学術的な知識と能力、専門性の深化

畝 伊智朗グローバル化の進展は、社会・経済開発を促す一方、経済格差や貧困、紛争、環境、健康問題など国際社会が解決すべき新たな課題を生じさせています。そして、国際協力の必要性の認識とともに国際協力に求められる領域がますます拡大しています。

本研究科は、人間の安全保障と人間開発の理念に立脚しながら、国際社会の多様な課題に対して柔軟に対応できる学術的な知識と能力を有する人材の育成を目指し、平成18年に開設されました。また、平成21年度からは九州保健福祉大学との連合大学院となり、これまで看護、社会福祉、環境、社会開発、動物看護など様々な専門分野をバックグランドとする社会人や学卒者を幅広く受け入れてきました。

一人ひとりの問題意識を出発点に、個別指導とスクーリングできめ細かく学修をサポートします。

連合国際協力研究科長 畝 伊智朗

 

教育目標

本研究科では,人間中心の開発の観点から,国際社会における多様な課題に対して,自らの専門性をもとに,柔軟に対応できる知識・能力を有する人材の育成を目的として,主に社会人の専門教育を行う。
国際協力分野において求められている人材は,必要とされる専門的知識,技術の他に,語学力に十分裏付けられたコミュニケーション能力,調整能力,事後評価能力に加えて,異文化社会において自ら活動し得る精神的な強靭さと豊かな人間性が不可欠である。そのため,本研究科では,本学と連携する国際機関,政府ないし地方自治体及びその機関,NGO等においてインターンシップの機会を提供することにより,現場における課題に柔軟,迅速に対応し得る思考力と洞察力を涵養するための実践的な修士課程教育を実施する。

 

研究科の特色

連合大学院について

本研究科は、2009年4月から、系列の九州保健福祉大学との連合により、研究・教育体制のさらなる充実や、多様な研究領域における指導体制の強化を図ることを目的に指導体制 の再編を行い、新たに連合研究科として人材育成に取り組んでおります。 これにより、多岐にわたる国際協力分野の研究指導領域が拡大し、入学希望の皆様のニーズにお応えすることが出来るようになりました。
 

スクーリングは東京会場をメインに開催

必修科目のスクーリング(国際協力総論・特別研究)を東京会場(キャンパス・イノベーションセンター:港区芝浦3-3-6)で受講できます。
 

国際協力経験者の入学金免除

入学金免除は、以下の項目に該当する方が対象となります。

  1. 本学入学前に、国際協力機構(JICA)の行う青年海外協力隊(JOCV)の派遣事業に参加し、2年以上の国際協力の経験を有する方(証明書が必要)
  2. 特定非営利法人(AMDA)が国際協力の経験を有すると認めた方(推薦状が必要)
  3. 自衛隊に所属し、国際協力活動を行った経験が証明できる方(証明書が必要)

詳しくは、入試広報室(TEL.086-231-3600)までお問い合わせください。
 

海外勤務中でも学べる学修システム

自宅学修や研究は、担当教員とメールやハングアウト、Skypeで密にやりとりを行い進めていきます。また、作成した課題レポートは、Web学修支援システムから提出することが可能です。
※夏期と冬期のスクーリングに合わせて、スケジュール調整が必要になります。

 

3つのポリシー

学位授与方針(ディプロマポリシー) 国際協力の分野において必要とされる開発理論や戦略,専門的基礎知識を修得するとともに,国際協力の専門家として,それら修得した知識を実践の場で対応できる能力を備えた人に修士(国際協力学)の学位を授与します。
教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー) 国際協力に求められる幅広い知識を養うため,カリキュラムには学際的な専門基礎に係る科目,および国際協力の理論・戦略に係る科目等を配置し,さらに実証的な研究能力を培うため,個々の専門性や経験,問題意識をもとに設定した課題について懇切丁寧な指導を行います。また,地域研究を目的に,国内および国外において実施するインターシップを用意しています。
学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー) 自らの専門性をもとに,グローバル社会が直面している多様な課題を解決するための国際協力分野の専門家を志す人です。

 

