教育情報の公表

ホーム>教育情報の公表>大学院の3つのポリシー


大学院の3つのポリシー

社会学研究科の3つのポリシー(学位授与方針、教育課程の編成・実施方針および学生の受入れ方針)について

社会学研究科 社会学専攻博士(前期)課程

学位授与方針(ディプロマポリシー)

グローバル化の進む中で,多様な民族と社会の交流,および地域社会と産業とが急激に変化する過程を比較社会学,地域社会学,産業社会学さらにスポーツ社会学の理論と調査方法に基づいて記述,分析し解釈する能力を修得した人。そして,それらの高度な知識と能力を中学校・高等学校の社会科教員として(専修免許状の取得),また大学等の高等教育機関における教員,留学生にあっては教員,研究員,国際交流員などの職務を遂行することが出来る人に修士(社会学)の学位を授与します。


教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

グローバル化に伴う様々な変化の過程を研究する上で必要な比較社会学群,地域社会論群,産業社会論群およびスポーツ社会論群を配置しています。加えるに,社会調査法および文献研究を共通選択科目として選ぶことが出来るよう開講します。これらの専門的で高度な研究により,大学院生がグローバル化,情報化,高齢化の進展により変化していく過程で生まれる多様な問題を指摘,分析,解釈出来るように指導します。


学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

比較社会学,地域社会学,産業社会学,スポーツ社会学および社会調査法を修得することにより,急激に変化する国際社会に起きている様々な問題を指摘し,調査,分析する社会学的な専門知識と技術を身につけ,この分野の研究者または教育者を志している人です。また,社会科教員一種免許状の取得者が、より高度の専門知識と能力を身に付け専修免許状を取得し,これを教壇で活かしたいと考えている人も求めています。


社会学研究科 社会学専攻博士(後期)課程

学位授与方針(ディプロマポリシー)

比較社会学の理論と方法に基づいて地域社会および産業社会を対象に,自立して調査研究を行うことの出来る人。また,高度な専門的業務に必要な技術と研究能力を取得し,高等教育機関の教育者,または研究機関の研究者として業務を遂行出来る能力を取得した人に博士(社会学)の学位を授与します。


教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

グローバル化に伴って起きている急速な変化を研究する上で必要な比較社会論,地域社会論,および産業社会論を配置しています。主な研究領域は,社会・文化,地域社会,および産業における制度と行動の変容過程です。本課程のカリキュラムは,社会学研究指導を中心としますが,社会学と密接に関連する他の人文・社会科学を包摂して指導します。


学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

グローバル化の進む現代の国際社会で,社会学の理論と調査方法に基づいて民族と社会および地域と産業に起きる様々な問題を分析し,場合により対応策を検討,提示出来得る研究者を志す人です。


保健科学研究科の3つのポリシー(学位授与方針、教育課程の編成・実施方針および学生の受入れ方針)について

保健科学研究科 保健科学専攻博士(前期)課程

学位授与方針(ディプロマポリシー)

保健科学に関わる体系的な知識を修得するとともに,保健科学を推進するために必要な研究法を体得し,国内外で活躍できる指導的職業人として,教育や実務を遂行することができる能力を修得した人に修士(保健学)の学位を授与します。また,看護学を専攻し、教員の免許状取得のための科目を修得した人に高等学校(看護)専修免許,養護教諭専修免許を授与します。


教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

保健科学分野における学際的知識,研究方法論,看護学・理学療法学・作業療法学等の最新知見を陶冶し,本分野の研究課題を明確にします。また,演習を通じてその研究課題を解決するためのストラテジーを学習できるようにします。そして,特別研究を開講して,実証的な姿勢に基づくデータの解析法や実験の進め方についての統合的なトレーニングを,大学院生個々に行います。


学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

保健科学(看護学・理学療法学・作業療法学など)に関わる体系的な知識と保健科学研究法を修得し,保健科学的課題の解決のための資質を養い,国内外で活躍できる研究者・教育者・指導的職業人を志している人です.また,高等学校教諭一種免許(看護)や養護教諭一種免許状の取得者が,より高度の専門知識と能力を身に付け専修免許状を取得し,これを教育活動で活かしたいと考えている人も求めています。


保健科学研究科 博士(後期)課程 保健科学専攻

学位授与方針(ディプロマポリシー)

保健科学に関わる知識や,対象となる人々の問題を具体的に解決していくために必要な能力とその基盤となる学識を身につけ,保健科学を推進するために必要な研究法を総合的に体得し,研究者,教育者として自立して活動する能力を修得した人に博士(保健学)の学位を授与します。


