News

ホーム>お知らせ>近藤高梁市長から二人の学生に「方谷賞」が授与されました

2020/03/23

  • イベント

近藤高梁市長から二人の学生に「方谷賞」が授与されました

吉備国際大学では、学位記授与式(毎年3月22日挙行)において、優秀な学生に、高梁市長により「方谷賞」の授与をしていただいております。しかしながら、今年度は新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を鑑み、止む無く学位記授与式を中止することとなりました。このような中ですが、このたび高梁市のご配慮により、3月19日(木)、高梁市役所にて、対象の学生および関係者のみの参加で、2019年度「方谷賞」を高梁市 近藤隆則 市長から授与していただけました。

このたび、方谷賞を授与されたのは、社会科学部スポーツ社会学科 小川 光司(おがわ こうじ)さんと社会科学部経営社会学科 韓 贊熙(ハン チャンヒ)さんの二人です。

「方谷賞」は、幕末の偉大な教育者・経世家として藩政改革を成し遂げ、藩校や私塾で子弟の教育に当たった山田方谷(やまだほうこく)の偉業を称えるとともに、多くの先覚者を全国に輩出した高梁市の歴史的風土や伝統を後世に守り伝えるため、市長が特に優秀な学生及び生徒を方谷賞として顕彰し、その努力を称えることを目的としています。

resize1014 resize1015 resize1016 resize1017

 

ページの先頭へ