News

ホーム>お知らせ>岡山県共生高等学校の生徒らが大学を体験

2019/07/02

  • イベント

岡山県共生高等学校の生徒らが大学を体験

本学と高大連携協定を結んでいる『岡山県共生高等学校』(岡山県新見市)の普通科メディア情報コース1・2年生16名が、6月26日に高梁キャンパスを訪問し、アニメーション文化学部を中心に大学体験を実施しました。

高梁キャンパスに到着した生徒らは、まずアニメーション文化学部 井上博明 教授 による授業「日本のアニメーション業界について」を受講しました。日本のアニメが海外でどのように扱われているか、世界のアニメ事情についても学びました。そして生徒それぞれがあらかじめ準備してきた質問に、井上教授が1つ1つ答えました。

その後、実習教室に会場を移動し、金叡媛 助教 による指導のもと、アニメ制作を体験しました。「お辞儀」をテーマに、手書きアニメの制作を行い、最後は各自が制作したアニメをスクリーンに上映し、金助教からのアドバイスを受けました。

最後に、デジタルアニメ制作に対応した実習室へ移動し、アニメーション文化学部 今村俊介 講師 から、デジタルアニメ制作に関する道具やソフトウェアについて、またVR(ヴァーチャルリアリティ)に関する説明を受けました。

本学では多くの高等学校と高大連携協定を結んでおり、高校生の進路選択に活用できるよう様々な事業を実施しております。

resize0574 resize0575 resize0576 resize0577

 

ページの先頭へ