大学概要

ホーム>大学概要>学長挨拶・教育目標

学長挨拶・教育目標

吉備国際大から世界へ!未来を豊かにするあなたの実践力を育みます。

学長 眞山 滋志

学長眞山 滋志

吉備国際大学は、「学生一人ひとりのもつ能力を最大限に引き出し引き伸ばし、社会に有為な人材を養成する。」ことを建学の理念として、高梁、南あわじ志知および岡山のキャンパスに計6学部11学科を擁する総合大学であります。大学が本部を置く高梁キャンパスには、社会科学部、保健医療福祉学部、心理学部、アニメーション文化学部と通信教育部心理学部があり、大学院修士課程・博士(前期)課程と博士(後期)課程を併設しております。南あわじ志知キャンパスに農学部及び地域創成農学研究科博士(前期)及び(後期)課程、岡山キャンパスに外国語学部を開設しており、岡山駅前キャンパスに留学生別科を設けております。また、海外の多くの大学と教育交流協定を結び留学制度など国際交流体制を整えております。

本学は、懇切丁寧に一人ひとりに応じた、基礎を重視し創意工夫を凝らした指導に徹し、豊かな人間性と確かな実践力を育み国際的に活躍できるスペシャリストの養成に努めております。地域志向の教育・研究そして社会貢献を重視し、地域創成に実践的に役立つ課題の解決に取り組む教育研究を通じて、明日の地域社会をリードできる人材の養成を行っております。平成25年度~29年度には文部科学省の「地(知)の拠点整備事業」に採択され、また引き続いて文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」(平成29年度~31年度)にも採択されており、地域密着型の大学として高い評価を得ております。

教室での座学だけでは力にはなりません。自分の手や体を動かして能動的に学修してこそ真の実力が身につくのです。未来を見据えた新しい目標の達成を目指して、豊かな知識と知恵を身に付けてください。

恵まれた自然と歴史・文化の香る学修環境のキャンパスで、質の高い学修を行い、諦めない努力で夢をつかんでください。「キラリと光る吉備国際大学」での学生時代は必ず価値あるものになるでしょう。

ページの先頭へ