吉備国際大学
  1. Home
  2. 学部・学科
  3. 農学部 海洋水産生物学科

農学部 海洋水産生物学科

(設置届出中)※設置計画は予定であり、内容に変更が生じる場合があります。

学費について

農学部海洋水産生物学科の2023年度新入生の年間学費は、「115万円」(授業料80万円、施設設備費35万円)です。

さらに、南あわじ市との連携で、「南あわじ市入学奨励金制度」の利用も可能です。支給要件は、大学入学後に住民票を南あわじ市に移して(入学後1箇月以内)【※大学入学前から南あわじ市に住民票がある方も対象です】いただき、4年間居住していただくことなどを前提に、入学金として納付された額(30万円を上限)を、南あわじ市が支給するというものです。

学科の特色

新しい水産学をめざす

本学科は、一般漁業は勿論、釣りやマリンレジャー及び観光や水族館なども含めた新しい水産業・漁業に関わり、海や川の生物資源や環境を活かして地域を元気にできる能力を身につけます。

また漁業における6次産業化や多様なビジネスの取り組みについても学び、新時代の水産業界の担い手を育成します。

特色その1『食品製造加工の知識』

ビジネスやレジャーなど、人生のどのようなシーンにも「食」は欠かすことができません。海洋水産生物学科では、水産食品学と水産食品学実習を通して水産食品について実用的な知識と技術を学びます。また、栄養や食品加工や食品管理や関連法規に関する専門授業を履修することで、食品を深く理解する力を養い、食品製造加工に関する確かな知識と技術を身につけられます。

特色その2『学芸員資格の取得』

学芸員は、水族館や動物園、博物館等において、資料の展示、収集や保管などの業務を行う専門職員で、学芸員資格は文部科学省が認定する国家資格です。海洋水産生物学科では、その資格取得のための科目を開設します。これらの授業には、資料の展示や保管、そして関連法規など、地域の自然や文化財の重要性を認識し、それを教育や地域活性化に役立つ内容が含まれています。

特色その3『副業、複業、起業の時代への対応』

働き方が多様化し、副業が認められるようになり、複数の仕事をこなす複業や、スモールビジネスからの起業も盛んに行われるようになっています。そこで、海洋水産生物学科では、海や川の生物と環境に軸足をおいて、多様な分野に一歩を踏み出せるよう授業科目を設定し、ユニークな講師陣を配置しています。

想定進路先(例)

行政機関、水産関連各種団体、海洋レジャーサービス業、水族館・動物園、地域おこし協力隊員、水産加工会社、食品製造会社、水圏環境や生物保全に関する団体、漁業従事者、起業、大学院進学 等

学科最新情報

農学部最新情報

 

入試情報

オープンキャンパス

OPEN CAMPUS 2021 1日吉備大生を体験! 学科紹介、ミニ講義、体験コーナー、保護者相談コーナー、入試相談コーナー、AO総合選抜入試相談コーナー