教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

研究成果に基づいた質の高い保健医療を提案する能力を身につけるために,高度な保健科学領域(基礎・臨床・地域・看護)に関わる体系的知識を修得させるための科目を開講します。さらに,特殊研究を開講して,実証的な姿勢に基づくデータの解析法や実験の進め方についての統合的なトレーニングを行い,保健医療分野の専門職業人の教育を行うための研究者,教育者の育成を目指します。


学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

保健科学(看護学・理学療法学・作業療法学など)に関わる知識と研究法を総合的に修得し,更なる向上心を持って国内外で自立して活躍できる研究者・教育者を志している人です。


社会福祉学研究科の3つのポリシー(学位授与方針、教育課程の編成・実施方針および学生の受入れ方針)について

社会福祉学研究科 社会福祉学専攻 修士課程

学位授与方針(ディプロマポリシー)

社会福祉学の最新の研究知見に習熟し,多様化・複雑化する生活問題やケアの課題を的確に精査するための分析力と高度な専門性,問題解決や状況改善に向けての提言力と実践力を修得した人に対して修士(社会福祉学)の学位を授与します。


教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

本研究科のカリキュラムは,理論と実践のバランスを重視し4つの領域から成ります。(1)理論領域は,社会福祉の理論,ソーシャルワーク理論,社会福祉政策論という三つのコア科目で構成されています。(2)実践領域は, 子ども,家族, 高齢者,障がい,コミュニティ, 援助技術などの科目群です。(3)関連領域は, 現代世界における福祉の諸問題についての理解を深めるために, グローバル福祉, 市民参画, 福祉倫理などの科目から成ります。(4)研究領域では研究法と論文指導を重点的に教授します。また, 近接領域からの入学者のために,所定の学部科目の履修により,社会福祉学の基礎の学修を確実にするための配慮もしています。


学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

福祉・保健・看護・教育など各自の専門分野の境界を越えて,人が人らしく暮らせるための支援の仕組みやケアと自立のありかたについて,社会福祉学の専門的な知見を探求し,高度な実践力を修得しようとする人です。


心理学研究科の3つのポリシー(学位授与方針、教育課程の編成・実施方針および学生の受入れ方針)について

心理学研究科 心理学専攻博士(前期)課程

学位授与方針(ディプロマポリシー)

以下のような能力を身に着けた人に学位を授与します。
(1)心理過程を客観的に捉えるための方法(観察・実験・調査等)に基づいて、当該分野で新たな所見と解釈を論理的な文章で表現できた人。
(2)知覚・記憶・学習・認知など人の日常生活における身近な心理機能と関連する応用分野で研究成果をまとめ、その知見の価値を今まで以上に高めた人。
(3)心理学的な方法(観察・実験・調査・検査等)に新たな工夫や改善をもたらし、心理学的な研究の発展に新たな視点を導入した人。


教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

本専攻では、特定の条件下における意識や行動の客観的な記述・測定をして得たデータを、先行関連研究と比較・討論していく過程で、それらを総合的に吟味した結果として生み出される心理学的な法則性の発見・検証・理論化を推し進めていく方法論が修得可能です。カリキュラムは、[必修科目]及び[選択必修科目]から成っています。[必修科目]は、研究実施に不可欠の「心理学研究法」、心理学固有の典型的なデータ収集法である「実験心理学実習」、及び院生各自の研究テーマを指導教授との議論を通して修士論文として完成させるための「特別研究」とで構成され、[選択必修科目]は、高次脳機能や精神医学、心理学全般の科目も含めて、人間の心理現象やその機序理解に繋がる多彩な科目を配備しています。


学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

日常生活では、周囲の人や物の様子に気づいたり感じたり、過去を思い出したり新たなことを学んだり、自他の違いが分かったり、文章の意味や他者の意図が判ったり、新たな方法を覚えたり、様々な経験をします。しかし、そのような出来事が何故、起きるのでしょうか。この様な認識(意識や行動)がどうして生まれてくるのでしょうか。すなわち、ヒトの知覚・記憶・学習・認知などの仕組みに普段から興味を抱く人、何らかの法則性があるかもしれないと思う人、そして心やその一部を客観的に捉えてみたいと考える人を歓迎します。心理学固有の実験、調査、観察、検査などの研究法を身につけ、より深い人間理解の行える研究者や、当該分野の専門的な職業人として活躍しようという人も求めています。


