吉備国際大学
  1. Home
  2. 大学概要
  3. 数理・データサイエンス・AI教育プログラム

大学概要

数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)

1.概要

 近年、データサイエンスは、様々な分野の発展に大きく寄与するものとして期待が高まっています。社会環境は急激に変化(VUCAの時代)し、変化に対応するために「今見えているデータ」を未来で活用する必要性が出てきました。さらに、データ活用のデジタル技術としてのBig data、IoTおよびAI技術も急速に発展してきました。

 吉備国際大学では、数理・データサイエンス・AIの人間中心活用による課題解決の基礎を身に着ける​ことを目的として、令和4年度より、全学部(社会科学部・保健医療福祉学部・心理学部・アニメーション文化学部・農学部・外国部学部)を対象とした「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーモデル)」を実施しています。令和6年度に新設した人間科学部と、保健医療福祉学部から名称変更した看護学部も対象となっています。

 本プログラムは、文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」 に令和6年度申請予定です。

2.実施・運用体制

プログラムの運用 吉備国際大学 情報教育センター
プログラムの改善・改革 吉備国際大学 全学教養教育委員会 情報教育部会
プログラムの自己点検・自己評価 吉備国際大学 自己点検・自己評価委員会

3.プログラムを実施するための授業科目と修了要件

以下の2科目4単位を取得すること

 ● 数理・データサイエンス・AI基礎(2単位)

 ● 数理・データサイエンス・AI応用(2単位)

4.モデルカリキュラム(リテラシーレベル)との対応

 政府が策定した「AI戦略2019」を踏まえて、数理・データサイエンス・AI教育強化拠点コンソーシアムは、大学の数理・データサイエンス・AI教育の強化を実施しています。新たなデジタル時代(Society 5.0)のリテラシー「新しい読み書きそろばん」を修得するために、文理を問わず、あらゆる分野で活躍できるデータサイエンス教育の普及活動を実践しています。

 以上の背景から、本学では、デジタル人材の育成と情報メディア教育の基盤を形成するために、令和4年度から数理・データサイエンス・AI教育強化拠点コンソーシアムのモデルカリキュラムを構成する授業の内容・概要・基準(モデルカリキュラム「導入」・「基礎」・「心得」に対応)を基盤にデータサイエンス・AI教育を開講しました。

数理・データサイエンス・AI教育強化拠点コンソーシアム

5.モデルカリキュラムの内容・基準と本学の対応講義内容

6.リテラシーレベル申請授業科目の内容

数理・データサイエンス・AI基礎(対面型授業)
数理・データサイエンス・AI応用(オンライン授業)
対象学部:全学部

 本授業では、データサイエンス・AI教育強化拠点コンソーシアムのモデルカリキュラムを参考にリテラシーレベル取得のための本学オリジナルカリキュラムを構築し、様々な産業や社会の中で扱われる数理・データサイエンス・AIについて、学習できる環境を整えました。

 本学のデータサイエンス・AI教育は国の政策でもあるSociety 5.0の構築に対応した内容であるとともに、データサイエンティストはもちろんのこと、様々な分野で必要とされているデジタル人材の育成を目指すための「分かりやすさ」を重視した本学オリジナルの授業内容となっています。

7.担当教職員

情報教育センター分室長・外国語学部教授 佐藤 匡
情報教育センター分室員・社会科学部講師 竹岡 志朗
情報教育センター分室員・社会科学部教授 天岡 寛
情報教育センター分室員・農学部講師 林 将也
情報教育センター分室員・外国語学部教授 高木 秀明
情報教育センター分室員・アニメーション文化学部講師 今村 俊介
情報教育センター分室員・アニメーション文化学部准教授 大谷 卓史
教務部長 和気 信幸

8.数理・データサイエンス・AI授業後アンケート結果