吉備国際大学
  1. Home
  2. 大学院
  3. 保健科学研究科
GRADUATE SCHOOL

大学院

通学制保健科学研究科博士(前期)課程・博士(後期)課程

教育目標

博士(前期)課程

高度な保健福祉社会は新しいタイプの保健医療の専門職の養成を必要とする。本学保健科学研究科は、このような社会のニーズに対応するために以下のような人材を養成する。
1.看護学、理学療法学、作業療法学の分野における高度な科学的知識と技術をもつ専門職人材。
2.地域社会に貢献できる保健医療コーディネーター。
3.保健医療施設で働く管理者。
4.保健医療の分野における国際協力に携わる人材。
少子高齢化と人生80年型社会が到来している現在、国民が健やかに老いるため健康意識の向上やそれに応じたライフスタイルの変化にも対応できるような多面的かつ包括的なサービスへの質を確保することが重要になっている。そのためには虚弱高齢者、患者、障害者に対するCure(治療)からCareへ、つまりMedical care(医学的管理)からHealth care(健康管理)まで含めた治療、そして予防的リハビリテーションはもちろんのこと、さらには健常人の健康維持・増進のための施策、そしてスポーツ分野まで幅広く見据えた施策が必要になっている。そのために高度な専門分野における専門的知識および技術をもった、教育、研究、相談、指導、治療の援助に当たることのできる看護およびリハビリテーション援助分野の人材を育成することを目指す。

博士(後期)課程

保健科学領域は、従来の医科学研究から分離独立した新しい領域である。この領域では、医療のみで完結するのではなく、保健、福祉領域を含めた広範囲にわたる活動が重要になってきている。介護予防を含めて、医療以前の予防的保健活動、治療終了後の継続的な保健活動が不可欠である。また、「Evidence Based Health-Care」として、根拠に基づいた保健活動が重要とされているが、評価に値する十分な根拠が存在しないのが現実である。 本研究科で対象としている保健科学とは、健康の維持と疾病・障害の予防、患者ケア、生命科学、心身の機能回復・維持・増進、機能の代償・補完を主とする学問領域であると考えている。すなわち、個人または集団の健康維持と疾病の予防および身体的・精神的問題を身体的・精神的・社会的・倫理的観点から総合的に研究する学問領域であり、これらの領域において、国際的にも貢献でき、根拠を見いだすことができる教育研究者を養成しようとするものである。

人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

博士(前期)課程
保健科学分野における研究者、教育者としての必要な専門知識と技術を養うとともに、保健医療現場において、広い視野に立脚して専門的且つ指導的役割を果たし得る人材を養成することを目的とする。
博士(後期)課程
保健科学領域において国際的にも貢献し得る自立的研究者を養成し、且つ国民のより高いQOLを目指した社会支援のできる専門家を育成することを目的とする。