心理学研究科 臨床心理学専攻 修士課程

学位授与方針(ディプロマポリシー)

以下のような能力を身に着けた人に学位を授与します。
(1)心理検査・心理査定・カウンセリング・心理療法・臨床心理学的介入といった臨床心理学的実践が、高度な水準で実施可能な人。
(2)日常的な人の営みの中の不適応に興味をもつとともに,それらを改善するために、他者への配慮と自己の謙虚さを活かして、修士課程内で実践してきた臨床活動が研究科や社会で評価された人。
(3)2年間にわたる講義・実習・研究活動を融合して、臨床心理学領域において新奇性の認められる研究成果をあげた人。


教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

本専攻では,必修科目と選択必修科目を設け、心理学の幅広い知識とそれに基づく臨床心理学的な実践力を発揮できるカリキュラムを整えています。そのうち、必修科目は、臨床心理学専攻科目(臨床心理学特論・面接・査定・基礎実習・実習・実践実習)と、修士論文作成指導科目としての特別研究から構成され、選択必修科目は、心理学全般及び臨床心理学関連領域の5群(A~E)を配備しています。これらのカリキュラム構成は、国家資格である公認心理師や、臨床心理学分野の専門職としての臨床心理士(本学は一種認定校)となるための受験資格を得る上で、網羅的かつ適切なカリキュラム構成になっています。


学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

心理学関連学部・学科で修得した心理学的知識・技能に基づいて、さらに高度な臨床心理学的実践力を身につけて公認心理師資格・臨床心理士資格を得ようとする人に門戸が開かれています。また、学部までの専門が心理学でない人でも、心理検査・臨床心理アセスメント、カウンセリング、心理療法、その他の臨床心理学的介入など、臨床心理学の理論に基づく実践力を新たに養い、教育、医療、福祉、司法・矯正、産業の諸分野において不適応な状態にある人々を支援、是正、改善する臨床心理士になろうと意欲を持つ人を受け入れます。さらに、臨床心理学の方法論、理論に興味のある方も歓迎します。



心理学研究科 心理学専攻博士(後期)課程

学位授与方針(ディプロマポリシー)

以下のような能力を身に着けた人に学位を授与します。
(1)実験・観察・調査等で得られたデータを科学的・客観的に分析し、専門的立場から考察・説明・解釈する能力がある人。
(2)心理学や、その応用分野において、専門的知識を修得するとともに、研究者として社会に貢献できる資質をもつと認められた人。
(3)博士課程において、今までに蓄積してきた専門的データを論理的に成文化し、心理学界の発展に寄与する成果を産出した人。


教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

本課程におけるカリキュラムの中心は、3年間継続して行われる「心理学研究指導」です。博士論文の作成とそれに関連した高度な専門的能力をさらに錬磨する目的から開講されています。関連研究の概観、方法論の検討、データの解析、先行研究との比較・討論など、博論の構成に沿った論考を重ねます。このほか、「心理学基礎領域」と「心理学応用領域」の2領域から各1科目の計2科目以上を修得することによって、心理学全般の視野を養い、広範な方法論を検討できることがカリキュラムの特徴の1つです。
所定の単位を取得し、学位請求論文を提出し,その審査に合格した者に対して、博士(心理学)の学位を授与します。


学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

大学院修士課程修了時点で、特定の心理学の対象について既に新奇性のある所見を見出している人、あるいは既に修得している心理学の方法論を基礎に一層高度で専門的な研究を新たに行いたい人、さらには臨床心理学分野をはじめ、認知、教育、司法・犯罪・矯正、社会・産業・組織、芸術などの諸職域で得ている大量データを論理的に構成し、その専門性と新奇性の水準を博士論文のそれにまで高めようという目的をもつ、主体的で知性溢れる人を求めています。


地域創成農学研究科の3つのポリシー(学位授与方針、教育課程の編成・実施方針および学生の受入れ方針)について

地域創成農学研究科 地域創成農学専攻 修士課程

学位授与方針(ディプロマポリシー)

