
目先の瞬時に現れる答えより、まだ答えの出ていない、一生をかけても答えを知りたいという未知へのあこがれや謎解きで、「自分で腑に落ち、身震いする話」をたまには聞いたり、自分で、先人が生きた証である文化や文化財と対話する体験をしたいと思いませんか。

知識欲と冒険心さえ持っていれば、毎日が旬です。それを携えて、さあ誰も知らない未知との遭遇と感動という未体験ゾーンへの旅に出かけましょう。YESなら、今がそのとっておきの旬です。ここは心を真っ新にし、“無知の知”をもって全てのスタートラインに立ちましょう。そこで、清々しい吉備の文化からのラブコールが聞こえてくるでしょう。

いざ、吉備文化を探検すれば、この先モヤモヤは霧散し、明日への壮大な指針と真実が誰にも見えてきます。次世代に伝える未来への遺産もはっきりと見えてくるはずです。
私たちのねらいの原点はここにあります。(臼井 洋輔)

吉備の文化

「吉備国」として誕生し長い歴史のある岡山には、様々な伝統文化が伝承されて古の姿を当時のままに伝える神社仏閣等をめぐります。
岡山市
吉備津神社、吉備津彦神社、矢喰神社
小田郡
旧矢掛本陣
備前市
閑谷学校、備前焼窯元
高梁市
吉備国際大学文化財総合研究センター、頼久寺、吹屋ふるさと村
総社市
備中国分寺、鬼ノ城、織部焼窯元
瀬戸内市
長船刀剣博物館
真庭市
郷原漆器の館、大谷1号墳

歴史と文化の宝庫でもある古代吉備の国は遺跡・遺産が数多く残り伝説に彩られたロマンあふれる地域です。特に鬼退治伝説は、古代吉備の繁栄と屈服の歴史を背景とし、桃太郎伝説の原型になったとされ、吉備の多様な遺産は今も訪れる人々を神秘的な物語へと誘(いざな)ってくれます。その吉備の文化について、その分野のスペシャリストからの講義、史跡、美術館等の見学及び焼物等を体験することによって、より深く吉備の文化について考察します。

禅と茶の文化

禅・茶・仏について禅宗 仙狹會・主 山﨑 仙狹先生より幅広く学びます。また、岡山県内の禅寺、茶の湯文化が多く集まる京都等をめぐり、茶の湯の文化をより体感して貰います。
岡山市
曹源寺、安養寺、吉備津神社
高梁市
頼久寺
京都市
鴨川をどり(鑑賞)

日本が世界に誇る伝統文化の一つである”茶の湯“について、私たちはどれだけ知っているでしょうか。例えば、日本に茶を招来し禅を定着させた栄西禅師は、茶の湯の歴史上で重要な人物の一人です。この栄西禅師の誕生の地である岡山の吉備津神社であることをご存知でしょうか。
本講座では、茶の湯の歴史をはじめ、日本人らしさを失わない為、また『わび茶』が誕生した1400年代から日本人の生活の中に茶の心が入り、茶の道は人の道、形ではなく人間の心を尊ぶことを心の支えとした精神である「禅茶一心」等を学びながら、「禅」・「茶」・「心」を一心にしながら自らの心と向き合う日本人のアイデンティティーを探求します。
また、日本人として知っておきたい立居振舞、茶会などお茶をいただく時の所作などを実践的に学び、栄西禅師誕生の地では「栄西踊り」を奉納します。

(山﨑 仙狹)

芸術の文化

文化と深くかかわりのある窯元や美術館を訪問し、専門的な説明を通し、これまでとは違う視点に立ち、楽しみながら鑑賞し日本文化の神髄に触れます。
岡山市
岡山県立美術館、林原美術館
倉敷市
大原美術館、加計美術館、倉敷美観地区等
安来市
足立美術館、加納美術館

本プログラムでは、大原美術館(倉敷市)所蔵の大作「万有は死に帰す、されど神の愛は万有をして蘇らしめん」(1918年、レオン・フレデリック)・ひろしま美術館(広島市)所蔵の「ドービニーの庭」(ファン・ゴッホ)・ウッドワン美術館(廿日市市)所蔵の「農夫」(ファン・ゴッホ)をはじめ世界中の最高傑作と称される作品の修復を手掛けてきた吉備国際大学副学長、岡山県立美術館長等による講義を通じて美術の奥深さを学び、その上で実際に美術館で絵画を鑑賞することで、国内外の芸術文化の真髄に迫ります。

醸造の文化

国内外でブームとなっている日本酒や発酵食品など、日本には多様な醸造文化があり近年再評価・再価値化が進んでいます。その醸造文化について、日本酒をテーマに専門家より、醸造の過程等を学び吉備国際大学農学部醸造学科実習室、灘の大手酒造会社、岡山の地元酒蔵を訪ねることで、日本の醸造文化について造詣を深めます。
南あわじ市
吉備国際大学農学部醸造学科(南あわじ志知キャンパス)
神戸市
灘の大手酒造会社
岡山県
岡山県内酒蔵

企業の文化

日本企業は、世界で誇れる企業が多数存在し、品質、技術力、経営力の高さについて世界から称賛されています。中でも、ベンチャー企業の都として、また日本の伝統文化の中心地である京都に本拠地を置き、ファインセラミックの専門メーカーとして創業した京セラ株式会社の企業理念についてフォーカスします。国内のみならず海外でも評価されています京セラの経営哲学(京セラフィロソフィ)について、京セラフィロソフィの生みの親、創業者稲盛氏に継ぐ2代目会長に就任された前会長の伊藤謙介氏より学びます。
京都市
京セラ株式会社