研究科3つのポリシー(学位授与方針、教育課程の編成・実施方針および学生の受入れ方針)について

教員・研究分野一覧

哲学、作業科学、多職種連携

研究科長・教授京極 真きょうごく まこと

基礎看護学、基礎看護技術に関する研究、感染管理教育に関する研究

教授掛谷 益子かけや ますこ

  • 主な担当授業科目:基礎保健看護学特論Ⅰ・Ⅱ
  • 教員詳細

リハビリテーション医学

学長・教授河村 顕治かわむら けんじ

  • 主な担当授業科目:保健科学研究法特論Ⅰ・Ⅱ、運動機能学特講
  • 教員詳細
  • 研究室

保健福祉領域の理学療法

教授齋藤 圭介さいとう けいすけ

  • 主な担当授業科目:保健科学研究法特論Ⅰ・Ⅱ、障害構造学特講
  • 教員詳細

腫瘍生物学・血液内科学・内科学

教授髙橋 淳たかはし あつし

  • 主な担当授業科目:内科学特論Ⅰ・Ⅱ、保健科学特殊研究
  • 教員詳細

リハビリテーション看護、人材育成、感情労働に関する研究

教授竹﨑 和子たけさき かずこ

  • 主な担当授業科目:成人・老年保健看護学特論Ⅰ・Ⅱ
  • 教員詳細

公衆衛生看護学、子どもの発達過程に不安を抱える保護者の保健行動に関する研究

教授田中 富子たなか とみこ

  • 主な担当授業科目:広域保健看護学特論Ⅰ・Ⅱ
  • 教員詳細

整形外科学、臨床神経生理学

教授中角 祐治なかずみ ゆうじ

  • 主な担当授業科目:特別研究Ⅰ・Ⅱ、保健科学特殊研究
  • 教員詳細

広域大災害時における地域保健支援・受援体制構築に関する研究、新興・再興感染症のリスク評価と危機管理機能の確保に関する研究

教授中瀨 克己なかせ かつみ

  • 主な担当授業科目:保健科学研究法特論Ⅰ・Ⅱ、保健看護科学特講
  • 教員詳細

細菌学、薬理学、医療関連感染防止に関する研究

教授長町 榮子ながまち えいこ

  • 主な担当授業科目:感染予防特論Ⅰ・Ⅱ、保健看護科学特講
  • 教員詳細

国際感染症のバイオマーカー研究

教授服部 俊夫はっとり としお

  • 主な担当授業科目:内科学特論Ⅰ・Ⅱ
  • 教員詳細

脳血管障害の理学療法・高齢者の健康増進

教授原田 和宏はらだ かずひろ

  • 主な担当授業科目:生活機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ、リハビリテーション援助学特講
  • 教員詳細

関節軟骨の発生・維持機構、変形性関節症

教授森 芳史もり よしふみ

  • 主な担当授業科目:運動機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ、機能回復学特講
  • 教員詳細

基礎細胞学、高齢者理学療法

准教授井上 茂樹いのうえ しげき

  • 主な担当授業科目:運動機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ、細胞組織学特講
  • 教員詳細

基礎作業学、身体障害作業療法学、作業療法教育

准教授岩田 美幸いわた みゆき

  • 主な担当授業科目:作業機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ
  • 教員詳細

高次脳機能障害作業療法学、身体障害作業療法学、介護予防

准教授狩長 弘親かりなが ひろちか

  • 主な担当授業科目:心身機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ
  • 教員詳細

中高年者のための介護予防・高齢者理学療法・認知症行動評価学・認知症理学療法

准教授佐藤 三矢さとう みつや

  • 主な担当授業科目:生活機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ、リハビリテーション援助学特講
  • 教員詳細

運動療法理論・炭酸泉浴・軟骨再生

准教授中嶋 正明なかじま まさあき

  • 主な担当授業科目:運動機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ、運動機能学特講
  • 教員詳細

離島の助産師の活動、妊産婦の災害に関する研究

准教授福岡 美和ふくおか みわ

  • 主な担当授業科目:母性・小児保健看護学特論Ⅰ・Ⅱ
  • 教員詳細

運動学習理論、嚥下障害の理学療法

准教授森下 元賀もりした もとよし

  • 主な担当授業科目:運動機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ、機能回復学特講
  • 教員詳細