教員一覧

職名 教員氏名 専門・研究分野
研究科長/教授 畝 伊智朗(たんぼ いちろう) 平和構築、復興支援、アフリカ地域研究、情報通信技術と開発
教授 井勝 久喜(いかつ ひさよし) 環境毒性学、環境科学、環境経営、持続可能な社会システムの構築に関する研究
教授 小田 淳子(おだ じゅんこ) 環境化学、大気環境学、生活環境学、生活環境および大気環境中の有害化学物質に関する研究
教授 佐藤 圭創(さとう けいぞう) 呼吸器病学、感染症学、ウィルス・細菌感染症の生体防御機構
教授 末吉 秀二(すえよし しゅうじ) 人口学、国際保健学、人類生態学、フィールドワークを基にアラブ社会における出生力低下のメカニズムを明らかにする
教授 鈴木 剛史(すずき たかし) 国際関係学(東南アジア、難民問題等)、国際協力における組織マネジメント、チームワーク&リーダーシップ理論
兼担教授 橋本 由紀子(はしもと ゆきこ) 社会開発、人間開発、途上国のNGOと住民参加、ソーシャルワークビジネス、インドのソーシャルワーク、インドの企業の社会貢献(CSR)研究、エンパワメント
兼担准教授 濱島 敦博(はましま あつひろ) 農業経済学、開発経済学、アジア経済論、農産物市場の取引制度に関する研究、アジア地域の経済発展と市場制度の形成に関する研究
兼担准教授 山本 敦之(やまもと あつゆき) 数学史、科学思想史
客員教授 坂山 英治(さかやま えいじ) 開発教育、小学校における国際理解教育・地域市民教育及びESDの実践
非常勤講師 秋葉 敏夫(あきば としお) 血液由来感染症、途上国の保健医療分野における人材養成
非常勤講師 小谷 真吾(おだに しんご) 生態人類学・環境利用システムと人口動態の関係に関する民族誌的研究
非常勤講師 長谷川 光子(はせがわ みつこ) 寄生虫学・日本における土壌伝播蠕虫感染動向調査
非常勤講師 本郷 司(ほんごう つかさ) 工業技術教育と人材育成、開発途上国・地域での復興事業、紛争地域での人道援助およびBasic Human Needs資源確保と物流
非常勤講師 室岡 直道(むろおか なおみち) 都市地域計画、運輸交通、復興支援

 

カリキュラム・担当教員


授業科目名 授業
形態
配当
年次
単位数 必修
選択
職名 担当者氏名
共通必修 国際協力総論 TS 教授
教授
教授
教授
教授
兼担准教授
非常勤講師非常勤講師
井勝 久喜
佐藤 圭創
末吉 秀二
鈴木 剛史
畝 伊智朗
濱島 敦博
長谷川 光子
室岡 直道
共通選択 国際協力シミュレーション TS 1・2 教授
非常勤講師
畝 伊智朗
室岡 直道
国際緊急援助論 T 1・2 教授 鈴木 剛史
国際人道支援特論 T 1・2 非常勤講師 本郷 司
国際協力特論 T 1・2 兼担教授 橋本 由紀子
国際保健学特論 T 1・2 非常勤講師 秋葉 敏夫
感染症特論 T 1・2 教授 佐藤 圭創
地球環境科学特論 T 1・2 教授
教授
井勝 久喜
小田 淳子
環境管理学特論 T 1・2 教授 井勝 久喜
循環型社会学特論 T 1・2 教授 小田 淳子
開発経済学特論 T 1・2 兼担准教授 濱島 敦博
開発教育学特論 T 1・2 客員教授 坂山 英治
人口学特論 T 1・2 教授 末吉 秀二
国際文化特論 T 1・2 非常勤講師 小谷 真吾
地域調査法特論Ⅰ TS 1・2 教授
兼担准教授
末吉 秀二
山本 敦之
地域調査法特論Ⅱ TS 1・2 教授 末吉 秀二
地域研究特論Ⅰ S 1・2 教授 鈴木 剛史
地域研究特論Ⅱ S 1・2 教授
非常勤講師
畝 伊智朗
室岡 直道
総合科目 特別研究 TS 1~2 教授
教授
教授
教授
教授
教授
井勝 久喜※
小田 淳子※
佐藤 圭創※
末吉 秀二※
畝 伊智朗※
鈴木 剛史