以下のような能力を身につけた人に修士(農学)の学位を授与します。
(1)栽培・育種学、植物保護学、食品機能開発化学、農業経済学の4カテゴリーすべてにわたって広く知識を身につけていること。
(2)栽培・育種学、植物保護学、食品機能開発化学、農業経済学の4カテゴリーのうち、1つのカテゴリーに関しては高度な専門知識の他、高度な専門技術と研究遂行能力を身につけていること。
(3)国際的に通用する基本的な英語力を身につけていること。
(4)研究科が編成している栽培・育種学、植物保護学、食品機能開発化学、農業経済学の4カテゴリーにおける特論、演習、専攻実験、研究演習、修士論文研究を通じて、地域創成や国際貢献に求められる様々な課題解決に取り組む力、企画力、思考力、判断力、及び、実践力と行動力をみにつけていること。


教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

本課程が編成した科目により、栽培・育種学、植物保護学、食品機能開発化学、農業経済学の4カテゴリーに関する専門知識を広く学ぶとともに、学生は、選択した専門学術分野に所属し、栽培・育種学分野、植物保護分野及び食品機能開発化学分野では、講義、演習、専攻実験を通じて当該分野の高度な専門知識と技術を習得し、農業経済学分野では、専攻実験を置かず、講義と2つの演習を通じて高度な専門知識を習得します。また、学生は所属した分野の教員との活発な話し合いのもと、修士論文研究に取り組み、論文を作成します。これにより、論理的思考法、実験技術、知識、科学倫理などを学ぶとともに、研究者としての素質を身につけることができます。さらに、農と食に関して国際社会で活躍できる人材養成を視野に入れ、アグリビジネス英語を置いています。


学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

栽培・育種学、植物保護学、食品機能開発化学、農業経済学通の4カテゴリーを学ぶ基礎学力を有し、かつ幅広い視野と高い視野と高い倫理性を身につけたうえで、4つのカテゴリーの1つに関する研究を通じて農と食の持続的発展と地域社会の発展に貢献しようとする意欲を持つ人、地域社会における問題点を浮き彫りにし、その問題解決のための課題に果敢に挑戦する意欲のある人、国際社会における農と食の問題解決に必要なコミュニケーション能力を身につける意欲のある人を求めています。


通信制 社会福祉学研究科の3つのポリシー(学位授与方針、教育課程の編成・実施方針および学生の受入れ方針)について

通信制 社会福祉学研究科 社会福祉学専攻 修士課程

学位授与方針(ディプロマポリシー)

社会福祉学の最新の研究知見に習熟し,多様化する生活問題やケアの課題を的確に精査するための分析力と高度な専門性,問題解決や状況改善に向けての提言力と実践力を修得した人に対して修士(社会福祉学)の学位を授与します。


教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

本研究科のカリキュラムは,理論と実践のバランスを重視しています。理論編は,社会福祉原論,ソーシャルワーク理論および社会福祉政策論から成り,実践編は各種の専門領域(子ども,高齢者,障がい児者,コミュニティ福祉など)をカバーします。オリエンテーションでの導入レクチャーやスクーリングでの研究法サポートレクチャーによって,社会福祉以外の近接領域からの入学者も社会福祉の基礎を確実に修得できるよう配慮しています。


学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

福祉・保健・看護・教育など各自の専門分野の境界を越えて,人が人らしく暮らせるための支援やケアのありかたについて,社会福祉学の視座からさらなる理解を深め,高度な実践力を修得しようとする人です。


通信制 連合国際協力研究科の3つのポリシー(学位授与方針、教育課程の編成・実施方針および学生の受入れ方針)について

通信制 連合国際協力研究科 国際協力専攻 修士課程

学位授与方針(ディプロマポリシー)

国際協力の分野において必要とされる開発理論や戦略,専門的基礎知識を修得するとともに,国際協力の専門家として,それら修得した知識を実践の場で対応できる能力を備えた人に修士(国際協力)の学位を授与します。


教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

国際協力に求められる幅広い知識を養うため,カリキュラムには学際的な専門基礎に係る科目,および国際協力の理論・戦略に係る科目等を配置し,さらに実証的な研究能力を培うため,個々の専門性や経験,問題意識をもとに設定した課題について懇切丁寧な指導を行います。また,地域研究を目的に,国内および国外において実施するインターシップを用意しています。


学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

自らの専門性をもとに,グローバル社会が直面している多様な課題を解決するための国際協力分野の専門家を志す人です。


通信制 保健科学研究科の3つのポリシー(学位授与方針、教育課程の編成・実施方針および学生の受入れ方針)について

通信制 保健科学研究科 理学療法学専攻 修士課程

学位授与方針(ディプロマポリシー)