作業機能障害、身体障害作業療法

講師寺岡 睦てらおか むつみ

  • 主な担当授業科目:作業機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ
  • 教員詳細

身体障害作業療法学、予防医学、園芸療法

講師三宅 優紀みやけ ゆき

  • 主な担当授業科目:作業機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ
  • 教員詳細

公衆衛生看護学、保健師の専門能力に関する研究

准教授高尾 茂子たかお しげこ

  • 主な担当授業科目:特別研究Ⅰ・Ⅱ
  • 教員詳細

小児看護学、看護教育に関する研究

准教授安福 真弓やすふく まゆみ

  • 主な担当授業科目:母性・小児保健看護学特論Ⅰ・Ⅱ
  • 教員詳細

精神看護学、精神障害者の健康支援に関する研究

准教授中嶋 貴子なかしま たかこ

  • 主な担当授業科目:広域保健看護学特論Ⅰ・Ⅱ
  • 教員詳細

静脈穿刺・透析療法における看護技術のエビデンスの構築に関する研究

講師市村 美香いちむら みか

  • 主な担当授業科目:基礎保健看護学特論Ⅰ・Ⅱ
  • 教員詳細

がん化学療法看護に関する研究、がん患者の意思決定について【専門分野:がん化学療法看護認定看護師 資格あり】

講師門倉 康恵かどくら やすえ

  • 主な担当授業科目:成人・老年保健看護学特論Ⅰ・Ⅱ
  • 教員詳細

精神障害作業療法学、労働者研究

講師山本 倫子やまもと ともこ

  • 主な担当授業科目:心身機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ
  • 教員詳細

カリキュラム

博士(前期)課程2022年度入学生

共通
授業科目名 配当年次 単位数 担当者職名・氏名
必修保健科学特論Ⅰ 1春 2

教授 河村 顕治
教授 京極 真
教授 齋藤 圭介
教授 髙橋 淳
教授 中瀬 克己
教授 原田 和宏
教授 森 芳史
准教授 森下 元賀
講師 寺岡 睦

必修保健科学特論Ⅱ 1秋 2 教授 京極 真
必修保健科学研究法特論Ⅰ 1秋 2 教授 掛谷 益子
教授 河村 顕治
教授 京極 真
教授 齋藤 圭介
教授 髙橋 淳
教授 中瀬 克己
教授 原田 和宏
教授 森 芳史
准教授 森下 元賀
講師 寺岡 睦
選択保健科学研究法特論Ⅱ 2春 2 教授 赤在 あゆみ
教授 掛谷 益子
教授 河村 顕治
教授 京極 真
教授 齋藤 圭介
教授 田中 富子
教授 中瀬 克己
教授 長町 榮子
教授 原田 和宏
教授 森 芳史
准教授 井上 茂樹
准教授 狩長 弘親
准教授 佐藤 三矢
准教授 中嶋 貴子
准教授 中嶋 正明
准教授 森下 元賀
准教授 安福 真弓
講師 寺岡 睦
選択内科学特論Ⅰ 1・2春 2 教授 髙橋 淳
教授 服部 俊夫
選択内科学特論Ⅱ 1・2秋 2
選択小児科学特論Ⅰ 1・2春 2 教授 赤在 あゆみ
選択小児科学特論Ⅱ 1・2秋 2
選択比較行動学特論Ⅰ 1・2春 2 2022年度 不開講
選択比較行動学特論Ⅱ 1・2秋 2
選択感染予防特論Ⅰ 1・2春 2 教授 長町 榮子
選択感染予防特論Ⅱ 1・2秋 2
選択細胞・組織学特論Ⅰ 1・2春 2 准教授 井上 茂樹
選択細胞・組織学特論Ⅱ 1・2秋 2
選択生理機能特論Ⅰ 1・2春 2 非常勤講師 水谷 雅年
選択生理機能特論Ⅱ 1・2秋 2
専門選択
授業科目名 配当年次 単位数 担当者職名・氏名
選択基礎保健看護学特論Ⅰ 1春 2 教授 掛谷 益子
教授 長町 榮子
講師 市村 美香
選択基礎保健看護学特論Ⅱ 1秋 2
選択基礎保健看護学特論Ⅰ演習 2春 2 教授 掛谷 益子
教授 長町 榮子
講師 市村 美香
選択基礎保健看護学特論Ⅱ演習 2秋 2
選択母性・小児保健看護学特論Ⅰ 1春 2

教授 赤在 あゆみ
准教授 福岡 美和
准教授 安福 真弓

選択母性・小児保健看護学特論Ⅱ 1秋 2
選択母性・小児保健看護学特論Ⅰ演習 2春 2 教授 赤在 あゆみ
准教授 福岡 美和
准教授 安福 真弓
選択母性・小児保健看護学特論Ⅱ演習 2秋 2
選択成人・老年保健看護学特論Ⅰ 1春 2 教授 竹﨑 和子
講師 門倉 康恵
選択成人・老年保健看護学特論Ⅱ 1秋 2
選択成人・老年保健看護学特論Ⅰ演習 2春 2 教授 竹﨑 和子
講師 門倉 康恵
選択成人・老年保健看護学特論Ⅱ演習 2秋 2
選択広域保健看護学特論Ⅰ 1春 2 教授 田中 富子
教授 中瀬 克己
准教授 中嶋 貴子
選択広域保健看護学特論Ⅱ 1秋 2
選択広域保健看護学特論Ⅰ演習 2春 2 教授 田中 富子
教授 中瀬 克己
​准教授 中嶋 貴子
選択広域保健看護学特論Ⅱ演習 2秋 2
選択運動機能障害援助特論Ⅰ 1春 2 教授 河村 顕治
教授 森 芳史
准教授 井上 茂樹
准教授 中嶋 正明
准教授 森下 元賀
選択運動機能障害援助特論Ⅱ 1秋 2
選択運動機能障害援助特論Ⅰ演習 2春 2 教授 河村 顕治
教授 森 芳史
准教授 井上 茂樹
准教授 中嶋 正明
准教授 森下 元賀
選択運動機能障害援助特論Ⅱ演習 2秋 2
選択生活機能障害援助特論Ⅰ 1春 2 教授 齋藤 圭介
教授 原田 和宏
准教授 佐藤 三矢
選択生活機能障害援助特論Ⅱ 1秋 2
選択生活機能障害援助特論Ⅰ演習 2春 2 教授 齋藤 圭介
教授 原田 和宏
准教授 佐藤 三矢
選択生活機能障害援助特論Ⅱ演習 2秋 2
選択作業機能障害援助特論Ⅰ 1春 2 教授 京極 真
准教授 岩田 美幸
講師 寺岡 睦
講師 三宅 優紀
選択作業機能障害援助特論Ⅱ 1秋 2
選択作業機能障害援助特論Ⅰ演習 2春 2 教授 京極 真
准教授 岩田 美幸
講師 寺岡 睦
講師 三宅 優紀
選択作業機能障害援助特論Ⅱ演習 2秋 2
選択心身機能障害援助特論Ⅰ 1春 2 准教授 狩長 弘親
講師 山本 倫子
選択心身機能障害援助特論Ⅱ 1秋 2
選択心身機能障害援助特論Ⅰ演習 2春 2 准教授 狩長 弘親
講師 山本 倫子
選択心身機能障害援助特論Ⅱ演習 2秋 2
総合
授業科目名 配当年次 単位数 担当者職名・氏名
必修特別研究Ⅰ 1秋 4

