News

ホーム>お知らせ>卒業生、修了生の皆様へ 学長メッセージ

2020/03/22

  • お知らせ

卒業生、修了生の皆様へ 学長メッセージ

メッセージ

学部卒業生、大学院において修士及び博士の学位を取得された皆さん、誠におめでとうございます。

ご承知のように、この度予期せぬ新型コロナウイルス感染症が世界的に流行し、我が国においても全国的な大流行の兆しが生じております。未だ有効な治療薬や対処法が定まらない状況であり、一堂に会する大集会は感染のリスクを高めることが想定されるため、卒業生、修了生並びに保護者の皆様、地域の皆様方の健康と安全を守る観点から、学位記授与式を断腸の思いで中止することにいたしました。誠に残念ではございますが、状況をご賢察の上、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

今、卒業生・修了生の皆さんは、本学のマスコット“飛べる翼を身につけたキウイバード”が象徴するように、豊かな人間性と確かな実践力を育み、立派な翼を身につけ実社会へと飛び立つ時を迎えられました。保護者の皆様には、この良き日を心待ちにしておられたことと存じます。心からお慶び申し上げます。ここで皆さんの新たな門出に際し心からお慶びを申し上げたくメッセージをお贈りさせていただきます。

学位記授与式は英語でcommencementと言い “始まり”を意味しています。すなわち、卒業・修了は、ゴールではなく社会人としてのスタートの日なのです。これから皆さんは、教えられるのではなく自らの力で学び考えて人生の長い道のりを切り拓いて行かねばなりません。

現在、私たちを取り巻く社会は国内外において様々に大きく変動しており、平和な未来社会を脅かす事象が多々生じております。我が国では少子高齢化と人口減少が加速し、また科学技術の進歩による人工知能等のデジタル技術の利用による社会実装が急速に進展し、社会が大きく変わろうとしております。一方、世界は国家間の覇権争いや宗教や経済格差による紛争が絶えず、社会秩序が乱れる悲惨な状況が生じております。また、大気と海洋汚染、地球温暖化等による地球環境の劣化が進んでおり地球生命共同体の持続的な発展に警鐘が鳴らされています。

人生100年時代と言われる現代社会にあって、これからの長い人生を生き抜くためには、時代の潮流にしっかりと適応して自らの力量を更に高めるための生涯学修が必要となります。不断の努力を欠いてはなりません。

さて、実社会に出ると厳しい体験をされることが多いと思います。先ずは自分の職業に対する心構えをしっかりと持ち、周りの人と積極的かつ協調的にコミュニケーションを図り、信頼関係を築くことが重要です。社会は、人と人との個性と使命が多様に交差し調和して成り立っており、互いに助け・助けられる繋がりが大切です。そして、自分のアイデンティティと価値観を人生にどの様に反映させるかを良く考えて、自分がやってみたいこと、使命感を感ずることを成し遂げられるよう勇気を持って歩んでください。若い時の着想は貴重です。価値あるアイデアを創造する夢を失わずその実現に挑戦されることを期待いたします。遅くても、つまずいても「チャレンジ精神」と「諦めない努力」で未来を切り拓き、大きな夢を掴んでください。

また、時代は移り社会が変化しようとも変わってはならないのは人としての公正な倫理感であり理性であります。最新のAI人工知能により持続可能な未来の社会像を分析したところ、持続的社会の発展に重要な要素として「利他的行動」や「道徳性」というキーワードが浮かび上がったと言われています。平和で持続的な未来社会の創成には科学的価値観に基づく理性的な行動を大切にしてゆかねばなりません。本学は創立以来、国際的な「共存共栄の精神」と慈愛に満ちた「ボランティア精神」を育む教育を重視して参りました。吉備国際大学の卒業生として、自他を愛し、和の精神を尊び、自らを律して公正で信頼される国際人として活躍されるよう願っております。

吉備国際大学は、来年度創立30周年を迎えます。卒業生は皆さんを含めて16,000名余になり、OBの皆さんは国内外の第一線で活躍しておられます。本年度も高梁キャンパスでは社会科学部、保健医療福祉学部、心理学部、アニメーション文化学部の皆さん、南あわじ志知キャンパスでは農学部の第4期生の皆さん、岡山キャンパスでは外国語学部の第3期生の皆さんが卒業され、同窓会の輪がまた広がります。学生時代を共に過ごしたキャンパスは一生心の故郷としていつまでも忘れることはないでしょう。学友や恩師の先生方との親睦の輪をいつまでも保たれ同窓会に集って伝統を築いてください。また、思い出のキャンパスに是非訪問してください。私たちはいつでも皆さんの訪問を待っております。

本学は今後とも地域創成に実践的に貢献できる人材の養成を目指して前進して参ります。今後の発展を見守っていただくとともに、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

結びに、健康に十分留意され、チャレンジ精神と諦めない努力で未来を切り拓き、実り多い人生を歩まれることを心より祈念申し上げまして、私からのメッセージといたします。

令和2年3月22日        
吉備国際大学        
学長 眞山 滋志

ページの先頭へ