問題解決能力の基礎となる医学的・リハビリテーション科学的知識や,対象となる人々の問題を具体的に解決していくための運動機能障害や生活機能障害に関する知識を体系的に修得した上で,理学療法学に関する高度な臨床研究能力を備えた人に修士(理学療法学)の学位を授与します。


教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

臨床現場で抱える問題や疑問を研究に結びつける論理的思考能力や表現技術を修得させるため,必須科目として研究方法論に関する科目と,研究実施に関する特別研究を開講します。また選択科目として,高度な医学的・リハビリテーション科学的知識や,理学療法学に関する体系的知識を修得させるための科目を開講します。さらにIT技術を利用した遠隔教育で仕事と研究を両立する理学療法士を支援します。


学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

理学療法士として臨床活動や養成現場における資質と指導的役割のさらなる向上を目指し,「臨床における疑問を研究で解く」という理念に共感した上で,高度な医学的・リハビリテーション科学的知識を身につけ,理学療法の対象となる人々の運転機能や生活機能を維持・改善し,障害を予防することのできる高度な専門的職業人を志している人です。


通信制 保健科学研究科 作業療法学専攻 修士課程

学位授与方針(ディプロマポリシー)

問題解決能力の基礎となる医学的・リハビリテーション科学的知識,そして対象となる人々の健康上の問題を具体的に解決するための作業機能障害や心身機能障害に関する知識を体系的に修得した上で,作業療法学・作業科学に関する高度な研究能力を備えた人に修士(作業療法学)の学位を授与します。


教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

実践場面で抱える問題や疑問を研究に結びつける理論的思考能力や表現技術を修得させるため,必修科目として研究法に関する科目と研究実施に関する特別研究を開講します。また,選択科目として高度な医学的・リハビリテーション科学的知識や作業療法学・作業科学に関する体系的知識を修得させるための科目を開講します。さらに,IT技術を利用した遠隔教育で仕事と研究の両立を目指す作業療法士を支援します。


学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

作業療法士として臨床活動や養成教育における資質と指導的役割のさらなる向上を目指し,「実践における疑問を研究で解く」という理念に共感した上で,作業療法学・作業科学に関する高度な技術を身につけ,対象となる人々の作業機能障害や心身機能障害を改善し,健康的な生活の構築に寄与できる高度な専門的職業人を志している人です。


通信制 知的財産学研究科の3つのポリシー(学位授与方針、教育課程の編成・実施方針および学生の受入れ方針)について

通信制 知的財産学研究科 知的財産学専攻 修士課程

学位授与方針(ディプロマポリシー)

知的財産分野における研究能力および知識と高度な専門性を必要とする職業を担うための能力および知識を身につけた人に修士(知的財産学)の学位を授与します。


教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

国内又は国外において,知的財産の保護・活用等を実践するために必用とされる法的知識や応用的知識を学ぶための知的財産関連科目や弁理士を目指すための弁理士試験対応科目等(弁理士法施行規則第5条に定める科目)により構成しています。


学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

企業の知的財産部門や特許事務所に勤務している人や弁理士を目指す人は言うに及ばす,あらゆる分野において知的財産に強い興味を持ち,かつ知的財産学を学問的・体系的に修学を希望する人であって,知的財産学を通じて社会に貢献し得る人です。



通信制 心理学研究科の3つのポリシー(学位授与方針、教育課程の編成・実施方針および学生の受入れ方針)について

通信制 心理学研究科 博士(後期)課程 心理学専攻

学位授与方針(ディプロマポリシー)

以下のような能力を身に着けた人に学位を授与します。
(1)調査あるいは実験等で得られたデータを科学的・客観的に分析し、考察する能力がある人。
(2)心理学,臨床心理学に関して専門的知識を修得するとともに,研究者として社会に貢献できる資質をもつ人。
(3)課程において今まで蓄積したデータを博士論文に収束させる技術・能力がある人。


教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

カリキュラムの中心は指導教員との議論を通した博士論文作成のための「心理学研究指導」ですが,他に,高次脳機能・認知生理心理学・認知行動心理学・生涯発達適応心理学などの基礎領域とともに臨床行動心理学・心理療法学・精神医学などの応用領域科目を開講しています。


学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

すでに修得している心理学の方法論を基礎に高度に専門的な研究を行いたい,あるいは心理学諸分野における活動で得たデータを学位論文にまとめたい,と考えている人を歓迎します。求める人材像は,様々な心理学分野に関して専門的知識を修得しているとともに,今まで蓄積したデータで博士論文を作成しようという強い動機をもつ人です。


ページの先頭へ