教授 指導教員 赤在 あゆみ
教授 指導教員 掛谷 益子
教授 指導教員 河村 顕治
教授 指導教員 京極 真
教授 指導教員 齋藤 圭介
教授 指導教員 髙橋 淳
教授 指導教員 竹﨑 和子
教授 指導教員 田中 富子
教授 指導教員 中角 祐治
教授 指導教員 中瀬 克己
教授 指導教員 長町 榮子
教授 指導教員 服部 俊夫
教授 指導教員 原田 和宏
教授 指導教員 森 芳史
准教授 指導教員 井上 茂樹
准教授 指導教員 岩田 美幸
准教授 指導教員 狩長 弘親
准教授 指導教員 佐藤 三矢
准教授 指導教員 中嶋 正明
准教授 指導教員 福岡 美和
准教授 指導教員 森下 元賀
講師 指導教員 寺岡 睦
講師 指導教員 三宅 優紀
准教授 指導補助教員 赤澤 真旗子
准教授 指導補助教員 高尾 茂子
准教授 指導補助教員 中嶋 貴子
准教授 指導補助教員 安福 真弓
講師 指導補助教員 市村 美香
講師 指導補助教員 門倉 康恵
講師 指導補助教員 山本 倫子

博士(前期)課程修了要件
大学院に2年以上在学し、共通科目10単位以上、専門選択科目8単位以上、総合科目8単位、合計30単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、当該大学院の行う修士論文の審査に合格することとする。
  1. 専門選択科目は研究指導教員が担当する特論と特論演習を一連の科目として履修(8単位)する。
  2. 残りの4単位については、共通科目、専門選択科目から区分にかかわらず履修することができる。

博士(後期)課程2022年度入学生

基礎保健科学領域
授業科目名 開講年次 単位数 担当者職名・氏名
選択分子生物学特講 1・2・3 2 教授 森 芳史
選択細胞組織学特講 1・2・3 2 准教授 井上 茂樹
選択生理機能学特講 1・2・3 2 非常勤講師 水谷 雅年
臨床保健科学領域
授業科目名 開講年次 単位数 担当者職名・氏名
選択運動機能学特講 1・2・3 2 教授 河村 顕治
准教授 中嶋 正明
選択障害評価学特講 1・2・3 2 教授 河村 顕治
選択機能回復学特講 1・2・3 2 教授 森 芳史
准教授 森下 元賀
地域保健科学領域
授業科目名 開講年次 単位数 担当者職名・氏名
選択リハビリテーション援助学特講 1・2・3 2 教授 齋藤 圭介
教授 原田 和宏
准教授 佐藤 三矢
選択障害構造学特講 1・2・3 2 教授 齋藤 圭介
選択自立支援学特講 1・2・3 2 教授 京極 真
教授 原田 和宏
保健看護科学領域
授業科目名 開講年次 単位数 担当者職名・氏名
選択保健看護科学特講 1・2・3 2 教授 赤在 あゆみ
教授 中瀬 克己
教授 長町 榮子
授業科目名 開講年次 単位数 担当者職名・氏名
必修保健科学特殊研究 1~3 12