T=印刷授業科目 S=面接授業科目 TS=印刷授業と面接授業の複合科目
◎=必修授業科目  ○=選択授業科目 ※=論文指導教員

修了要件

共通必修科目1科目4単位,共通選択科目5科目20単位以上,総合科目1科目6単位,合計30単位以上を修得し,かつ必要な研究指導を受けた上で,当該大学院の行う修士論文の審査に合格すること。

 

行事予定表

日 付 行 事
1年次生 2年次生
3月26日(日) オリエンテーション・履修指導
3月31日(木) 履修登録受付締切
4月3日(月) 入学式
4月3日(月) 履修登録受付締切
5月20日(土)~21日(日) スクーリング「国際協力シミュレーション」(会場:東京・岡山)
6月30日(金) 第1回課題レポート受付締切(当日必着)
7月2日(日) スクーリング「地域研究特論Ⅰ」「地域研究特論Ⅱ」(会場:東京・岡山)
7月18日(火) 修士論文計画書受付締切
7月22日(土)~23日(日) スクーリング「地域調査法特論Ⅰ」(会場:南あわじ志知キャンパス)
9月1日(金)~3日(日) スクーリング「国際協力総論」「特別研究」(会場:東京)
研究計画第1次発表(3日) 修士論文中間発表会(3日)
9月16日(土)~18日(月) スクーリング予備日
9月30日(土) 第2回課題レポート受付締切(当日必着)
10月31日(火) 修士論文仮提出
11月11日(土)~12日(日) スクーリング「地域調査法特論Ⅱ」(会場:南あわじ志知キャンパス)
12月10日(日) 第3回課題レポート受付締切(当日必着)
1月9日(火) 修士論文提出締切(当日消印有効)
2月2日(金)~4日(日) スクーリング「地域研究特論Ⅰ」「地域研究特論Ⅱ」「特別研究」(会場:東京)
科目修了試験(2日)
研究計画第2次発表(3日)
科目修了試験(2日)
修士論文発表及び口頭試問(4日)
3月22日(木) 学位記授与式

※締切日についてはすべて教務部通信教育事務課必着
※スクーリング予備日は,警報等により開講できなかった場合に振り替えでスクーリングを実施する日

 

スクーリング日程・会場

授業科目名 必修選択 会場
5月20日(土)
5月21日(日)
国際協力シミュレーション※1 選択 東京:キャンパス・イノベーションセンター
岡山:吉備国際大学 岡山駅前キャンパス
7月2日(日) 地域研究特論Ⅰ※1 選択 東京:キャンパス・イノベーションセンター
岡山:吉備国際大学 岡山駅前キャンパス
地域研究特論Ⅱ※1 選択
7月22日(土)
7月23日(日)
地域調査法特論Ⅰ 選択 吉備国際大学 南あわじ志知キャンパス
9月1日(金)
9月2日(土)
9月3日(日)
国際協力総論 必修 東京:キャンパス・イノベーションセンター
特別研究 必修
9月16日(土)
9月17日(日)
9月18日(月)
スクーリング予備日※2
11月11日(土)
11月12日(日)
地域調査法特論Ⅱ 選択 吉備国際大学 南あわじ志知キャンパス
2月2日(金)
2月3日(土)
2月4日(日)
特別研究 必修 東京:キャンパス・イノベーションセンター
地域研究特論Ⅰ 選択
地域研究特論Ⅱ 選択
科目修了試験

※1 TV会議システム(双方向)により配信
※2 警報等により開講できなかった場合に振替えでスクーリングを実施する日

 

入試案内

 

出願に際して

出願前に研究指導を志願する教員と連絡を取り、研究内容について相談してください。
志望する教員が不明の場合も事前にご連絡ください。
また、出願資格に疑義のある方も早めにご相談ください。

連絡先 吉備国際大学 入試広報室

〒700-0022 岡山県岡山市北区岩田町2-5
TEL 086-231-3600  
E-mail:koho@kiui.ac.jp

 

WEB入学相談

WEB入学相談では、受験資格、研究テーマ・指導教員、学修のすすめ方、スクーリングなど、通信教育を始めるにあたってのご質問に本研究科の教員が直接お答えいたします。

※相談内容とそれに関わるすべての情報については守秘いたします。安心してご相談ください。

 

学生募集要項