日本の神道

神道とは、日本の土着の宗教です。日本の古代から現代に続く民族宗教であり、日本人の生活文化の全般に浸透しています。神道を学ぶことで、日本の歴史、文化、心の神髄に迫ります。歴史ある神社を訪ね、神道の歴史を顧みるのも日本文化を考える上で大切なことと思います。
岡山市
宗忠神社
出雲市
出雲大社、須佐神社、荒神谷遺跡

年間スケジュール

科目・講師紹介

(五十音順)

市田 真紀日本酒学と酒蔵見学

伊藤 謙介企業哲学「京セラフィロソフィ」について

井上 守正お酒の造り方

臼井 洋輔吉備の文化は何時から吉備らしくなったのか 他

大原 秀行美を守る一美術作品の医療現場より

黒住 宗晴「神道の教えの大元」といわれてきた黒住教について

児島 塊太郎陶芸の歴史と織部焼

高山 雅之郷原漆器と備中漆の体験学習

谷一 尚美術館で学ぶ日本文化

原田 正道禅の神髄

藤原 和備前焼の歴史と現在

守安 收岡山の水墨画家 “雪舟・武蔵・玉堂を知る”

山﨑 仙狹日本人として知っておきたい文化と常識

受講要綱

開講期間

2019年4月~2020年3月(1年間)

授業は平日を基本とし、毎月2日間連続で実施する予定です。内年3回は宿泊を伴います。
(年間全23日、全40コマ / 献茶会(OP)は含まない)

  • 午前の部・・・座学中心の授業
  • 午後の部・・・体験、見学中心の授業
  • 講義の時間は、午前の部は基本的に10時開始で、午後の部は13時開始を予定しています。
    但し、午前からフィールドワーク或いは宿泊を伴う授業は10時以前の開始又は集合となります。
  • やむを得ない事情により、講義内容が変更になる場合があります。

募集人数と条件

定員 20名(受付先着順) 【最少催行人数:17名】
年齢不問

  • 教室外の講義及び宿泊を伴う授業がありますので、健康で年間継続して受講可能な方。
  • 入学・修了のための試験はありません。
  • 16名以下の場合、本講座は開講しません。
  • 催行の可否は、3月28日(木)までに郵送又は電話にて催行中止のご案内をさせていただきます。

受講料

306,000円(税込)

  • 一部の交通費(校外実習等で大学バスを利用する場合)、昼食代(13日分)、拝観料、体験代、懇親会費(入学式と修了式) 等は受講料に含まれます。但し、開催・集合場所までの交通費と昼食代(13日分以外)、宿泊費等は、各自負担となります。
  • 本人都合で授業を欠席された場合の受講料返金はありません。
  • 順正学園の卒業生、在学生の父母・祖父母の方、順正学園退職者(教職員)は10%の割引をいたします。

お申込み方法

①お申込み

ホームページの「お問い合わせフォーム」からお申込みいただくか、「受講申込書」をダウンロードし、必要事項をご記入の上、以下のどちらかの方法で事務局までお送りください。

1)Eメール:に申込書を添付し、件名「吉備未来塾」としてご送信ください。
2)Eメールでの送信が難しい場合は、郵送又はFAX(086-231-3615)にてお送りください。

申込み期限:2019年3月22日(金)※2019年度の募集は終了いたしました。

  • 先着順とさせて頂きますので、定員に達した時点で募集を締め切ります。
  • 申込後、もしキャンセルされる場合は、2019年3月25日(月)16時までに事務局までご連絡下さい。それ以降にキャンセルされた場合は、受講料の返金はいたしませんのでご注意ください。

②受講料のお支払い

受講料を下記の口座にお振込みください。

銀行名:三菱東京UFJ銀行
支店名:岡山支店
口座番号:普)1060015
名義:学校法人順正学園 理事長 加計美也子
お振込金額:受講料 306,000円

お支払期限:2019年3月22日(金)

  • 領収書は、銀行口座振込時の払込票に代えさせて頂きます。
  • お振込手数料はご負担くださいますようお願いいたします。
  • 催行中止の際は、受講料は返金いたします。

①②両方の手続きをしていただき、「お申込み完了」となります。
※②受講料をお支払いいただかないと正式な受講申込みとはなりませんので、ご注意ください。
※お申込み完了後、受講証と受講手引きをお送りいたします。

KIBI吉備未来塾受講生の特典

吉備国際大学外国語学部開講の「生き方」の講義を本学学生と同教室で、各界著名人による授業を無料で聴講することができます。

お問合せ先

学校法人順正学園 吉備未来塾事務局(総合企画部内)

電話番号(086)231-3613 「吉備未来塾の件」にてお問合せください

  • 受付時間【月~金 9:30~16:30】
吉備国際大学岡山駅前キャンパス(駅前C)
  • 住所:〒700-0022 岡山市北区岩田町2-5
  • 電話:086-231-3517
吉備国際大学岡山キャンパス(岡山C)
  • 住所:〒700-0931 岡山市北区奥田西町5-5
  • 電話:086-207-2911

学校法人順正学園 吉備未来塾事務局(総合企画部内)

電話:086-231-3613 FAX:086-231-3615
「吉備未来塾の件」にてお問合せください
※受付時間【月~金 9:30~16:30】
平成30年12月28日(金)から平成31年1月6日(日)までは年末年始休業となります。