教授 指導教員 赤在 あゆみ
教授 指導教員 河村 顕治
教授 指導教員 京極 真
教授 指導教員 齋藤 圭介
教授 指導教員 髙橋 淳
教授 指導教員 中角 祐治
教授 指導教員 中瀬 克己
教授 指導教員 長町 榮子
教授 指導教員 服部 俊夫
教授 指導教員 原田 和宏
教授 指導教員 森 芳史
准教授 指導教員 井上 茂樹
准教授 指導教員 中嶋 正明
准教授 指導教員 森下 元賀
准教授 指導補助教員 佐藤 三矢

  1. 必修科目12単位、選択必修科目2単位以上 合計14単位以上修得

教育課程の構造 「博士(前期)課程」

共通科目(必修)
保健科学特論Ⅰ・Ⅱ 保健科学研究法特論Ⅰ
6単位
共通科目(選択)

保健科学研究法特論Ⅱ
内科学特論Ⅰ・Ⅱ 感染予防特論Ⅰ・Ⅱ
小児科学特論Ⅰ・Ⅱ 細胞・組織学特論Ⅰ・Ⅱ
比較行動学特論Ⅰ・Ⅱ 生理機能特論Ⅰ・Ⅱ

4単位以上
専門選択分野
保健看護分野 リハビリテーション援助分野

基礎保健看護学特論Ⅰ・Ⅱ
基礎保健看護学特論Ⅰ・Ⅱ演習
母性・小児保健看護学特論Ⅰ・Ⅱ
母性・小児保健看護学特論Ⅰ・Ⅱ演習
成人・老年保健看護学特論Ⅰ・Ⅱ
成人・老年保健看護学特論Ⅰ・Ⅱ演習
広域保健看護学特論Ⅰ・Ⅱ
広域保健看護学特論Ⅰ・Ⅱ演習

運動機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ
運動機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ演習
生活機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ
生活機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ援助
作業機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ
作業機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ演習
心身機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ
心身機能障害援助特論Ⅰ・Ⅱ演習

8単位以上
自由選択科目
共通科目・専門選択科目から区分にかかわらず4単位以上
総合科目(必修)
特別研究Ⅰ・Ⅱ
8単位

履修指導及び研究指導

本研究科では、履修指導・研究指導を次のように行います。

博士(前期)課程

1年次
春学期 4月

オリエンテーション・個別面接
保健科学への理解度、研究目標、将来の進路等を聴取すると共に、指導教員の選択指導を行います。

指導教員の希望書提出
履修届提出

オリエンテーション・個別面接の後、研究目標等を明確にした上で提出して下さい。

8月 個別面接
単位修得状況、研究の進捗状況、進路確認等を総合的に聴取し、今後の学習・研究(修士論文作成)にアドバイスを施します。
秋学期 12月

修士論文計画書作成
修士論文作成に際し、その作成計画を各自で立てます。

修士論文計画発表

 

1月中旬 修士論文計画書提出
指導教員と共に綿密な計画を立て、修士論文作成がスムーズに行えるよう計画し、指導教員に提出します。
2月

単位認定

個別面接
単位修得状況、研究の進捗状況、進路希望等を総合的に聴取すると共に、提出された修士論文計画書に従い、今後の研究について指導を行います。

2年次
春学期 4月

オリエンテーション・個別面接
各院生の研究目標に従い、主副指導教員の再確認を行います。

履修届提出

8月

研究中間発表会
論文(作成途中)の発表を行います。

個別面接
研究発表会の所見を伝達し、さらに研究指導を進めます。

秋学期 12月 個別面接
論文審査に向けて、最終的な指導を行います。
1月中旬 修士論文提出
2月

修士論文公開発表会
修士論文審査のための発表会です。

論文審査
単位認定・修士論文の合否判定

修了判定

博士(後期)課程

1年次

科目履修

研究指導(特殊研究)
研究テーマの確定
研究計画書の作成

研究計画発表
保健科学研究科 研究報告会

研究計画書提出
指導教員へ提出

2年次

科目履修

研究指導(特殊研究)
学位論文作成指導

研究中間発表
保健科学研究科 研究報告会

論文投稿

3年次

科目履修

研究指導(特殊研究)
学位論文作成指導

研究中間発表
保健科学研究科 研究報告会

論文投稿

公開研究発表会 論文審査

大学院入試

大学院の入試情報については、こちらをご覧下さい。